ピクシブ百科事典

ザンボラー

ざんぼらー

円谷プロの巨大ヒーロー物の特撮番組『ウルトラマン』に登場した怪獣。
目次[非表示]

概要

身長40m
体重2万t
攻撃熱光線

ウルトラマン』32話『果てしなき逆襲』に登場。種別は灼熱怪獣

鎌倉近辺に登場。工場建設のために自分の住処まで破壊されたことに怒って出てきて暴れだした。背中にあるに角と突起から赤い閃光ともに発する熱光線で火事を起こしたり、化学工場を破壊、撃退に出動した戦車も破壊した。10万℃という体温のため科特隊の冷凍弾も大した効果がなかった。また、熱光線でウルトラマンに対して優位に立つも投げ飛ばされて気絶し、スペシウム光線を当てられて倒された。

…しかし、10万度の熱を放つザンボラーに乗っかって殴りまくることが出来るウルトラマンの股間は、どこまで頑丈なんだろうか。ただし、これはスチール写真のみ確認できる描写であり、実際の映像ではウルトラマンがザンボラーに乗っかる描写は無い。



パワード版

身長87m
体重7万t
攻撃常時発動の高熱


灼熱怪獣の日常


ウルトラマンパワード』第7話「灼熱の復讐」に登場。
人間の自然破壊に怒り出現。余りの高熱のため、ミサイルは当たる前に溶け去り、レーザーやウルトラマンの必殺光線すらも曲がって当たらず、「近づいただけで即死する」とまで言わしめるほどの大被害をもたらした。
最後はウルトラマンパワードのテレパシーにより説得され、おとなしくなって帰って行った。

その後の活躍

ウルトラマンティガ・ストライク対ザンボラー(story0版)


漫画『ウルトラマンSTORY0』では、若い頃のウルトラマンタロウの前に立ち塞がる強敵として登場。体格はタロウの何倍もあり、文字通り山のような巨体を持つ。無暗やたらにから吐く火山弾で周囲を破壊しつくす暴れん坊で、原作のような自然保護思想などカケラも存在しない。自分を庇って死んだたちを見ての尊さを学んだタロウのストリウム光線を受けてに大穴を開けられ、宇宙まで運ばれてウルトラダイナマイトで粉砕された。

関連タグ

ウルトラマン ウルトラ怪獣 ソドム

pixivに投稿された作品 pixivで「ザンボラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9599

コメント