ピクシブ百科事典

シャイニングドリーム

しゃいにんぐどりーむ

劇場版「YES!プリキュア5GoGo!」に登場したキュアドリームの強化形態。
目次[非表示]

「想いを咲かせる奇跡の光!シャイニングドリーム!」

概要

映画『YES!プリキュア5GoGo!お菓子の国のハッピーバースディ♪』で登場したキュアドリームのパワーアップフォーム。

それまでの映画でもスーパープリキュアとしてパワーアップフォームは登場していたが、それらは基本的なコスチュームにパーツを少しくっつけたようなものであり、キャラクターの印象を大きく変えるものではなかった。しかしシャイニングドリームはモチーフそのものがキュアドリームとは異なっており、全くの別デザインといっていい(キュアドリームは「薔薇」、シャイニングドリームは「天使」をモチーフとしている)。強化形態への二段変身で大規模なフォームチェンジを行った初の例である。
(これ以前でも、『ふたりはプリキュアSplash☆Star』におけるキュアブライトキュアウィンディへのフォームチェンジはさらに過激に外見変化していたが、これらは「今までとは全く別のプリキュア」に変化するものだったのに対して、シャイニングドリームの場合はキュアドリームの純然たる強化形態である)

変身には、劇場にいる良い子達と、大勢のミラクルライトによる応援が必要。
なので、TV本編には登場しない。『Yes!プリキュア5GoGo!』の最後の敵である「館長」を倒す時には使えなかったのである。
(代わりにミルキィローズと仲間たちの最終奥義の合体技で対処した。)
後の映画『プリキュアオールスターズDX2』『プリキュアオールスターズDX3』でもキュアドリームのレインボー化として登場した。

初登場した映画『お菓子の国』では、ムシバーン相手にシャイニングドリームの姿で剣での戦いを見せている。
プリキュアシリーズで剣戟アクションは珍しいので必見である。

映画『お菓子の国』からは6年に渡ってプリキュアの単独映画作品でパワーアップフォームになれるのはメイン主人公のみという状況が途切れずに続いた。この点も『プリキュア5』がピンクチームという概念を作り出した中興の祖であることがわかる。
(※「単独映画作品」とは、プリキュアオールスターズではなく、TVシリーズの映画版という意味)

関連イラスト

思いを咲かせる奇跡の光!
想いを咲かせる奇跡の光!
輝く希望
想いを咲かせる奇跡の光!



関連タグ

プリキュア5 夢原のぞみ キュアドリーム ダークドリーム スターライトフルーレ
お菓子の国のハッピーバースディ

サジタリアス星矢

pixivに投稿された作品 pixivで「シャイニングドリーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 186831

コメント