ピクシブ百科事典

ザ・フラッシュ

ざふらっしゅ

ザ・フラッシュ(The Flash)とはDCコミックスが刊行するアメコミシリーズであり、またそれに登場するヒーローである。表記揺れで「フラッシュ」とも。
目次[非表示]

概要

ゴールデンエイジ(戦前~戦中)から登場する「世界最速のヒーロー」。グリーンランタンと同じく複数名存在する。2代目と3代目はスーパーマンバットマンらと共にヒーローチームであるジャスティスリーグ(The Justice League of America)にも所属。

能力

世界最速のヒーローの異名通り高速で移動する事が出来るが、実際の能力はスピードフォースと呼ばれる運動エネルギーで満たされた異次元空間にアクセスし、力を操作する事である。おそるべくはその能力の広範囲さであり、高速移動から物質通過・透明化・竜巻発生・細胞活性化による治癒・高速振動による人間チェーンソー・果ては並行世界=マルチバース突破から時間移動まで何でもやってのける。ただし、不慮の事故や予想外の出来事には身体そのものは常人な事もあって非常に弱い。足を引っ掛けてこける事もある。

主な登場人物


初代フラッシュ ジェイ・ギャリック
キーストーンシティのミッドウェスタン大学に進学し化学と医学を専攻。希元素ハードウォーターの研究の休憩時にタバコを吸おうとするが、揮発していたハード・ウォーターの蒸気を吸い込んでしまう。一週間後、意識を取り戻ししたギャリックは自身が非常な高速で移動できる能力を得ていることを発見した。

第一次世界大戦で父親が使用していた鉄兜にマーキュリーをイメージした羽根がついている。

地上最速の男


2代目以降と違い、一発で分かる見た目。


後にスピードフォースとは無関係に超速度で走る事が出来る能力の持ち主だと判明した

初代グリーンランタンのアラン・スコットとは長い付き合い

2代目フラッシュ バリー・アレン
セントラルシティの科学捜査官。雷とそれに感電した薬液に直撃した事でスピードフォースに接触する力を得た。コミックで読んだジェイの活躍に憧れ「フラッシュ」と名乗る事に。後に次元の壁を越え、そのジェイ本人と共演を果たす。2代目グリーンランタンのハル・ジョーダンとは公私に渡る友人で、ジャスティス・リーグの創設メンバー。

一大イベント「クライシス・オン・インファナイト・アースズ」でアンチモニターの反物質砲を破壊するために光速で回転して破壊するも、コスチュームを残しスピードフォースに取り込まれる(世間的には死亡したと認識された)…が、インフィニットクライシス4話でスーパーボーイプライムを押さえる際に再登場。ファイナルクライシス少し前にスピードフォースから復活する。

2011年の「NEW52」以降のフラッシュも彼が務める。


3代目フラッシュ ウォリー・ウェスト
2代目フラッシュであるバリー・アレンの妻:アイリスの甥っ子。叔父さんと同じく雷とそれに感電した薬液に直撃した事でスピードフォースに接触する力を得た。その後、バリーのサイドキックキッドフラッシュとして活躍したが、クライシスにて死亡したバリーの後を継ぎ、3代目フラッシュとなる。ゼロ・アワー、インフィニットクライシスでは限界速度を突破し消滅したがバートの死後、リージョン達の避雷針棒と魔法で現世に帰還した。

後にジャスティス・リーグに参加。
原作コミックでは5代目グリーンランタンのカイル、
アニメの「ジャスティスリーグ」では3代目のジョン・スチュワートとよく組む。
さらに詳しい事はキッドフラッシュの項へ

もう一人のウォリー

黒人ハーフの少年、New52にて初登場、後に起こる「DCユニバース:リバース」にてキッドフラッシュとして覚醒する事となる。
詳しくはキッドフラッシュの項へ。



4代目フラッシュ バート・アレン
2代目フラッシュであるバリー・アレンの孫。30世紀生まれ。インパルス→2代目キッドフラッシュを経て4代目フラッシュの名をインフィニットクライシス後に継ぐが、独立シリーズの人気が出ず1年で死亡。現在は帰還。

ヴィラン

Got you !!


ローグス:フラッシュ打倒のために結成された読者から「フラッシュファンクラブ」と揶揄されるヴィランチーム。各自の能力は凄いんだが、対フラッシュに傾けてる時点でもうアレな気がする。

キャプテンコールド
リーダー。スピードスターの動きを遅くできる新兵器を作ろうとし、完成したのがヒエヒエガン=冷凍光線銃だった。さらに腕っぷしも強い。ちなみにバットマンのヴィラン:ミスター・フリーズと間違えられるのが大嫌いだが、あっちは科学者でこっちはプロの犯罪者。

ヒートウェーブ
手製のハイテクヒートガンと保温性の高い耐熱素材のスーツを着た炎系ヴィラン。

ウェザーウィザード
「ウェザーワンド(杖)」と呼ばれるアイテムを使って、あらゆる気象を操る。ミュータントヒロインこの人と能力丸被りとか言うな。

ミラーマスター
名前の通り鏡を操る。しかし、その幅は広く、分身・テレポート(脱獄)・巨大化と様々。

トリックスター
高所恐怖症の曲芸師が、自ら作り上げた「空飛ぶ靴」を用いて犯罪者になった。やってる事がジョーカーと似てるが、残虐性はない。余談だが、アニメでジョーカーの声を担当したマーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)が実写ドラマ版で演じており、妙な繋がりがあり、リブート版でも同役でマーク・ハミルが出演する。

パイドパイパー
聴力を回復した聴覚障碍者だったが、音の魅力に取り付かれ、音の研究に没頭。やがて音楽で人を操る術を身に着けた。刺激を求めて犯罪者となる。


キャプテンブーメラン
フラッシュの古参ヴィラン。名前の通り、ブーメランの扱いを得意とする。「アイデンティティ・クライシス」の際、三代目ロビンの父と相打ちになって死亡。
2016年公開の映画『スーサイド・スクワッド』にもチームの主要メンバーの1人として登場。ジェイ・コートニーが演じた(吹替江川央生が担当)。

キャプテン・ブーメラン(二代目)
初代の隠し子。
4代目フラッシュであるバートの異父兄弟であり、スピードフォースに接触する事も出来る。

アブラカタブラ
マジックが廃れた64世紀からやって来た未来人。64世紀の科学力を駆使してマジックに見せかけた犯罪を行う。

ゴリラ・グロッド
アフリカの秘境:ゴリラシティ出身の悪の天才ゴリラ。強力なサイキック能力者。ゴリラシティのゴリラは皆、喋れる。某所の「ゴリラ光線」の画像にて一部で有名になった。

プロフェッサー・ズーム
フラッシュと同じくスピードフォースを操るヴィランで、「反転したフラッシュ=リバース・フラッシュ」と言うべき存在。黄色のコスチュームに赤い稲妻ラインが特徴。大まかに分けて、初代と2代目がいる。

初代:イオバード・ソーン
スピードフォースの研究をしていた25世紀の科学者で、バリーがフラッシュになった現象を再現して同じ力を手に入れる。時間を遡りバリーが子供の頃から数々の嫌がらせを行ってきた。

2代目:ハンター・ゾロモン
こちらは三代目のウォリーが活躍してた時期に活動していた。元々はキーストーンシティ警察の職員だったが、ある事件により時間に接触する。これによって時間を操作する事で高速行動する(様に見せかけているだけ)が可能になったゾロモンは新たなプロフェッサー・ズームへと変貌した。そして、初代同様に三代目フラッシュ=ウォリーに嫌がらせを開始する。


大長編『フラッシュポイント』


あらすじ
ある日、2代目フラッシュことバリーアレンが目覚めるとビックリ!
死んだはずの母親が仕事にたずねてきたことを境に自分の世界がかわってしまった事実に気がつく?

スーパーマンではなくサイボーグが鋼の男・愛国ヒーローに、
バットマンはゴッサムの守護者でなくラスベガスの用心棒に。さらにその正体に驚愕!
一変してしまった世界改変の原因とは?

『NEW 52』へとつながる、DCコミックス設定の組み立て直しイベント。いわゆるリライト(再構築)

2011年、創立76年目に突入したDCコミックスが展開したクロスオーバー大作が早くも邦訳!
日本のアメコミファンを驚かせた大作。

さらに原書を購入したファンには、翌年2012年にて
早々の翻訳出版というファンの方々にショックを与えてくれた(笑)

翻訳タイトル
『フラッシュポイント』本編(ヴィレッジブックス出版)
『フラッシュポイント:バットマン』(同時収録「プロジェクト・スーパーマン」「エンペラーアクアマン」)



登場作品

映像作品
『Justice League』
2001~2006年に放映されたアニメ作品。当時の設定にならい、3代目のウォリーが登場。

ティーンタイタンズGo!
パフィーが主題歌を熱唱してくれたカートゥーンアニメ。キッドフラッシュがチョイ役で登場

ヤングジャスティス
2011年から放送されたアニメ作品。ウォリーがキッドフラッシュ、バートがインパルスとして登場。

「超音速ヒーロー ザ・フラッシュ」
1990年代に放送されたテレビドラマ。2代目のバリーが主役。

「THE FLASH/フラッシュ」
2014年の秋から放送がスタートしたドラマ。同局で放送しているドラマ「ARROW」のスピンオフ。こちらも2代目のバリーが主役。また、上記の旧ドラマ版の主演俳優がバリーの父親役として出演したり、同ドラマ版でトリックスターを演じたマーク・ハミルが同じ配役で登場するなどのオマージュも。「スーパーガール」にもゲスト出演する。

バットマンVSスーパーマン
レックス・ルーサーが密かに調査を進めていた、超人的な能力を持つ人類:メタ・ヒューマンの1人として記録映像に登場。設定によると、やはり2代目のバリーである模様。
コンビニ(?)へ買い物に出向いた際、強盗事件に出くわし、持ち前の高速移動能力を駆使して強盗を現行犯逮捕する活躍を上げている様子が映像に残されていた。
演じたのは、エズラ・ミラー。吹き替え小林親弘が担当した。

スーサイド・スクワッド
チョイ役で登場。
お馴染みのコスチューム姿で現れ、宝石泥棒を働いたキャプテン・ブーメランを捕まえる活躍を見せた。
演じたのは、「BvS」と同じくエズラ・ミラー。

「ザ・フラッシュ」
2018年公開予定。
上記の「BvsS」とは世界観を共有しており、バリー役も同じくエズラ・ミラーが担当する予定。

ゲームでの活躍

カートゥーンネットワーク公式サイトのゲーム『ジャスティスリーグ モングルの復讐』では、STGで言うボム扱いとなっており、全画面攻撃である。メガクラッシュを想像していただけると分かりやすい。


関連タグ

DCコミック FLASH TheFlash

pixivに投稿された作品 pixivで「ザ・フラッシュ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 121263

コメント