ピクシブ百科事典

サカキ

さかき

ポケットモンスターシリーズの登場人物である。「ロケット団」という悪の組織のボスでありカントー地方のジムリーダーでもある。
目次[非表示]

樹木、または別作品のキャラクターのさかきについては「」を参照。

概要

ゲーム「ポケットモンスター」シリーズの「赤・緑・青・ピカチュウ」バージョン、そしてそのリメイク版である「ファイアレッド・リーフグリーン」に登場した悪の組織「ロケット団」のボス。また、同作品上に登場する「トキワシティジム」のジムリーダーでもある。海外名は「Giovanni」。
歴代「悪の組織のボス」の中でも、思想的な目的を持たない「現実的な悪の首領」というスタンスで描かれる。そのカリスマ性や紳士的な態度、悪の帝王の風格抜群のルックスから、今なおファンは多い。
外見はオールバック風の髪型にマフィア風のスーツを着用。じめんタイプのポケモンを愛用している。

ロケット団解散

上記の作品内で登場する主人公(=プレイヤー)の手によって、ロケット団を壊滅させられる。
ロケット団解散後に、ジムリーダーとして真っ向から主人公に勝負を挑むも、敗退。
悪の組織のボスであったにもかかわらず、ジムリーダーとしてきちんとバッジを渡し、技マシンまでくれる。なんという紳士。
その後は自身を鍛えなおすために人里離れた土地で修行するといって消えた。(そのためトキワシティジムは、グリーンの就任まで長らくジムリーダー不在という状況だった)

アニポケ版のストーカー団ぶりから想像も出来ない位、すがすがしいまでの潔さである。

ロケット団再建

上記のシリーズはいわゆる「初代」であるが、その二代目である「金・銀」およびリメイク版の「HGSS」にも「ロケット団」が登場。
幹部アポロ(金・銀では無名)を中心として解散後の残党たちが再結集し、ロケット団を再建するため行方不明のサカキを呼び戻そうとラジオ塔を占拠するなど暗躍するも、主人公たちの活躍によりその野望は潰える。
サカキ自身は結局現れず行方不明という形だったのだが、下記のHGSSイベントではかつての部下の呼びかけに応じて再び姿を現そうとするも、タイムスリップしてきた主人公に阻止された為に現れることが出来なかったという顛末となっている。

現れようとした理由がちょっと残念すぎる…。

「息子がいる」

「FRLG」でストーリーに関わってくる研究員が、サカキには「あかいいろのかみ」をした息子がいると口走る。
「あかいかみのしょうねん」はそこまで多くはないものの、「今までのシリーズに出てきたトレーナー」とは限らず、当時は誰が息子なのかは判明していなかった。
しかし、映画「幻影の覇者 ゾロアーク」でもらえるセレビィを連れているとHGSS内で見ることが出来るイベントで遂に「金銀(HGSS)のライバル」が息子であると明言され、長年の疑問に終止符が打たれた。

R団



ちなみに、それまではライバルの他に「ワタル」がサカキの息子ではないかとささやかれていた他、ポケットモンスターシリーズ全体で公式に親が誰であると証明されていない(=サカキの息子の可能性があった)「髪の色が赤い男性キャラ」は以下の通りである。
金銀ワタル
RSEマツブサカゲツ
DPtオーバ
HGSS…ロケットだんしたっぱ ♂(どちらかといえばピンクかもしれない)
などがいるが、一部年齢的に無理があるキャラクターもいる。

手持ちポケモン

じめんタイプのポケモンの使い手。前述の通り、ジムリーダーでありロケット団のボスであるということから、ジムリーダーとしては非常に特殊な部類に入り、3度に亘って主人公と戦うことになる。

ロケット団アジト(赤・緑・青・黄・FR・LG)


シルフカンパニー(赤・緑・青・黄・FR・LG)

トキワジム(赤・緑・青・FR・LG)

トキワジム(黄)
  • ダグトリオLv50
  • ペルシアンLv53
  • ニドクインLv53
  • ニドキングLv55
  • サイドン Lv55

ポケモンスタジアム2(表)
  • ペルシアン
  • ダグトリオ
  • ニドクイン
  • ニドキング
  • サイドン
  • ケンタロス

ポケモンスタジアム2(裏)

HG・SS(隠しイベント)
  • ガルーラ Lv40
  • ニドキングLv42
  • ドンカラスLv43
  • ニドクインLv46

BW2(PWT・カントーリーダーズ)

BW2(PWT・ワールドリーダーズ)
HGSSでの対戦はFRLGの後日談(ラジオ塔占拠時)なのだが、ニドキングのLvが下がっているのはどういうことなの…

アニメ版のサカキ

アニメ版では原作とは設定や容姿が異なる。声優は鈴置洋孝(一代目)、三宅健太(二代目)が担当している。なお、ニャース妄想のサカキはニャース犬山イヌコが担当している。
ロケット団のボスであると同時に『ロケット・コンツェルン』という財閥の会長という表の顔を持っている(ロケット団はいわばそのシンジケートである)。まだロケット団を解散しておらず、現在もボスの座についている。かつては原作同様にトキワジムの経営もしていたが、とある出来事により経営から手をひいており、その後は四天王のキクコが臨時のジムリーダーを務めている。
ジムリーダーとしては、シゲルとの戦闘描写は見られた。特定のタイプにこだわらず、重量級のポケモンを扱う。サトシとのジムバトルはムサシ達が代理を務めていた。また、普段から表にはあまり姿を現さないため、サトシたちと対峙したのは番外編『ミュウツー我ハココニ在リ』とベストウイッシュシーズン2の第12・13話くらいである。
ダイヤモンド&パール」編までは会社経営者という顔もあったためかオレンジのスーツを着ていたが、「ベストウイッシュ」編からは軍人を思わせるような服装となっている。
ベストウイッシュ編最終回及び「XY」からは黒スーツ、黒いネクタイ、黒いシャツと黒づくめで身を包んでいる。
無印」編の金銀以降はニャース妄想によって何かとお茶目な感じを醸し出していたが、本当のサカキはミュウツーメロエッタの力を手に入れる目的のためならコピーポケモン達やサトシ&ピカチュウを人質を取るなど手段を選ばない、非常に冷酷な性格である。
しかし、R団員達によるムサシ達への処刑申告を却下してムサシ達にチャンスを与えるなど味方にはなんだかんだと対応が甘かったりする。
アニメでは、実は創設者である母親からR団を相続していたことがドラマCDで明かされた。

R団に狙われたサトシはなぜ無事なのか?

なお、サトシがR団につけ狙われて無事な理由として『サトシの父がサカキ自身』か、『サカキの兄弟親戚』である説も出ている。
ムコニャらがサトシから奪ったポケモン達をすぐに本部に転送せず何度もわざと自滅した理由や日本から離れた海外のアメリカのイッシュ地方やフランスのカロス地方まで一般人に過ぎないサトシをわざわざ尾行したのもサトシと敵対するように見せかけ、サトシを護衛させる為である。最もBWシーズン2のメロエッタをR団の野望に協力させる為にゼーゲル博士のエネルギー捕獲装置でサトシを圧死させかけたが、エスパーポケモンなどで圧死させると見せかけてテレポート移動させる事も可能なのでサトシ本人とサトシの父親がR団相続可能な関係者である説は未だに否定されていない。

無題



アニメ版の手持ちポケモン

手持ちポケモンというよりはペットという扱いに近く、サカキはペルシアンを非常に可愛がっており、R団のニャースがペルシアンのことを嫌いになった理由の1つである。その一方で戦闘能力は意外と高く、サトシのピカチュウを苦戦させるほど。
アニメ版の設定を反映してか、ゲームのピカチュウ版やポケモンスタジアム2では、ガルーラに代わるノーマルポケモンとして登場する(ジムリーダー戦でも登場する)。


ポケットモンスターTHE_ORIGINのサカキ

ORIGIN


基本設定はゲーム版と同じ。声優は小山力也
ゲーム同様最初の顔合わせはタマムシシティのアジトだが、モノローグで片づけられたためバトルの有無は不明。その後シルフカンパニーではレッドを圧倒し、トキワシティジムで決戦となる。
レッドに対しては必要以上に感情的になる節があり、自分でもなぜ彼を気に掛けるのかと疑問を抱き続けていたが、トキワシティジムでのバトルでレッドが最後の手持ちであるリザードンを出す際の仕草を見て、彼にかつて純粋にポケモンバトルを楽しんでいた少年時代の自分の姿を無意識のうちに重ね合わせていたことに気付く。そして当時のサカキの手持ちは、奇しくもレッドと同じヒトカゲだった。
激闘の末にレッドに敗れたサカキはグリーンバッジを差し出すが、レッドに「悪の組織のボスからのバッジなんていらない」と断られると、その場でロケット団の解散を宣言。ロケット団のボスとしてではなく、ジムリーダーとしてレッドにグリーンバッジを託す。レッドはこれに対してやや懐疑的な反応を見せたが、ジムを去る際にはジムに向かって一礼している。その後サカキは、もう一度ポケモンと共に最初からやり直すことを考え始めた。
手持ちはシルフカンパニーではニドクイン、トキワジムでは「取って置き」としてサイホーンとサイドンを使用。
少年に感化されて初めの気持ちを取り戻すあたりがどことなく声のよく似た正義の味方を彷彿とさせる。

漫画版での活躍


ポケットモンスターSPECIALのサカキ

【企画】もーはじまっている。【アニメポケスペ】


容姿はゲーム版と同じだが設定はゲーム多少異なる。
ロケット団首領であり、レッドが主人公を務める1章と5章の黒幕的存在。
レッドワタルをも圧倒する作中トップクラスの実力者であり、カントー最強のジムリーダーたる姿を見せてくれる。自分を打ち破ったレッドのことを気に入っており、レッドは知らないが2章では彼の命を救っている。
悪を貫く姿勢や、敵対者であっても実力のある者には敬意を示し、潔く負けを認めるなど高いカリスマ性を持ち、部下たちから絶大な信頼を寄せられている。常に自らの悪の信念に基づいて行動しており、レッドが主人公ではない2章や9章では主人公たちの危機を助けることもあった。

専門のじめんタイプに関するあらゆる知識を記述した「大地の奥義」という本をジムに残しており、後進にも惜しみなく自らの技術を伝授しようとする姿勢は後にジムを継いだグリーンにも影響を与えた。じめんタイプではないが故郷トキワで捕まえたスピアーには深い愛着を持ち、好んで使用している。

図鑑所有者のひとりであるシルバーの父親だが、息子は2歳の時に「仮面の男」に誘拐されており、それ以来生き別れとなっていた。数年前から病に侵されていた為、死ぬ前にもう一度息子に会いたいと思い、5章でのデオキシスを使った事件を引き起こした。シルバーの事を身を挺してまで守ろうとした姿は、紛れもなく父親であった。

5章の終盤でシルバーが気を失ったサカキをリングマに隠れ家に運ばせていたが、その直後にシルバーがしばらく石化していたこともあり、リングマと共に行方を晦ましていた。
9章にてロケット団四将軍がサカキのロケット団復活の最強の布陣を整える為として、アルセウスを使ってディアルガパルキアギラティナを創造させゴールド、シルバー、クリスを追い詰めた。しかし三匹の衝突によって起きるのはジョウト・シンオウの崩壊であり、それはサカキの望まぬことであった為、2章の黒幕であるワタル、3章の黒幕であるヤナギと共に息子たちの前に最強の助っ人として参戦。それぞれ互いに因縁を持つ悪人同士でありながら、神と呼ばれる伝説のポケモン相手にチートぶりを発揮していた。
その戦いに決着がついた後はロケット団の復活を宣言。息子シルバーの「ロケット団を倒し、サカキを更生させる」という言葉に笑みを浮かべ、去って行った。

ポケットモンスター(穴久保版)

なんと兄弟がいるという設定。ポケットモンスターのサカキの一般的なイメージは弟の方。
また、サワムラーとエビワラーが兄弟であるという設定はこのサカキ兄弟が使った二体からである。

ポケットモンスター全書のサカキ

公式でも触れられていなかった、ロケット団誕生のきっかけが描かれており、
極限状況での些細な勘違いから、自分のポケモンに見殺しにされたと誤解し、
道を踏み外してしまった悲劇の悪役となっている。
真実を知った際の愕然となった姿は冷酷な悪の帝王ではなく、
見た目は怖いけど自分のポケモンが大好きなトレーナーであった……。

関連イラスト

pixivではニドキングサイドンといったじめんタイプのポケモンとともに描かれることが多いが、アニメの影響によりペルシアンの場合も少なくない。

最強のジムリーダー「大地のサカキ」
サカキとニドキング
大地のサカキⅢ



ネタ系

ギザみみサカキ
笑ゥせぇるすまん風なボス



関連タグ

ポケモン HGSS
ロケット団 じめんタイプ ジムリーダー ジムリーダー(カントー)
アニポケ ポケットモンスター(無印) ベストウィッシュ
シルバー サトシ

他のトキワジムリーダー
グリーン(ポケモン) キクコ

その他のじめんタイプのジムリーダー・四天王
キクノ ヤーコン

pixivに投稿された作品 pixivで「サカキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1991063

コメント