ピクシブ百科事典

サンダーバード(列車)

さんだーばーど

JR西日本が運行する特急列車、ここでは前身の「雷鳥」についてても記す。
目次[非表示]

概要

JR西日本北陸本線経由で運行する特急列車。

運行区間大阪~金沢・和倉温泉
運行路線JR京都線(東海道本線)・湖西線・北陸本線・IRいしかわ鉄道線・七尾線
車両681系・683系(吹田総合車両所京都支所・金沢総合車両所本所所属)

1964年に新しく導入された485系と共に「雷鳥」として運行を開始した。
以降、本数を増やし、現在に至るまで関西圏と北陸圏を結ぶ主力列車として運行されている。JR化後には、グレードアップしたスーパー雷鳥が運行を開始した。1992年681系を臨時列車として導入、1995年から「スーパー雷鳥(サンダーバード)」定期運転が開始され、1997年に681系担当列車は「サンダーバード」となり、以降681系・683系の置き換えと共に雷鳥の本数は減っていき、2011年3月12日のダイヤ改正で485系が完全に運用から撤退し、名実ともに完全に「サンダーバード」となった。

現在の運行区間は大阪駅金沢駅和倉温泉駅間。雷鳥時代は神戸駅新潟駅までの運用や、臨時列車で長野駅方面や富山地方鉄道への乗り入れもあった。
2015年3月14日北陸新幹線長野駅金沢駅間開業に伴い富山駅魚津駅発着の15往復は金沢止まりに短縮され、七尾線方面についても3往復が系統分離(特急能登かがり火新設)により金沢止まりとなった。七尾線方面へのサンダーバードは15号・20号の1往復のみ。
さらに、これまでサンダーバードの大阪方面は1号車のグリーン車だったのだが、この改正にて編成の方転を行い(編成逆転)、大阪方面の先頭車両は9号車(12号車)、金沢方面は1号車となった。この編成逆転は、同じく北陸本線を経由し、米原・名古屋へ向かう特急「しらさぎ」の編成に合わせたものとなっている。

普段は山科駅から湖西線を経由して敦賀駅以東へ向かうが、琵琶湖西岸地域特有の強風で湖西線を経由出来ない時は東海道本線(琵琶湖線)・米原駅経由のルートを通り迂回する。

停車駅

()内の駅は一部列車が停車。


使用車両

  • 485系/583系:雷鳥時代に使用された車両。2001年までJR東日本の485系車両が新潟雷鳥で充当されていた。
  • 681系/683系:現在使用されている車両。現在は基本的に全列車9両編成で運転され、多客期に3両を増結して12両編成になる。和倉温泉発着列車は金沢~和倉温泉間は6両編成で運転し、金沢で増解結を行う。


683系0番台:6両固定編成と3両固定編成が6本ずつ。吹田総合車両所京都支所所属。
683系2000番台:3両固定編成が4本。金沢総合車両所所属。12両編成のための増結用。
683系4000番台:9両固定編成が12本。金沢総合車両所所属。
681系1000番台:先行試作車。6両固定編成1本。吹田総合車両所京都支所所属。
681系0番台:3両固定編成のみ配属。吹田総合車両所京都支所所属が1本、金沢総合車両所所属が3本。後者は12両編成のための増結用。

関連タグ

JR西日本
白鳥/日本海(列車):かつて大阪と青森を結んでいた特急。
しらさぎ/ひだ名古屋と金沢/富山を結ぶ特急
北越 金沢と新潟を結ぶ特急、かつては大阪―新潟間の特急列車にも使われており、後に雷鳥化されている。 
はくたか:金沢と越後湯沢を結ぶ特急→北陸新幹線(停車タイプ)
つるぎ:2015年以降、金沢と富山を結ぶ新幹線(シャトル便)。
しらゆき:同じく新潟県西部を走行する特急列車。
ダイナスター:同じく金沢と福井を結ぶ特急列車。
能登かがり火:同じく金沢と和倉温泉を結ぶ特急列車。

サンダーバード(怪鳥) 列車名の由来となったアメリカ原住民の伝説上の鳥
THUNDERBIRDS(英国国際救助隊ドラマ) 列車登場時、本当にCMで起用する。そのため名前の由来と勘違いされがちである

pixivに投稿された作品 pixivで「サンダーバード(列車)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4491

コメント