ピクシブ百科事典

シスタージル

しすたーじる

「キューティーハニー」に登場する、悪の組織「パンサークロー」に所属する、ハニーの宿敵。
目次[非表示]

概要

アマゾンに本部を置くパンサークロー日本支部長で、空中元素固定装置奪還作戦の実質的な指揮官。空中元素固定装置を奪うために如月ハニーの生みの親である如月博士を殺しただけでなく、ハニーの親友夏子をも火だるまにして焼き殺した、まさにハニーにとっては憎むべき仇敵である。

原作版

永井豪原作版では、正体はそのものであり、パンサーゾラ曰く「ペット」。
この頃から、空中元素固定装置の不調でフルヌードになってしまったハニーを見て、「あたしレズの気あったのかしら?」と呟いている。

『SPA!』連載版では設定が変わり、「異次元から襲来した生命体」になった。巨大化、分裂、身体を両断されても死なないなど、魔性の者となっている。この作品では最初(つまり結成時)からパンサークローの首領で、ゾラは「異次元の邪神」という設定になった。
『SPA!』版以降はハニーに執着し、またセクシーシーンも多くなる。

『天女伝説』

実質的なパンサークロー側の主人公扱いとなっている。そしてかなりのツンデレ
相変わらずハニーのことが好きで、とある事件をきっかけにハニーへの愛を自覚するようになる(のだが、本人は頑ななまでに認めていない)。


2度の死を経て復活した今作では再びパンサークローの大幹部との設定で、また派閥争いを繰り広げる複数の女幹部がいる。その中でもシスター・マーメドゥーサが最大のライバルで、ソラの命によりしばらく更迭の憂き目に遭い、その間は”黒キュー”ことキラークロウを早見探偵事務所に内偵させていた。
…のだが、キラークロウは何故かパンサークローであるにも関わらずハニーに感化され、善の心を宿していった。この事が彼女の与り知らぬ所で思わぬ結果をもたらすことになる。

最終章にて、ハニーと決着を着けるべくパンサークローから脱退。
マーメドゥーサを始末(その為、実質的にハニーを助けたことにもなる)し、ハニーと最後の戦いを繰り広げるが…生死は不明となっている。

ハニーとの長年の宿敵関係の中で、それが愛の感情なのかは不明だが、彼女自身も何かが変わっていった事だけは確かなようである。
キラークロウの存在も、ジルの心境の変化を表しているのかもしれない。


アニメ

『無印』

アニメではパンサーゾラの妹でパンサークローの魔女でもある。
ゾラを「お姉様」と呼び、パンサー達を「私の友人」と呼んでいる。また、自らも電磁ムチを武器として戦い、極めて戦闘能力は高い。
ダイナマイトクローの体内に彼女自身にも秘密で爆薬を仕込み、爆殺する事で聖チャペル学園を灰燼に帰すという冷酷非情な行為も平然と行う。
最終回、空中元素固定装置をフル稼働させた「ハニー・スペシャル」で作り出された宝石類に夢中になり、ハニービームで破壊され崩れ落ちてきた像の下敷きとなり絶命した。

『F』

パンサーゾラの娘で、『黄昏のプリンス』ことプリンス・ゼラとは姉弟。通常の鞭を武器とする。
かつて早見青児の父・早見勇人を殺した張本人であり、青児にとっては父の仇である。
アニメでは後にハニーが如月猛の娘であり、彼女が空中元素固定装置を持っていたことを知ってからは彼女を直接狙うようになり、一度はハニーとの対決で敗れ去り、後にミスティーハニーに処刑されるが23話で復活。世界各地から豹の爪の精鋭を集めて「新パンサー軍団」を結成し、ハニーの空中元素固定装置を狙う。
その際、服装も変わり、帯を武器とするようになった。ハニーとゾラの最終決戦の際、ゾラに取り込まれ消滅したかに見えたが、ゾラ消滅と同時に三度復活。
最終回で首領となり、青児との結婚式を挙げようとしていたハニーを襲撃し、ハニーの娘聖羅を人質にとって戦いを挑み、ハニーを追い詰めたが、聖羅の声援を受けて再び立ち上がりハイパーハニーに変身したハニーに倒され、完全に消滅した。
漫画版では、ミスティーハニーの妨害でハニーに敗れ、実弟に処刑される。

関連タグ

キューティーハニー パンサークロー パンサーゾラ

pixivに投稿された作品 pixivで「シスタージル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 117048

コメント