ピクシブ百科事典

ザク

ざく

ザクとは、『機動戦士ガンダム』をはじめとする「ガンダムシリーズ」に登場したモビルスーツ。およびそのバリエーション・総称である。
目次[非表示]

ザクとは?

アニメ機動戦士ガンダムの第1話冒頭より登場し、同作の主役機であるガンダムと知名度を二分するモビルスーツ
通常ガンダムシリーズ関連の書籍などで「ザク」と指す場合は、作中で最初に登場した「量産型ザク」ことザクⅡを指すことが多い。設定上の公式の歴史においてはいわゆる旧ザクことザクⅠが最初の「ザク」として登場している。いわゆる無印の初代ガンダムではこの2機種(とシャア専用ザク)しか登場しなかったが、後継作品や外伝、MSVなどで様々な種類、形態の「ザク」の名前を冠したMSが登場することになる。

本項目ではザクの系譜に属する機体を紹介する。

ザクⅠ

鋼の狂戦士


ジオン公国初の軍事用量産型MS。後継のザクⅡと共に、生産された殆どの機体が一年戦争に参加している。ベテランパイロットの中には、ア・バオア・クー戦でも本機を使用していた者がいる。

派生機


ザクⅡ

一つ目の巨神


ジオン公国軍の主力MSにして、ガンダムシリーズで最も知られた量産機。近年ではジオン公国視点の漫画・映像作品が多く存在するため、主役機として登場することも多い。バリエーションや派生機が膨大に存在する事が本機の汎用性を象徴している。

派生機・バリエーション


ハイザック

ハイザック


アナハイム・エレクトロニクス社が開発した初の量産型MS。ザクⅡF2型をベースに連邦系の技術を組み込んでいる。結果的に中途半端な機体になってしまったが、マイルドな操作性と使い勝手の良さから現場での評価は高く、グリプス戦役ではティターンズが主力機の1つとして運用した。

派生機・バリエーション


ザクⅢ

AMX-011 ザクⅢ


ネオ・ジオン軍の開発したMS。本機の開発経緯はアクシズの技術者達がハイザックをザクⅡの後継機として認めなかったためだとか。主力機の座をドーベン・ウルフに譲ってはいるがある程度の数が量産されている。ちなみに標準装備は全部ビーム兵器。

バリエーション


ギラ・ドーガ

AMS-119 ギラ・ドーガ


アナハイム・エレクトロニクス社がマラサイをベースにして開発した機体。ザクⅡに勝るとも劣らない高い拡張性を持っており、シャア・アズナブル率いる新生ネオ・ジオン軍が主力量産機として運用した。

後継機


その他


ザクに相当するMS

外部サイト

相模屋食料(群馬県)/ザク豆腐
キャッチフレーズは「見せてもらおうか、相模屋食料の「ザク豆腐」の性能とやらを」
byシャア・アズナブル(CV:池田秀一
量産型なのに生産が追いつかないほど人気らしい。

関連項目

ガンダム モビルスーツ 機動戦士ガンダム 宇宙世紀
モノアイ
3月9日 ザクの日 ザコ デクー

pixivに投稿された作品 pixivで「ザク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3378384

コメント