ピクシブ百科事典

シャクシャインの戦い

しゃくしゃいんのたたかい

アイヌ民族最大蜂起

概要

1669年6月北海道日高のシベチャリのチャシを拠点に起きたアイヌ民族最大の蜂起である。
発端となったのは、後のこの戦いの主導者であるシャクシャインに、首長オニビシを殺された民族『シュムクル』の人々が松前藩庁に武器の提供を希望したが藩側に拒否されたことや、民族『サル』の首長ウタフが帰路に疱瘡にかかり死亡し、この知らせをアイヌ人は「松前藩による毒殺」と間違った誤報が流布されたこととされる。
これらによりアイヌ民族は松前藩、ひいては和人に対する敵対感情を一層強めたこととされ、この戦いのきっかけになったとされている。

外部リンク

シャクシャインの戦い - Wikipedia

コメント