ピクシブ百科事典

シャマシュ

しゃましゅ

シャマシュ(Shamash, šamaš) は、メソポタミアの太陽神。
目次[非表示]

誘導分岐

  1. メソポタミアの太陽神。
  2. シャーマンキングのキャラクターであるアイアンメイデン・ジャンヌの持霊。
  3. 百神の登場キャラクター。


1の概要

シャマシュ(Shamash, šamaš) は、メソポタミアの太陽神。
シュメール語ではウトゥ(Ud)と呼ばれる。
シャマシュはアッカド語で「太陽」、ウトゥはシュメール語で「太陽」または「日」の意。

イシュタル(シュメール名:イナンナ)とは双子の兄妹。
イシュタルの姉に当たるエレシュキガルとも兄妹であるが、双子ではない。
配偶神はアッカドにおける暁の女神アヤ、女祭事(神官)はギルガメシュの母であるニンスン(英語版)。

シャマシュは各神話においても太陽神として描かれ、『ルガルバンダ叙事詩』や『エタナ物語』、ウトナピシュティムの『大洪水伝説』、『イナンナの冥界下り』など複数の物語に登場するが、メソポタミア神話全体で見ればさほど目立つ存在ではない。

その活躍は書版によってある程度まで加減されているが、シャマシュについて最も多く言及されているのは『ギルガメシュ叙事詩』1つに限られる。
主人公を助けるという重要な役として度々登場し、それは同じ立ち位置である『エタナ物語』よりも大胆に描かれている。

1の関連タグ

メソポタミア神話 ギルガメシュ叙事詩
太陽 正義 冥界 占い

2の概要

シャマシュでしゅ。


アイアンメイデン・ジャンヌの持霊。古代バビロンで信仰されていた太陽と正義の神。かつて人類にハンムラビ法典を授けたとされている。神殿跡に建つ教会に封じられていたところを、聖地巡礼中に発見したラキスト・ラッソが封印を解きアイアンメイデン・ジャンヌに授けた。

2の関連タグ

シャーマンキング
アイアンメイデン・ジャンヌ

pixivに投稿された作品 pixivで「シャマシュ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6238

コメント