ピクシブ百科事典

サラスヴァティー

さらすゔぁてぃー

インド神話の女神。梵天ブラフマーの配偶神とされている。弁財天の元になった神様。

つづりはSarasvati。名は「)を持つもの」と言う意味がある。
芸術学問などの知を司る女神である。元来はインド最古の聖典『リグ・ヴェーダ』において、聖なる、サラスヴァティー川(その実体については諸説ある)の化身であった。流れる川が転じて、流れるもの全て(言葉・弁舌や知識音楽など)の女神となった。
4本の腕を持ち、2本の腕には数珠とヴェーダ、もう1組の腕にヴィーナと呼ばれる琵琶に似た弦楽器を持ち、白鳥または孔雀を乗騎とする姿で描かれる(或いは蓮華の上に座するとも)。

梵天ブラフマーにより、当初はとして創造された。が、あまりの美貌故にブラフマーはサラスヴァティーに一目惚れしてしまい、娘では無くとして存在するよう懇願した。創造主の懇願に驚き逃れるサラスヴァティーを常に見ようと、ブラフマーは自らの前後左右の四方にを作りだし、さらに天を飛んで逃れようとしたサラスヴァティーを追う為に、4つの顔の上に更に5つ目の顔(後にシヴァに切り落とされる)を生み出した。その執拗な求婚から逃れられないと観念したサラスヴァティーは、遂にブラフマーと結婚する。
ブラフマーとサラスヴァティーの間には、人類の始祖・マヌが誕生した。

後に仏教伝来時に金光明経を通じて中国から伝えられ、日本の土着信仰と結び付き、弁財天として新たな信仰を集めた。

表記ゆれ

サラスヴァティ

関連タグ

サラスヴァティー(LoV) 聖流の女神・サラスヴァティ メルトリリス

pixivに投稿された作品 pixivで「サラスヴァティー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36332

コメント