ピクシブ百科事典

サイレントヒル

さいれんとひる

『サイレントヒル(SILENT HILL)』とは、コナミより発売されたホラーアドベンチャーゲームの題名、およびそのシリーズの呼称。本作品の舞台である架空の町「サイレントヒル」に由来する。
目次[非表示]

概要

アメリカ北東部にあるという架空の観光地「サイレントヒル」を探索するゲーム。
町中を歩き回り、襲い来る怪物を倒し、道を切り拓いて、謎めいた物語を紐解いてゆく。
1999年に第1作が発売されて以降、陰鬱な恐怖演出や独特な世界観、重厚なグラフィックや人間の心の闇、狂気に迫る物語などによって支持を集め、多数の続編が製作された。
また二度の映画化もされており、今日もなお根強い人気を誇っている。
ちなみに「サイレントヒル」をどストレートに訳した結果、「静岡」という愛称も……。

あらすじ(第1作目)

作家であるハロルド・メイソンは休暇を利用して、娘のシェリルが行きたがっていた田舎の寂れた観光地「サイレントヒル」に向けて車を走らせていた。道中で日が暮れ、すっかり暗くなった山道を走行中、とつぜん道路を横切った少女の姿に驚き、ハリーは運転を誤ってしまう。

気がつくとそこはサイレントヒル。季節はずれの雪が降り、観光地でありながら深い霧に包まれた町には人の気配が全くない。助手席にいたはずのシェリルの姿も消えている。
ハリーはいなくなった娘を探すため、サイレントヒルの探索を開始する。

登場人物


ハロルド・メイソン(ハリー)

サイヒルのハリー・メイソン


第1作目の主人公。32歳の作家。妻は他界している。
シェリルにせがまれ、一緒にサイレントヒルを訪れた。
娘を強く愛しており、娘のためならば怪物の蠢く危険な町に分け入る事もいとわない。

シェリル・メイソン

ピクペディア掲載用シェリル


ハリーの愛娘。父に連れられサイレントヒルへ向かう道中で姿を消す。
まるでハリーから逃げるように深い霧の中に消えてゆく。

シビル・ベネット
サイレントヒルの隣町、ブラマ市から来た警察官。28歳の女性。
連絡が取れなくなったサイレントヒルの調査に訪れた。
危険な町の中に準備もなく立ち入ろうとするハリーに銃を貸してくれる。
「まちがってもあたしを撃ったりしないでよ」

ダリア・ギレスピー
サイレントヒルの教会で出会う中年の女性。46歳。
しかし、その姿はどう見ても老婆のようである。
謎めいた言動は意味深なようで意味不明。
ハリーを助けるような姿勢を見せている。

マイケル・カウフマン
サイレントヒルにあるアルケミラ病院の院長。50歳。
異様な事態の中にあって、妙に落ち着いている。

リサ・ガーランド

リサ


アルケミラ病院に勤める美しい看護婦。21歳。
やけに怯えているようだ。

舞台

アメリカ北東部にある田舎町「サイレントヒル」が本作の基本的な舞台となっている。
シリーズの主人公たちは各々が何らかの理由でこの町を訪れ、奇妙な事件に巻き込まれる(あるいは事件に巻き込まれた末に、この町を訪れる事を余儀なくされる)。
不気味なほどに静かで、不自然なほどに濃い霧が常に視界を覆っているため、街の全容を把握するのは困難。元は閑静な観光地だったが、今は人の気配も感じられないゴーストタウンとなり果てており、作中でも地元住人に会うことは滅多にない。
怪しい宗教団体「教団」が存在しており、町を探索中に、その怪しさを身をもって味わう事になる。

この町は不思議な力に満ちている。
その力によって主人公たちはこの町に訪れ、通常ではあり得ないような体験をするのだ。

世界観

スティーヴン・キング
本作はもともと「モダンホラー小説の大家であるスティーヴン・キングの小説をゲーム化しよう」という企画で話が進んでいたが、これが諸事情によって頓挫(詳細不明)。当初のコンセプトをなんとか活かす形で、オリジナルタイトルとして開発された。
こうした経緯の残滓とも言える要素が随所に残っており、なかでもキングの作品『霧』の影響が本作の世界観に強く表れている。
加えて舞台はアメリカの田舎町、主人公は一般人、武器は田舎町でどうにか手に入りそうな物ばかりなのに、敵は得体の知れない異形の怪物たち……といった、キング作品の特徴的な要素がシリーズ全体に根付いている。

嫌悪感
本作はプレイヤーに嫌悪感を与えるために、身の毛もよだつグロテスクな怪物を跋扈させ、ノイズを多用した不協和音のようなBGMで耳を責め、妙に傾いたカメラワークで三半規管を攻撃するなど様々な工夫が施されている。
特に本作を象徴する要素である「裏世界」においてはその工夫が徹底している。
画面から臭い立つような嫌悪感がプレイヤーの精神をジワジワと蝕み、ゲームプレイの続行すら躊躇わせるほどの恐怖を抱かせるのだ。

不可思議
本作には不可思議(神秘的、超自然的、霊的、非科学的)な力が大きく関わっており、いわゆる「オカルト」の要素が強い。これらはプレイヤーを恐怖に陥れたり、困惑させたり、時には斜め上の角度から笑わせてくれたりすることもある。

誰もいないはずのトイレから音がしたり・・・
歩いて来た平坦な道が振り返ると深い谷になっていて、後戻り出来なくなったり・・・
死んだはずの人間から手紙が来たり・・・と様々な事が起きる。
あとUFOとか見える。マジで。


全体的に暗い。ホラーゲームゆえの視覚的な暗さはもちろんのこと、登場人物の設定や物語の展開も陰鬱で陰惨で陰湿でとにかく暗い。明るいところがない。それらがプレイヤーの心理状態を重く冷たく圧迫していく。こんなゲームが人気シリーズとなるのだから、画面のこちら側の闇もまた然りである。

シリーズ共通の設定・用語

「裏世界」
シリーズを象徴する要素。作中でプレイヤーは何度かこれを経験させられる。
普段歩いている世界が突如暗転し、気がつくと血と錆で塗りつぶしたようなおぞましい「裏世界」へと変貌しているのである。ちなみにこの呼称は便宜上のもので、作中でこのように呼ばれることはない。
「裏世界」は普段の世界を基盤にしているが、そこら中が赤茶けていて終始暗く、行き来できる道筋も普通の世界とは異なる。前述した「嫌悪感」で満ちており、さながら悪夢のようである。これが発現する理由は作品によって異なるものの、大抵は登場人物の心の闇が根源となっているようだ。

教団
サイレントヒルに浸透する宗教団体。これといった名称は存在せず、地元では単に「教団」と呼ばれている。怪しい魔術や非人道的な儀式を行うカルト宗教団体である。土着の宗教観にイロイロと混ざり込んだようで、「神の復活と救済」を柱とした退廃的な教義を持つ。

三角頭
シリーズ第2作『SILENT HILL 2』でボスキャラクターとして初登場して以来、シリーズにたびたび姿を現している。「裏世界」と並んで象徴的な存在。赤く巨大な三角型の鉄兜を被った逞しい体つき(おそらく男性)の人型クリーチャーで、常に巨大な鉈を引きずっている。
目的や行動原理は作品ごとに異なっていて、必ずしも主人公の敵対者として登場するわけではない。
その強烈なインパクトを持つデザインやパワフルさ、ミステリアスな行動から、シリーズのファンに絶大な人気を集めている。詳細については三角頭の記事を参照されたし。

ラジオ
プレイヤーを中心に、周囲数メートルしか視界が確保できない本作では、すぐそばにいる敵でさえ視認するのに難儀する。これを助ける働きをするのがラジオである。基本的に壊れているため放送を聴くことはないが「怪物の存在に反応してノイズを鳴らす」という不思議な動作をするのだ。これによって、離れた位置にいる敵、または接近してくる敵の存在を察知できる。

鉄パイプ
シリーズを通してだいたい序盤のうちに入手する定番の武器系アイテム。それなりのリーチとそれなりの攻撃力を誇り、それなりに隙も少ないなど、妙に有能。第3作目以降は棒状の武器を使ったガードも出来るようになったため、ますます有能になった。『サイレントヒル』序盤における文字通りの相棒である。

関連タイトル


『SILENT HILL4 THE ROOM』以降の作品は海外のスタジオによって製作されており、テイストが大きく変わっている。加えてリリースされるプラットフォームの移行やホラーゲームブームの沈静化、シリーズ6作目『SILENT HILL: HOMECOMING』の日本国内での発売がなかった事(後述の「余談」の項で解説)などの影響で、今日の日本国内での人気は高いとは言えなくなってきている。

余談

視界の悪さ
とにかく視界が悪いこのゲーム。昼は霧で真っ白。夜は闇で真っ暗。どんなに目を凝らしても数メートル先までしか見えない。キング作品の影響や恐怖演出の仕掛けであると同時に、第1作開発当時の「遠景を描画出来ない」という技術的な問題への妥協策として導入されたものである。

敵デザインの変更
ザコ的として登場する茶色い怪物「マンブラー」は肌色と設定されていたのだが、「子供のような外見の敵が登場し、殺せてしまう」という点が問題となり、CESA(一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会)倫理委員会が却下。現在の形に修正された。

小さな影の怪物「ラーバルストーカー」もこの制作過程で生じたものである。
北米版では「グレイチャイルド」という容姿の違うクリーチャーが代わりに登場する。
元々は日本版と欧・豪州版でもこちらが採用されるはずだったが差し替えられた。

日本国内での発売中止
シリーズの6作目にあたる『SILENT HILL: HOMECOMING』は日本国内では発売中止となっている。この理由を販売元のコナミは「日本市場に合った商品性に至らなかったため」と説明した。これを受け「日本独自の表現規制によって発売中止にされた」との噂が起きた(あくまで噂である)。

同タイトルの楽曲
本作の開発・発売元であるKONAMIのゲームDDRに、本作と同名の曲「Silent Hill」が存在するが、名前と制作会社が同じという点以外の関連は不明。

『P.T.』
さる2014年8月13日未明に謎のホラーゲームが公開された。
どこだかわからない、恐ろしい怪現象が起こる屋敷の中を何の情報も無いままに探索。謎を解いてそこから脱出するというゲームであったが、これが『サイレントヒル』シリーズ最新作、もしくはシリーズに関連する作品のティザー広告(プレイアブル・トレーラー)だった(このゲーム自体はサイレントヒルとは関連が無く、クリア後に最新作に関する告知があるだけ)。

ステルスアクションゲーム『メタルギアソリッド』シリーズの生みの親である小島秀夫と、SF怪獣映画『パシフィックリム』の監督ギレルモ・デル・トロ、海外ドラマ『ウォーキング・デッド』の出演俳優ノーマン・リーダスの3名がこの最新作に携わることが示唆された。
しかしこの発表から一年経たずして、コナミから本件の開発中止が宣言され、あちこちから落胆の声が。
この時のコナミは立て続けに騒動が勃発していた時期でもあり、落胆以上に反発の声が一層高まっていた。
2015年8月にはパチスロでサイレントヒルのリリース情報が発表された際でもyoutubeのコメントには怒りの声が多く投稿され、低評価の数が目に見えて多い事態にまでなっている。


サイレントヒル1作目のオリジナルサウンドトラックに収録されている
オープニングテーマの「2:23~2:25」のあたりに

声 が  入 っ


て い

る。

関連タグ

ホラーゲーム 静岡
▲様 三角頭 ナムボディ クリーチャー

他の記事言語

Silent Hill

pixivに投稿された作品 pixivで「サイレントヒル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10224123

コメント