ピクシブ百科事典

サイヤ人

さいやじん

サイヤ人とは、漫画『ドラゴンボール』に登場する宇宙人。宇宙最強の戦闘民族。孫悟空やベジータが代表例。
目次[非表示]

概要

サイヤ人とは、惑星ベジータを母星とする宇宙人

容姿は地球人の黄色人種に似ている。
屈強な肉体と高い戦闘能力、好戦的で凶暴かつ残忍な性格を有し、宇宙最強の戦闘民族と呼ばれる。
凶暴性に関しては技術を手に入れる以前の野蛮人時代からの風習、事業の性質上そのような性格に仕上がってしまうだけで、地球到着時はまだ赤ん坊であるカカロット(孫悟空)は命令を覚えている間こそ凶暴だったが頭を負傷して忘れてからは純粋な善人に育ち、既に残忍な性格に育った王子ベジータも超えるべき目標や家庭を持ってからは性格が軟化したりと要は取り巻く環境次第である。
ただし好戦的な面に関してはそのカカロットからも見られる辺り先天的な性質のようである。
それでも例外は存在し、ギネターブルはそもそも戦闘そのものを好まない温厚な性格であり、このような場合は「非戦闘タイプ」と見なされる。

歴史

少数民族で流浪の民だったが、惑星プラント移住後は先住民のツフル人文化技術丸型宇宙船スカウターなど)を吸収し制圧、惑星名を惑星ベジータに改め、王政を敷く。ベジータ王フリーザと手を組み、数々の惑星を侵略・制圧しそれを異星人に売るといった、地上げ屋のような仕事を行うようになる。

それから数年後、(原因は諸説あるが)フリーザの手により惑星ベジータは消滅。
この際、サイヤ人はベジータら少数の男性のみが生き残り、純血サイヤ人は絶滅する運命にある。

主な純血サイヤ人

名前の由来は、野菜のアナグラム。その民の名もみな野菜の名前に因む。
(※はアニメオリジナルキャラクター)

王族

エリート

下級戦士

除名・追放処分

その他


身体・能力の特徴

  • 黒髪黒眼、風貌はいわゆる地球人の黄色人種に似るが、のような茶色く長い尻尾が生えている。
  • 尻尾は失くすと、再生したり再生しなかったりする。
  • 尻尾を強く握られると力が抜けるという弱点があるが、鍛錬すれば克服は可能。普段尻尾はに巻きつけていることが多い。
  • は生まれた時から生えきっており、生涯長さは変化しない。切れても元の長さまで生えるか、禿げることもある。たてがみのようなものか。
  • サイヤ人の男女比率は8:2くらい。サイヤ人の女は非常に少ない。また、サイヤ人の女は気が強い者が多く、サイヤ人の生き残りである悟空とベジータの地球人の妻たち(チチとブルマ)と類似するものがあるという。(→女サイヤ人参照)
  • 子供時代が長く、青年になるまで幼児体型で相手を油断させ、その後一気に戦闘に向いた体型に成長する。そしてより多く闘うために、青年期が長く、50歳を過ぎても老けないが、ある時を境に一気に老化する。寿命は地球人と同程度。ベジータの話によると80歳くらいまでは若いままらしい。
  • 別の資料では「地球人より自然寿命は長いが、戦いの中で生きているため、若くして命を落とす者が多く、結果的に平均寿命は地球人と同じぐらいになる」ともある。
  • 大食いで、地球人の数倍は食べる。
  • 舞空術のようなもの、エネルギー弾を撃つことを体得している。
  • 傷の治りが早く、瀕死状態から回復すると戦闘力が大幅に上昇する。ただしこれにも限界があるらしく、サイヤ人の戦闘力の壁を何段階も超え続けてきた『超(漫画版)』時代の悟空やベジータはもはやこの性質が殆どなくなっている。
  • 生身のまま宇宙空間で生存できるかどうかは、原作では明言されていない。
    • 原作では、悟空が兎人参化如意棒を使って月まで連れて行っている話があるが、初期はギャグテイストが強いため、参考にならない。
    • 原作では、サイヤ人編で悟空と対決したベジータが地球そのものを破壊しようとしたシーンがあるが、ハッタリだったのか本気だったのかは不明。フリーザ編では、フリーザは宇宙空間でも生きられるがサイヤ人は無理という会話が出てくる。
    • 原作者脚本の『神と神』では、悟空と破壊神ビルスが最終的に戦っている場所はギリギリ空気のある成層圏。続編の『復活の「F」』では、同じ状況下で宇宙空間に放出されたベジータとフリーザに対して、破壊神ビルスが「あいつ(フリーザ)は宇宙空間でも生きられる」と発言していた。
    • アニメ版では、ベジータとナッパが宇宙空間で活動するシーンや、バーダックが宇宙空間に飛び出してフリーザ軍と戦うシーンがある。ブロリーは宇宙空間の移動にバリアを使っている。なお、過去にパラガスが暴れているブロリーを止めようとして片目を潰された時も宇宙空間にいた。この時ブロリーはもちろん、パラガスも生身であった。


変身能力

  • 尻尾を有した状態で、満月またはそれを模したパワーボールを目を通して見ることで、1700万ゼノ超のブルーツ波を吸収し大猿に変身、戦闘力が10倍にはね上がる。ベジータ曰くパワーボールの場合は少し戦闘力が落ちるらしい。王族やエリート戦士は大猿化しても理性や知性を維持できるが、下級戦士の場合は理性も知性も失われ、暴れまわるだけの怪物と化す。当然ながら言葉を発することもできない。しかし、ゲーム『ドラゴンボールヒーローズ』では、生まれた時から戦闘力が1万もあったブロリーはエリート戦士の部類に入るにも関わらず大猿化してもなぜか下級戦士同様理性も知性も失われたという設定になっている。満月から放出されるブルーツ波が途切れたり、尻尾を失くしたりすると大猿化が解ける。
    • GTでは黄金の大猿が登場、現状では悟空およびベジータといった超サイヤ人に覚醒済みのサイヤ人限定。ここで理性を取り戻すことによって超サイヤ人4に目覚める。かつては純粋サイヤ人限定だったが、後に例外としてGT悟飯が現れたため、混血であっても生まれた時に尻尾を有していれば大丈夫な可能性が現れてきた。
  • ある一定条件を満たすと、急激な戦闘力上昇により人型を保ったまま別の形態に変身することが可能。(→超サイヤ人参照)


文化的なもの

  • サイヤ人の社会は、ベジータ王を頂点にした専制君主制。
  • 血統と生まれた時の戦闘力の高さで身分が決まる。血統が良く戦闘力が高い者は「エリート」、親の身分が低く戦闘力が低い者は「下級戦士」。下級戦士はどんなに戦闘力があがってもエリート戦士にはなれない(例:戦闘力4000のナッパがエリートを名乗っている一方で、戦闘力10000超えのバーダックは下級戦士のまま)
  • 他惑星に攻め込みその星を制圧して異星人に売りつけることを生業とする。いわば宇宙規模の地上げ屋。この遠征は子供の時分から行われていたが、次第に過激化してゆき、果ては戦闘力の数値が低い赤ん坊までもが、戦闘力の水準が低い惑星へ先鋒として送り込まれるようになった。ラディッツの「命令を覚えていたなら」という台詞から赤ん坊にはそういった命令を刷り込ませていると思われる。
  • 戦闘力が低い者や性格が非好戦的な者は他惑星に飛ばされる。生まれつき尋常でない戦闘力を持つ者もまた排除される(王族の脅威となりかねないため)。
  • 強さこそがすべてであり誇りである。戦えなくなった者、ついていけない者は見捨てられ、死ぬ
  • 家族愛や兄弟愛に乏しい。気に入らなければでも殺す。その一方で、同族意識・仲間意識の強い者もいる。
  • コミカライズ版『ドラゴンボール超』で判明したが、本来は惑星サダラに住まう者であったが、二派に分裂し滅んでしまい、後の惑星プラントに移住し今に至ったと云う。ただ、第六宇宙には同名の星は残っており、住民も健在である。そちらはサイヤ人(第6宇宙)の記事を参照。


絶滅への道

  • 惑星ベジータ滅亡後、生き残ったサイヤ人は、他惑星にいたベジータナッパラディッツターブル、そしてカカロット(孫悟空)の5人のみ。アニメオリジナルを含めると、ターレスブロリーパラガスの計8人。
  • 惑星ベジータ滅亡により、女のサイヤ人はいなくなったため、今後純血のサイヤ人の誕生は見込めない。原作終盤まで生き残ったベジータ、カカロット、ターブルの3人はみな異星人のを娶っており、うちベジータ、カカロットは地球人との間に子をなしている。
  • 地球人との混血の場合、純血のサイヤ人よりも潜在的な戦闘力が高くなるらしいが、純血サイヤ人に比べると戦闘を好まない傾向がある。
  • GT最終話までの年月を計算すると、惑星ベジータ崩壊から150年以上は種の絶滅を免れた事になる。だが、上記の事実が付与された事により別宇宙のサイヤ人は未だ健在の可能性が見えてきた。
  • 『超』にて、ブロリーの「伝説の超サイヤ人」によく似た特徴を有する変身を行える女性のサイヤ人が登場する事が判明。どの宇宙出身なのかはまだ不明である。


地球人との混血種

(※はアニメオリジナルキャラクター)


関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ ドラゴンボールGT ドラゴンボールマイナス
超サイヤ人 大猿 宇宙人 フリーザ軍 ナメック星人
男サイヤ人 男超サイヤ人 女サイヤ人 女超サイヤ人
牛蒡一家 野菜王家 318 3月18日 サイヤの日
戦闘民族 夜兎 ファナリス ラージャン

pixivに投稿された作品 pixivで「サイヤ人」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2148725

コメント