ピクシブ百科事典

ゴジラシリーズ

ごじらしりーず

東宝製作の特撮怪獣映画『ゴジラ』のシリーズ。
目次[非表示]

概要

1954年(昭和29年)公開の映画ゴジラ』に始まる怪獣ゴジラの登場するシリーズ作品。現在までに30作品(うち2作はハリウッド製作)が制作・公開されている。

2014年5月16日には、「もっとも長く継続しているフランチャイズ映画」としてギネス認定もされている。

歴史

昭和ゴジラシリーズ

ゴジラ』(公開日:1954年11月3日)-『メカゴジラの逆襲』(公開日:1975年3月15日)
昭和ゴジラは1作目では「災害」や「核の申し子」として描写され、人類との相互理解が一切不可能な恐怖の存在とされた。
しかし、2作目の『ゴジラの逆襲』からライバル怪獣との対戦要素が取り入れられるようになる。この流れを決定付けたのは1962年の3作目にしてシリーズ唯一のコラボ作品、初のカラー作品などのエポックをもつキングコング対ゴジラから。
そして4作目『モスラ対ゴジラ』で歴代東宝怪獣との戦いが始まる。これに伴いシリーズも大衆映画としての側面が強くなっていく。同時に『三大怪獣 地球最大の決戦』以降徐々に、ゴジラも「人類の敵」から、ウルトラマン仮面ライダーのような「子供たちのヒーロー」という描写に変わっていった。

平成ゴジラシリーズ

ゴジラ(1984)』(公開日:1984年12月15日)-『ゴジラVSデストロイア』(公開日:1995年12月9日)
1984年に初代以外の設定を全てリセットし、リメイクした3代目『ゴジラ』が登場。
その後、5年の空白期間を経て平成元年に『ゴジラVSビオランテ』が公開、好評を得たためシリーズ化された。この為初登場は昭和だが、先代と区別するため「平成シリーズ」と呼ばれる(タイトルが『ゴジラVS○○』で固定されているため、「VSシリーズ」とも呼ばれる。なお、平成版のモスラとの対決作品は『ゴジラVSモスラ』である)。
このシリーズではゴジラは再び"人類の敵"として描かれ、ゲスト怪獣のほとんどはそのゴジラの敵として登場する。ゲスト怪獣も人類の敵であった場合、ゴジラと共闘することになることもあり、その場合「結果的にゴジラに救われた」という終わり方がお決まりである(『VSスペースゴジラ』がその好例)。
平成シリーズの特徴として一連の共通した世界観を持ち、84年版『ゴジラ』をのぞく全ての作品に同じヒロインの三枝未希が登場するという点が挙げられる。

21世紀ゴジラシリーズ

ゴジラ2000 ミレニアム』(公開日:1999年12月11日)-『ゴジラ FINAL WARS』(公開日:2004年12月4日)
21世紀に入り再び始動したゴジラシリーズ。「ミレニアムシリーズ」とも呼ばれる。

昭和シリーズや平成シリーズとは異なり、作品の1つ1つがつながっておらず、『ゴジラ×メカゴジラ』、『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』以外は完全な一本完結型となっている。
興行収入は思うように伸びず、始動からわずか5年で打ち切られてしまった。

その後のゴジラシリーズ

『ゴジラ FINAL WARS』で終了したかと思われたゴジラシリーズだが、完全に製作を終了したわけではなく、あくまで休止という意味合いであるとされている。
一時期、先端映像研究所による3D映画の企画が持ち上がったが、その後責任者である坂本義光氏がハリウッド版の3D映画のプロジェクトに加わり、企画もそちらへとシフトしていった模様(後にこの企画は2014年公開のハリウッド版へと繋がっていく)。

そしてついに……

2014年12月8日、東宝は同年に公開されたハリウッド版の大ヒットなどを受け、2016年に完全新作のゴジラ作品を製作・公開することを発表。
前作『ファイナルウォーズ』から実に12年振りとなる新作であり、庵野秀明樋口真嗣といった実力派クリエイターによって製作が進められ、2016年7月29日にその復活作となる『シン・ゴジラ』が公開された。
十数年ぶりの復活ということもあってか本作はたちまち大ヒットを飛ばし、この映画のシリーズの累計動員数が1億人を突破するという実写邦画初の快挙も達成、翌年の日本アカデミー賞では優秀作品賞をはじめとする各賞をほぼ総舐めにするという圧勝ぶりを示した。

更に2016年8月19日、今度はアニメ映画として製作されることが発表された。
監督は静野孔文および瀬下寛之、脚本は希代のヒットメーカー虚淵玄が担当。アニメーション制作はポリゴン・ピクチュアズが行う。2017年公開を予定。

ハリウッド版

ゴジラは日本国外(特にアメリカ)でも非常に高い人気を誇っており、ハリウッドでも『GODZILLA』と題された作品がいくつか製作されている。詳細はGODZILLAを参照。

また、ギャレス版ゴジラと同じくレジェンダリー・ピクチャーズが制作しているパシフィック・リム』の3作目にゴジラをゲスト参戦させる案も持ち上がっているらしい

なお、海外の著名人でもゴジラのファンであることを公言している者は多く、スティーブン・スピルバーグギャレス・エドワーズギレルモ・デル・トロなど、映画監督の中にもゴジラシリーズから多大な影響を受けたという者は多い。

映画だけでなく、アメリカのサブカルチャーにも大なり小なり影響を与えており、MARVELコミックでは、あのアベンジャーズと対決するというエピソードが連載されたことがあるほか(→レッドローニンも参照)、1978年には、ハンナ・バーベラ社によりオリジナルのアニメ作品が制作されたこともある。

シリーズ一覧

公開年作品No.タイトルタグ
19541『ゴジラ』初代ゴジラ
19552『ゴジラの逆襲』ゴジラの逆襲
19623『キングコング対ゴジラ』キングコング対ゴジラ
19644『モスラ対ゴジラ』モスラ対ゴジラ
19645『三大怪獣 地球最大の決戦』三大怪獣地球最大の決戦
19656『怪獣大戦争』怪獣大戦争
19667『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』南海の大決闘
19678『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』ゴジラの息子
19689『怪獣総進撃』怪獣総進撃
196910『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』オール怪獣大進撃
197111『ゴジラ対ヘドラ』ゴジラ対ヘドラ
197212『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』ゴジラ対ガイガン
197313『ゴジラ対メガロ』ゴジラ対メガロ
197414『ゴジラ対メカゴジラ』ゴジラ対メカゴジラ
197515『メカゴジラの逆襲』メカゴジラの逆襲
198416『ゴジラ』84ゴジラ
198917『ゴジラVSビオランテ』ゴジラVSビオランテ
199118『ゴジラVSキングギドラ』ゴジラVSキングギドラ
199219『ゴジラVSモスラ』ゴジラVSモスラ
199320『ゴジラVSメカゴジラ』ゴジラVSメカゴジラ
199421『ゴジラVSスペースゴジラ』ゴジラVSスペースゴジラ
199522『ゴジラVSデストロイア』ゴジラVSデストロイア
199923『ゴジラ2000 ミレニアム』ゴジラ2000ミレニアム
200024『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』ゴジラ×メガギラスG消滅作戦
200125『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』GMK
200226『ゴジラ×メカゴジラ』ゴジラ×メカゴジラ
200327『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』ゴジラ×モスラ×メカゴジラ東京SOS
200428『ゴジラ FINAL WARS』ファイナルウォーズ
201629『シン・ゴジラ』シン・ゴジラ
201730『GODZILLA -怪獣惑星-』GODZILLA怪獣惑星


ハリウッド版

公開年タイトルタグ
1998GODZILLAGODZILLA
1998『ゴジラ・ザ・シリーズ』ゴジラ・ザ・シリーズ


モンスターバースシリーズ

公開年タイトルタグ
2014『GODZILLA -ゴジラ-』GODZILLA / GODZILLA2014
2019『GODZILLA:King of Monsters』
2020『GODZILLA VS KONG』GODZILLAvsKONG


関連タグ

東宝 怪獣 映画 特撮 怪獣映画 東宝怪獣
本多猪四郎 円谷英二 伊福部昭 中島春雄 田中友幸
ゴジラ100users入り ゴジラ500users入り ゴジラ1000users入り

モンスターストライク / モンスト:3回コラボした事があるソーシャルゲーム

ゴジラ対ウルトラマン - ウルトラシリーズとのコラボ作品に付けられるタグ

外部

ゴジラ - Wikipedia
ゴジラシリーズとは (ゴジラシリーズとは) - ニコニコ大百科

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴジラシリーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58638

コメント