ピクシブ百科事典

サンダース

さんだーす

〔曖昧さ回避付き〕かみなりポケモン。図鑑番号135。でんきタイプ。とくせいは「ちくでん」「はやあし」。
目次[非表示]

サンダースとは、

  1. ポケットモンスターに登場するポケモン。初登場は赤・緑。当記事にて説明する。
  2. アニメ「ガールズ&パンツァー」に登場するライバル校→サンダース大学付属高校
  3. Thanders-ゲーム、「クイズマジックアカデミー」の登場キャラクター。→サンダース(QMA)
  4. Sanders-ケンタッキーフライドチキンの創業者、 →カーネル・サンダース
  5. Sanders-漫画、「魔法先生ネギま!」のキャラ・アルビレオ・イマの偽名である「クウネル・サンダース」。

基礎データ

ずかんNo.135
英語名Jolteon
ぶんるいかみなりポケモン
タイプでんき
たかさ0.8m
おもさ24.5kg
とくせいちくでん / はやあし(夢特性)


進化

イーブイシャワーズ…みずのいしで進化
     →サンダース…かみなりのいしで進化
     →ブースター…ほのおのいしで進化
     →エーフィ …なつきMAXで朝・昼にレベルアップ
     →ブラッキー…なつきMAXで夜にレベルアップ
     →リーフィア…ハクタイの森(DPt)・ヤグルマの森(BW)・迷いの森(XY)でレベルアップ
     →グレイシア…217番道路(DPt)・ネジ山氷の部屋(BW)・フロストケイブ(XY)でレベルアップ
     →ニンフィア…イーブイをポケパルレでハートを2つ以上に上げ、フェアリータイプのわざを覚えた状態にして、レベルアップ

特徴

イーブイの進化形の一つでタイプは電気。
体色は黄色に変化し、首の周りや腰の毛が鋭く尖っている。
(ただし普段は普通の毛並みをしているらしい)

感受性が非常に強い種で、わずかな刺激でも感情が変化し、それに伴って体内に電気がたまる。
帯電した体毛は針のように逆立ち、これを飛ばして相手を刺し貫く。
また、体毛の隙間にはマイナスイオンが発生しており、常に電気の弾ける音を発している。
場合によっては一万ボルトの電気を帯電させることもあるという。

一匹でも三十六匹。

性能面

素早さ130族の1体で、初期の公式大会からほとんどの選手に使用されていた優秀なポケモン。
初代では、素早さの種族値(能力の基幹数値)が高ければ高いほど急所に当たりやすかったため、
元々の特殊110も含めて火力はかなりの物だった。なんと初代では、「はかいこうせん」の選択が積極的に専門書で考察されていた(当時は物理技だったが、相手を倒せればデメリットがチャラにもなった)。
反面物理耐久は低く、耐久に努力値を殆ど振れない現在では不一致の地面技であっさり落ちる事も。

2世代以降は急所の仕様変更で火力は落ちたがやはり公式大会で使われる優秀な性能なのは変わらず。
めざめるパワーの追加によって何もできなかった地面相手も突破も出来るようになっている。
3世代からの特性「ちくでん」から「でんじは」で麻痺にさせられないのも強み。

ブイズでもあるので補助技は多彩。アタッカーとサポーターを両方こなす事も可能。
反面攻撃面は範囲が貧相なのでめざパ厳選は必須。粘るつもりがないなら基本使うべきではないとも。
こおりタイプの厳選ならば特攻、特防、素早さの3つで個体値31を粘れば、威力65以上の物が3/8の確率で出てくれるのでめざパ入門としてやってみよう。
その他の技では4世代以降で特殊化した「シャドーボール」やプラチナでの教え技の「シグナルビーム」などがあるが、
残りを補助技に割く関係上、少なくとも両方採用されるといった事は殆ど無い。

XYでは主力技の10まんボルトかみなりの威力低下、めざめるパワーの一律威力60に低下と次々と弱体化してしまった。
電気タイプ全体がまひ状態にならなくなった関係で「ちくでん」を持つサンダースの優位性が失われた。
メガ枠を使う事になるが、ほぼ上位性能のメガライボルトの出現も辛い部分だろう。
サブウェポンのシャドーボールの通りが良くなった事と、130族の素早さをメガシンカ枠を使わず得られる事を武器となるかと言う所である。

赤緑青ピカチュウ版でのサンダース

初代のストーリーにおいても本作屈指の最強ポケモンである。
タマムシシティでイーブイを入手直後にかみなりのいしで進化できるので、即戦力として活躍できる。
種族値による素早さも非常に高いため、多少レベルが低くても先手を取ることができる。
マチスからもらった「10まんボルト」を覚えさせれば申し分なし。
さらにはレベルアップで「にどげり」、「ミサイルばり」を覚え、エスパータイプを含めなんと半分以上(当時のタイプは全部で15)の8つのタイプの弱点を突くことができる。
そのあまりにも攻撃のレパートリーが多い技で、非常に苦戦しやすいエスパータイプのナツメみずタイプカンナ(事実上こおりタイプであるが、同時にみずタイプのポケモンも多かった)ではサンダース1匹だけで倒せ、赤緑青版では多種多様なタイプを使うグリーンを含む5匹のポケモンをサンダースで前述の3つのタイプのわざで弱点を突ける(相手側がリザードンに至っては6匹全て弱点を突ける)異常な強さを誇った。

ピカチュウ版はライバルとの最初の2戦で両方とも勝った場合、シルフカンパニー戦で初めてイーブイからサンダースに進化する。
前述の通り、御三家(リザードンの場合はリザードで進化を止めれば弱点は突かれないが)、三鳥ギャラドスフーディンなどに頼っていると逆パターンで撃沈させられ、勝ちにこだわり続けた人にとってはここで詰んだ人も多いだろう。

関連イラスト

サンダース


このタグ最古のイラスト

/これで僕も無敵!\
夏コミ受かりました!



関連タグ

ポケモン ポケモン一覧 ブイズ
サンダー

pixivに投稿された作品 pixivで「サンダース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5543566

コメント