ピクシブ百科事典

ゴールデンボーイズ

かがやくぽけもんまんが

隠れた名作とされる、ポケモン漫画。
目次[非表示]

ゴールデンボーイズとは、斎藤むねおが描く、ポケモンメディアミックス作品の一つである。
月刊コロコロコミックで1999年11月号から2001年9月号まで、連載されていた。

正式名称は『ポケットモンスター金・銀 ゴールデン・ボーイズ』
タイトルロゴからは「・」が見づらい為、「・」が省略されることが多い。

解説

ワカバタウン出身のトレーナーゴールドが、かみつきを趣味に持つ相棒ワニノコと共に、ジムリーダーライバルロケット団と言った個性豊かな登場人物や、多くのポケモン達との出会いを経て、チャンピオンを目指すというストーリー漫画である。

特徴として、登場人物やポケモン達が時にかわいく、時にかっこよく、とにかく魅力的に描かれていることがあげられる。
また、登場人物の掘り下げも多く見られ、当時の読者から絶大な支持を誇っていた。

だけど…

突然の打ち切り

それは月刊コロコロコミック2001年9月号のことであった。
この物語は、タンバシティに封印されていた黒いバンギラスを再び封印し、突然終わってしまったのである。

正に突然であった。

人気がなかったわけでもなく、人気がなくなってしまったわけでもない。
(事実、打ち切られる5ヶ月前には巻頭カラーを貰っていた。)にも拘らず打ち切られたのである。

その原因は様々な憶測が流れているが、今もって不明のままである。
回収されなかった伏線も数多く存在するので、非常に残念な話である。

そして、当時の読者のからはこの物語の続編を望んでいる声が多く確認されている。

主要人物

ゴールド

ワカバタウン出身のハナタレ小僧…もとい、トレーナー。
ヒノアラシを選ぼうとして、ワニノコにかみつかれると言う、おマヌケな理由でワニノコが相棒となった。
どこまでも無鉄砲に立ち向かっていく性格であり、ポケモンの受けた痛みを理解しようとしたり、多くの機転を利かせて強敵を打ち破る活躍を見せる、熱血主人公である。

ゴールドがゲットしたポケモン達

ワニノコアリゲイツ

最初のポケモン。趣味はかみつき。

ポッポピジョン

きのみをあげたことにより仲間に。

ピカチュウ

キキョウシティ上空に突然現れたタイムホールから登場した。
伝説のポケモンの情報を握った、特殊なポケモンであるとされている。

エレキッド

ポケモンバスケ大会の優勝商品としてゲットしたポケモン。

ベイリーフ

元はウツギ博士から盗まれたチコリータで、ライバルであるブラックのポケモンであったが、見限られて捨てられてしまった。
しかしゴールドに励まされ、その心に感化し、晴れて仲間となった。

バルキー

育て屋さん主催の大会で敢闘賞(かんとうしょう)として、譲り受けたポケモン。

ウソッキー

例によって道をふさぐ邪魔な木として登場した所をゲットされた。アリゲイツとピジョンはこの戦いで進化した。

ピチュー

育て屋さんから譲り受けたタマゴから帰ったポケモン。ピカチュウと何か関係がありそうだが…。

ツクシ

『アルフのいせき』から『ヒワダタウン』にかけてゴールドと旅をした、ぼくっ子ジムリーダー。
普段はやさしい少年だが、ジムリーダーとして、戦いの厳しさを教える一面も見られた。

アカネ

『ウバメのもり』から『モーモーぼくじょう』にかけて登場した。かわいいポケモンに目がない。
最初はゴールドを小馬鹿にしている面もみられたが、次第に実力を認めていき、
最後は、ミルタンクの病気を直すため奮闘したゴールドにレギュラーバッジを渡した。
なお、この作品の実質的なヒロインは彼女であるとされている。

クリス(クリスタル)

アカネ離脱後にレギュラー入りを果たしたおてんばちゃん。
ヒノアラシトゲピーを所持している。
知的なところも見られ、謎の遺跡のアンノーン文字を読んだり、うずまきじまの謎のポケモンの正体を見破るなどの活躍を見せた。

ブラック

ブラック


ゴールドのライバルに当たる存在。。
ゴールドとは対照的に、ポケモンを平気で奪ったり、ポケモンを傷つけ捨てたりする非常に残酷な性格をしている。
ゴールドに対しては「ダメトレーナー」と呼ぶなど、見下している姿が見受けられた。
その姿は、アニポケシリーズにおける、シンジサトシによく似ている。
何やらロケット団とも因縁があるようであるが、詳しくは不明。

しかし最終回では、どこかでゴールドを認めていたのか、共闘する姿を見せてくれた。

関連タグ

ポケモン 金銀 クリスタル GSC
コロコロコミック 斎藤むねお 打ち切り

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴールデンボーイズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13296

コメント