ピクシブ百科事典

サナギラス

さなぎらす

サナギラスとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)。 
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.247
英語名 Pupitar
ぶんるい だんがんポケモン
タイプ いわ / じめん
たかさ 1.2m
おもさ 152.0kg
とくせい だっぴ


※だっぴ:状態異常がターンごとに3分の1の確率で治る

進化

ヨーギラスサナギラスバンギラス

親子愛



容姿

サナギの様な姿をしたポケモン。進化した事で、全体がで覆われる様になった。
殻の上部に穴が開いており、その穴の中から鋭い眼光を見る事が出来る。

概要

『ポケットモンスター 金・銀』(第2世代)に初登場したポケモン。
ヨーギラスがLv30で進化する。

岩盤の様な硬い殻に覆われており、例え鋼鉄にぶつかったとしても平気なボディである。鋼タイプの技が弱点じゃないか、とかそんなことは考えてはいけない。
そして外見からは判断できないが、殻の下には手足は既に出来ている。
またサナギであるにもかかわらず、自由に飛び回る事が出来る。これは体内で圧縮したガスを勢いよく噴射する事で、ロケットの様に飛び出す事が出来る為である。
その為非常に力強く硬い殻と相まって、暴れてしまうとを崩す程の破壊力が出てしまう。

ただ、実際はロケット並みの「すばやさ」ではなく、むしろ遅い部類に入る。

見た目に関して言えば、コクーントランセルといったさなぎポケモンであるが、前者と違いむしタイプではない。
ただ、当時はやっと進化したヨーギラスがこの様な姿になってしまい、かなりの不安を覚えたプレイヤーも少なくは無い。

しかも、他のさなぎポケモン達とは違い、守り主体ではなく攻撃的な技を多く覚えるので、この点においても他のさなぎポケモン達とは違っている。

ゲーム上の特徴

進化前よりも全体的にステータスは底上げされている。また進化した事で特性が「だっぴ」になった。
また進化後はじめんタイプに代わって、あくタイプになる為、別のポケモンとして考える事も出来る。

一般的には、バンギラスまで進化させる為の通過点に過ぎないが、そのタイプと特性を生かして進化させない事もある。
BWではしんかのきせきも出たのでそれなりに活躍はしてくれるかもしれない。

ちなみに夢特性はない。つまり、夢特性持ちのヨーギラスが進化しても「だっぴ」になってしまう。
この事情から、XYのフレンドサファリに出現するサナギラスは、進化させるまで夢特性持ちかどうかわからない。バンギラス系の夢特性自体は需要がないものの、育ててみたら実は夢特性持ちでしたー!なんて事が起こりうるので、フレンドサファリ産の個体で育成する場合は気を付けよう。

関連イラスト

サナギラス
片岡球子風サナギラス



関連タグ

金銀 HGSS

pixivに投稿された作品 pixivで「サナギラス」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69263

コメント