ピクシブ百科事典

シビルドン

しびるどん

ゲーム「ポケットモンスター」に登場するポケモンの一体。『デンゲキニンテンドーDS』の注目株。
目次[非表示]

シビルドンとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)である。

基礎データ

ずかん No.604
英語名 Eelektross
ぶんるい でんきうおポケモン
タイプ でんき
たかさ 2.1m
おもさ 80.5kg
とくせい ふゆう


進化


シビのぼり



シビシラスシビビール(レベル39) → シビルドン(「かみなりのいし」を使用)

概要

『ポケットモンスター ブラックホワイト』(第5世代)に初登場したポケモン。

シビルドン



外見やでんきタイプであることから、モチーフはヤツメウナギデンキウナギだろう。
魚型のデザインからみずタイプが入っていると思われがちだが、でんきタイプ単色である。
体が細長いのみならず、同じく電気タイプで水中移動可能である。

なお、「かみなりのいし」で進化するポケモンとしては、第一世代のサンダースとライチュウ以来14年ぶりの登場となる。

トレーナー戦ではゲーチスシロナなどの強敵が使用する。

性能面

素早さはデンリュウを下回る鈍足だが、攻撃・特攻ともに高く、二刀としても育成できる。
単電気なのに特性がふゆう。電気唯一の弱点の地面技が無効となっており、特性を無効化させなければ弱点をつくことができないというポケモン。
因みにボールから出た時には、明らかに地面に足が付いているのに「ふゆう」である。初見で騙されたトレーナーは多いだろう。

しかし、最近は特性「かたやぶり」を持つ強力なじしん使いが増えてきた事もあるので、油断していると痛い目を見ることになる。
弱点を突かれなくても、元々半減タイプが少なめな上に耐久種族値は中途半端なので、強力なアタッカー相手にはあっさりやられてしまう事も多い。
発売初期こそシャンデラヒヒダルマと同じく能力で話題を呼んだポケモンだったが、「(全国戦では)言うほど凶悪でも無い」という事から彼ら(彼女ら)と同じように埋もれて行く事になる。

とは言え、WCS2011(イッシュダブル)ルールでは飛行タイプの技を半減できるタイプのポケモンにはマイナーな物が多く、その中で耐久もそれなりで飛行技を半減できるシビルドンに一時期注目が集まったりもしていた。
鈍足なのでトリックルームとの相性も良いのも利点。

早い段階でシビルドンに進化させてしまっても、攻撃技の殆どは技マシンで補強できるので安心、というよりは技マシンがないと強さを発揮できない。
覚える技タイプのレパートリーもシビビールの頃に比べてかなり多くなり、他の同タイプのポケモンとは一線を画す。

タイプ一致は物理と特殊が両方長けており、電気タイプ定番の「かみなり」「ワイルドボルト」「10まんボルト」「ボルトチェンジ」が使える。
サブウェポンとしては、技マシンだけでも、物理で「ドラゴンクロー」「かみくだく」「かわらわり」「いわなだれ」「とんぼがえり」「アクロバット」、特殊は「かえんほうしゃ」「くさむすび」「ラスターカノン」などがある。
サポート技も含めれば特防2段階ダウンの「アシッドボム」のほか、でんきタイプお馴染の「でんじは」、強制交代の「ドラゴンテール」「ほえる」、特防補強の「ひかりのかべ」と混乱させる「いばる」、積み技の「とぐろをまく」が使用でき、コイツとはまた違った意味でなかなか技の読みにくいポケモンになっている。

続くBW2では、教え技によって「ばかぢから」「ギガドレイン」「ドレインパンチ」などを使えるまでになり、さらには単電気タイプポケモンとして初めて、水タイプ技「アクアテール」を使えるようになった。これにより、技のレパートリーはさらに増え、タマゴ技がないことを除けばニドキングに迫るほどの器用なポケモンへと進化した。

ダブル・トリプルバトルではふゆうの特性からかたやぶりを持たないじしん持ちの物理アタッカーと相性が良い。
特にドリュウズガブリアスグライオンと非常に相性が良く相互の弱点を補う事が可能になる。

アニメのシビルドン

BW編48話でサブウェイマスター・クダリの手持ちポケモンとして初登場。声は渡辺明乃が担当。
サトシのピカチュウなどのポケモンを連れ去った列車を追跡するため、「ほうでん」でサブウェイマスターやサトシたちを乗せたトロッコをスピードアップさせた。
ライモンシティからカナワタウンまでの長時間ほうでんを続けるという、一見地味ながらも規格外のスペックを見せつけてくれた。
さすがはサブブウェイマスターのパートナーである。

主な使用ポケモントレーナー

クダリ 
ゲーチス シロナ
ヒュウ(BW2)

うなぎいいよね


カミツレ(BW2・PWT)



余談

余談だがカプコンが発売している某狩猟ゲームに登場するコイツに凄く似た容姿を持つ、行動がやらしいモンスターがいるせいか、シビルドンをそいつに置き変えた画像も出回っている。

また、第五世代のドットイラストでは体の前半分を持ち上げて地面に立っていたのに対し、第六世代の3DCGでは体を伸ばした状態で浮遊していると、ビジュアル面での変化が著しい。
ただしポケパルレでは第五世代でお馴染みだった立ち姿を見せてくれる。

BW劇場版第1作では元ネタが魚類のためか、シビシラス、シビビールと一緒に海を泳いでいたが、原典では洞窟に出現するし、なみのりを覚えない!同世代の魚モチーフで水タイプではないやつはなみのりを覚えるのに!
まあ、設定がお飾りのヤツなんて前例があるが。

関連イラスト

シビルドン!!



関連タグ

ポケモン一覧 でんきタイプ
ヴォルティール・ビブリーオ:外見似ている電気タイプ。共通点多数

pixivに投稿された作品 pixivで「シビルドン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 954841

コメント