ピクシブ百科事典

サイ・アーガイル

さいあーがいる

サイ・アーガイルとは、『機動戦士ガンダムSEED』のキャラクター。
目次[非表示]

人物

プロフィール

生年月日C.E.54年7月20日
星座蟹座
血液型O型
年齢17歳
身長170cm
体重63kg
人種ナチュラル
階級二等兵
CV白鳥哲


キラ・ヤマトの友人で、ヘリオポリス・学生組のまとめ役的存在。
ザフトによるコロニー襲撃に巻き込まれてアークエンジェルに避難し、人手不足のためブリッジのCICを担当する事になる。後に、オペレーターに席を移した。

フレイ・アルスターの婚約者だったが、父親を殺された復讐のために彼女は地球降下後にキラとの関係を深めていき、婚約は一方的に破棄された(この三角関係は監督福田己津央が『無限のリヴァイアス』からヒントを得た可能性がある。この作品でも主人公幼馴染の少女を同じ声優達が担当)。

キラへの対抗心からサイは自らもストライクを操縦出来る事を証明しようとするが、ナチュラルの彼が操縦出来る訳も無く失敗し、悔し涙を流した。
フレイの一件やストライク操縦の失敗から、キラとの間に確執が生まれ塞ぎ込んでいたが、元々の人柄の良さからか、その後キラがイージスとの戦いで相打ちとなり行方不明になった際には心配と悲しみの感情を見せた。
行方不明に際してフレイが縁りを戻そうとしてきたが、周囲を顧みない彼女の独り善がりな言動や本心(復讐心で近付いたキラに本当に惹かれていたこと)などから拒絶した。
以降、トールを失い精神的なショックを受けていたミリアリアを気遣い続け、退役するカズイを励まして笑顔で送り出し、キラとも再会後に和解を果たしている。
その後も自らの意思で艦に残り、第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦 までの激戦を戦い抜いている。結果的には、キラに劣らず精神的に大きな成長を遂げたともいえる。
作中において降りかかった災難から、視聴者からはネタキャラ扱いをされがちだが、そのような悲惨な境遇にあっても、友人へのいたわりを忘れず、率先してメンタルケアを行う姿は、作中屈指の人格者と言えよう。

続編である『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』(スペシャルエディション)では、モルゲンレーテと思われる企業に勤める一幕が見られた。
高山瑞穂の漫画版『キラとアスランの激闘』では、オペレーション・スピットブレイク後に戦争に対する不満を爆発させ、トノムラに鉄拳制裁を受けた。

関連イラスト

キラと仲間たち



関連人物

キラ・ヤマト フレイ・アルスター
ミリアリア・ハウ トール・ケーニヒ カズイ・バスカーク

pixivに投稿された作品 pixivで「サイ・アーガイル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17576

コメント