ピクシブ百科事典

サイクロップス

さいくろっぷす

ギリシャ神話に登場する巨人。また『X-MEN』に登場するキャラクター。
目次[非表示]
  1. X-MEN』に登場するMARVEL COMICSアメコミ)のヒーロー
  2. ギリシャ神話に登場する一つ目の巨人クリーチャー)。→サイクロプス


MARVEL COMICSのサイクロップス

プロフィール

本名:スコット・サマーズ
種族・人種:ミュータント / アメリカ人

X-MENのリーダーで、「ファーストファイブ」の一人。非常に生真面目で責任感が強い反面、融通が利かない性格でもあり、ワイルドな性分のウルヴァリンとは反りが合わずよく衝突する。マデリーンとの結婚も、ジーン・グレイとの結婚も、死別という形で終っており、現在はエマ・フロストと熱愛中。少年時代にシーアー帝国の「アブダクション」によって家族と生き別れた経験がある。

恩師であるはずのプロフェッサーXとは、ある意味でウルヴァリン以上に深刻な軋轢を繰り返す事が多く、アポカリプスと合体してしまった件(合体は後に解かれたが、人格に悪影響が残っている)や弟のキッド・バルカンに関する記憶を消されていた件でその関係は更に悪化。助言をされても殆ど聞き入れなくなり、やがては彼の外出した隙を突いて、X-MENの実権そのものを奪い取るまでに至っている。

「M・デイ」以降は、ミュータント人口が数百万人から数百人にまで激減した事で、より暴走に拍車を掛けていく事になる。サンフランシスコ沖にあるかつてのマグニートーのアジトである「アステロイドM」を改造して、ミュータントのみで構成された独立国家「ユートピア」を建国。その指導者としてミュータントを導く事になるが、次第に危険思想とも言える発言が目立つようになる。
ミュータントの種を守る目的の為ならば、敵勢力を皆殺しにしたり仲間の損害までも厭わなくなる等、「恵まれし子らの学園」時代における思想を平然と無視する様になり、プロフェッサーXのみでなく、マグニートーですらも不安を募らせていった。そして、遂には10代の子供のミュータントまでも人間との戦いに狩り出そうとした結果、それまで我慢し続けていたウルヴァリンの激怒を招き、これまで以上に対立。X-MENを二分化させてしまう最悪の事態を招いてしまったが、サイクロップスは一向に考えを改めようとしなかった。

去って行ったウルヴァリンやプロフェッサーXが、新たに「ジーングレイ学園」を設立した後、サイクロップスはアクシデントによってエマ達と共にフェニックス・フォースの力を手に入れ、新たに「フェニックス・ファイブ」を名乗る事になる。しかし、その強大な力によって世界の問題を解決していく行いは、人によってはあまりにも独善極まりないものがあり、弊害すらも省みなかった結果、アベンジャーズとの対立を悪化させてしまう。最初はフェニックス・フォースの力を押さえ込んでいたが、他のミュータント達が次々とアベンジャーズ側についた苛立ちから、フェニックス・フォースの独占を望むようになり、恋仲にあるはずのエマからフェニックス・フォースを奪い取り、かつてのジーンと同じくフェニックスそのものと化してしまった末、プロフェッサーXを殺してしまうという最悪な暴挙を犯す。
しかし、過ぎた力を手にしたサイクロップスは、地球を半壊させてしまう更なる暴挙に出たが、その力をホープとスカーレットウィッチによって消滅させられ、逮捕される事になり、ルビークォーツ製の牢獄へ投獄となった。

しかし、未だにサイクロップスの心には「ミュータントの革命」という野心に近い理想が残っており、脱獄してマグニートー、エマ、マジックと共にウェポンXの研究所を隠れ家にし、新たに「新チャールズ・エグゼビア学園」を設立。フェニックス・フォースを巡る事件後に新たに発生したミュータント達をスカウトしている。

…誤解なきようフォローすると、ここまでしなければならない程に作品世界におけるミュータントの扱いが酷すぎるのがそもそもの原因ではある。
とは言え、犯罪者になった上に脱獄囚にまでなったという、堕ちる所まで堕ちてしまったサイクロップス。彼がこの先どういう展開を迎えるのか、気になる所である。

能力・技能

  • 両目から破壊光線オプティックブラストを発射する能力。ただし目を開けている限り放出され続けるので、特殊加工ルビーのバイザー・サングラスを常に着用する必要がある。放出され続けるのは、まだ能力が覚醒する以前の幼少時に遭った事故で脳の一部を損傷したため。
  • リーダー適正。彼の判断には常に迷いが無く、迅速に作戦指示が飛ばされる。その正確性は、アイアンマンはおろかキャプテンアメリカも迷うことなく従うほど。
  • 師匠や歴代の彼女がテレパス能力者だったためか、精神内にどれだけ強力なテレパス能力者でも絶対に見ることの出来ない領域・ブラックボックスを持つ(あるエピソードでこれの存在がエマにバレてしまい、その中身を見せるまでの一時期だけ仲がぎこちなくなった)。その閉鎖性は極めて強力で、強大邪悪な精神生命体をその中に誘い込み、幽閉に成功している。


関連人物

コルセア
 実父。本名はクリストファー・サマーズ。宇宙海賊スタージャマーズのボス。
ハボック(アレックス・サマーズ)
 実弟。X-ファクターのリーダー。よく洗脳される
バルカン(ガブリエル・サマーズ)
 最近とんでもない事実と共に存在が明らかになった末弟。詳しい経緯は邦訳版も出てる「デッドリー・ジェネシス」を参考にして下さい。
ジーン・グレイ
 死別した嫁。よくウルヴァリンとの三角関係が描かれた。
マデリーン・プライアー
 ジーンのクローン。ジーンが死んだと思われてた時期に結婚した。
ケーブル(ネイサン・サマーズ)
 マデリーンとの息子。ややこしい事情により自分より歳上。
フェニックスⅡ(レイチェル・サマーズ)
 平行世界の未来からやってきたジーンとの間に生まれた娘。


映画版

ジェームズ・マースデンが演じている。吹き替え声優は檀臣幸(ソフト版)・中原茂(テレビ朝日版)。
ちなみに原作ではウルヴァリンよりも身長が高いことになっているが、映画版ではウルヴァリン演じるヒュー・ジャックマンの方が高い為、台やシークレットブーツでなんとか凌いだ。

3作目では演じているマースデンが『スーパーマンリターンズ』の出演が決まったことのも相まって冒頭のみの出演となっており(復活したジーン・グレイに殺害されるという形であっけなく退場してしまった)非常に扱いが悪い。

『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』ではティム・ポーコックが担当。吹き替えは宮野真守

その後、『X-men:DoFP』のラストで、これまでの歴史がすべてリセットされたために、思いがけない形で復活を遂げることとなった。今後の作品で、彼が原作のように活躍してくれることを願おう。


そうして迎えた6作目の『X-MEN:アポカリプス』ではこれまでとはもっとも若いサイクロップスが登場。タイ・シェリダンが演じる。吹き替えは木村良平
この作品ではウルヴァリンが『ほとんど』絡んでこないのでメインキャラクターの一人として扱われる。普通の高校生活を送るも能力が原因で追い出され、アレックス/ハボック(こっちでは兄)の手引きでミュータントの学園・「エグゼビア・スクール」に送られる場面から物語は展開される。

関連タグ

アメコミ MARVEL Cyclops

目からビーム

pixivに投稿された作品 pixivで「サイクロップス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 602093

コメント