ピクシブ百科事典

シオンタウン

たましいのねむるまち

任天堂の育成RPG『ポケットモンスター【赤・緑】』に登場する町のひとつ。 ポケモンを供養する「ポケモンタワー」が存在し、発生するイベントの内容もホラーテイストで物悲しいことに定評がある。 初代ポケモン屈指のトラウマスポット。
目次[非表示]

女の子「あなた ゆうれいは いると おもう?」

 はい
→いいえ

女の子「あはは そうよね!

    あなたの みぎかたに
    しろい てが おかれてる なんて
    ……あたしの みまちがいよね」

概要(第1世代、ファイアレッド リーフグリーン)

カントー地方にある街。やっとこさ苦労してハナダシティからイワヤマトンネルを抜け到着した街は、やたらとBGMが暗い。そしてそこの住人の会話やイベントがやたらと恐ろしい事に定評がある。そのおかげで第1世代をプレイした人の大半はトラウマとして残ってしまっている。
(尤も、トラウマの大半は後述する「アレ」にあるのだが)

BGMが暗くて怖いのでゲームボーイ本体のBGMのボリュームをミュートにする、自転車に乗るなどしていた人が多いのではないだろうか。なお、リメイクでもGBAっぽいアレンジがされつつも不穏さは健在。
あのNの部屋がかわいく思えるほどといっても過言ではない。おや、誰か部屋に入ってきたようだ……。

タチサレ・・・タチサレ・・・・・・

この町のイベントといえば、ダンジョン「ポケモンタワー」のイベントの数々。
該当記事参照。

概要(第2世代、ハートゴールド ソウルシルバー)

シオンタウンは健在。しかし、3年後なのでいろいろ変わっている。そして何よりトラウマ要素はなくなった。
まずはポケモンタワーがラジオ塔に改築。コガネシティのロケット団占領事件をきっかけに警備が強化されているため、1階しか見れない。
しかし元々墓場だったあそこをラジオ塔として使うなんて…………大丈夫なのだろうか。
そしてポケモンタワー改築に伴い「たましいのいえ」が新設。ここではフジ老人からポケギアのチャンネル「ポケモンのふえ」をくれる。
たましいのいえは言うまでもなく慰霊施設。しかしロケット団の壊滅とカラカラの母親の成仏もあってトラウマ要素はないので安心してほしい。

ちなみにBGMも明るくアレンジされているが、HGSSの場合はイントロのみが非常に不穏なアレンジになっている。

ポケットモンスターTHE ORIGINでのシオンタウン

「ポケットモンスター赤緑の世界を再現」と言うコンセプトの元、このシオンタウンイベントも登場した。
ちなみに今作ではグリーンも少しポケモンタワー占領事件に関与しているため、「おまえのポケモン」云々は削除されている。
ガラガラの幽霊が「タチサレ」と言っているのは「上の階にはロケット団がいて危ないから、上に行ってはいけない」と警告だったことが判明する。
この後ゲームではシルフスコープで正体がわかり、主人公とバトルするのだが、今作では駆け付けたカラカラと再会し、カラカラやレッド達に見守られながら昇天すると言う形になっている。ちなみにゲームのような姿ではなく、人魂のような姿で登場する。
しかし、ORIGINで最も恐ろしいシーンはシオンタウンに到着したレッドの前で二人の男女がポケモンタワーに現れる幽霊の噂を話し始め、女性がゲーム版と同じく「幽霊はいると思う?」と同じ質問して、これまたゲームと同じくレッドが居ないと答えると、女性がゲームの中のいいえと同じ台詞を話し、それに釣られてレッドが振り返り、再び正面を向くとそこに居たはずの男女二人が忽然と姿を消していた事であろう。

関連項目

・キャラクター
フジ老人
カラカラ ガラガラ

・ポケモン・ゲーム関連
ポケモン
ゴース 努力値稼ぎのために狩られることがある
ゆうれい ポケモンタワーに出てくる「やつ」の詳細。
みんなのトラウマ 言うまでもない。
黒い任天堂 こちらも言うまでもなく。

・トラウマスポットつながり
もりのようかん 「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ」にあるマップ。怖いだけでなくポケモンタワーのように劇中にはっきりとした設定がない(仄めかされているだけ)故に、恐怖に拍車をかけている。
Nの部屋 「ポケットモンスター ブラック・ホワイト」の最終ダンジョン「Nのしろ」にある部屋。幽霊関連の出来事はないものの、オカルトよりも怖い設定が暗示されていたりする為、別の意味でプレイヤーから恐れられている。

pixivに投稿された作品 pixivで「シオンタウン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 205034

コメント