ピクシブ百科事典

サン

さん

映画『もののけ姫』のヒロイン。他、人物の名前に使われる言葉。
目次[非表示]

誘導分岐



「もののけ姫」のサン

CV:石田ゆり子

宮崎駿監督のアニメ映画「もののけ姫」に登場するヒロイン。映画タイトルにある「もののけ姫」と呼ばれる15歳の少女。
人間だが、山犬の牙を恐れた人間たちに生贄として捨てられ、山犬モロの君に育てられた。自分は山犬だと信じ、を破壊する人間達を憎み彼らと戦っている。森と共に生き、森が死ねば森と共に死ぬという儚い運命の中で生きていたが、ふとしたことでアシタカと出会い、錆びついた運命の歯車が動き出すようになる。

容姿

額と両側の頬に紅い三角が描かれて、全体的に縄文時代の民族を彷彿させる装束を身に纏っている。藍色のワンピース服の上に白い服を重ねていて、白い毛皮を髪や肩からかけている。切れ長の黒い瞳に黒髪の、人間的に見れば整った容貌を持つ。
装飾品に獣のが飾られたネックレスや、白い円形のイヤリング、頭部と腕にはめたリングがある。頭部に対する防具なのか、タタラ場襲撃の際は不気味な仮面をつけていた。

性格

育ての母であるモロの君の影響を強く受けているため、森を穢す醜い存在として人間を酷く嫌っている。常に山犬たらんと意識している故か、気性は勇猛かつ苛烈で、行動も時に極端な一面を見せる。人間から森を護るため、死をも恐れずに戦う強い使命感を抱く。一方で自分は山犬だとは主張しつつ、内心では自分も醜い人間そのものであることを自覚しているような節があり、アシタカに「そなたは美しい」と言われた時は戸惑う様子を見せた。

スペック

 その設定から、ジブリのヒロインでも珍しく高い身体能力を持っている(彼女とタメを張れるレベルだと杖一本で武装した兵士数人を皆殺しにしたナウシカぐらいだろうか)。山犬(モロの子)に乗って行動するが、サン自身もかなり身軽で、身のこなしが素早い。その身体能力と槍やナイフを武器に人間たちと戦う。ヤックルのように人の言葉を話さない動物の感情や意思も理解することが出来る。
 アシタカを介抱する場面で、よく見ると着物の穴や頭巾の切れ目が糸で綴じられている描写がある。万一人間社会に帰っても困らないよう、モロが裁縫を教えたものと推測できる。


関連イラスト

もののけ姫。
面具


もののけ姫
山犬とサン


Eyes Unclouded
もののけ



関連タグ

ジブリ もののけ姫
モロの君 モロの子 
アシタカ

カップリングタグ
アシサン

pixivに投稿された作品 pixivで「サン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6300308

コメント