ピクシブ百科事典

シャルロット・エレーヌ・オルレアン

しゃるろっとえれーぬおるれあん

この項目には小説『ゼロの使い魔』のネタバレが含まれます。
目次[非表示]

ネタバレをしてもよい方のみ、下線の下へスクロールさせてください。
----

















概要

シャルロット・エレーヌ・オルレアンとは、小説『ゼロの使い魔』の登場人物であるタバサの本名。

学院では一学生として振る舞っているが、その正体はガリアの王族にして非公式工作員の一人。
父は王弟であるオルレアン公シャルル。
現ガリア王ジョゼフは伯父にあたる。
父シャルルをジョゼフによって暗殺された上、母もエルフの毒を盛られ心を壊されている。
その後は母を人質同然に軟禁され、ジョゼフの娘イザベラの配下「北花壇騎士団」の一員とされて危険な任務で使い潰されようとしている。
任務を黙々とこなしつつも、シャルロットは母の救出とジョゼフへの復讐の機会を狙っていた。

狂った母はシャルロットの持っていた人形「タバサ」をシャルロットと認識するようになってしまったため、彼女は逆に人形につけた名前の「タバサ」を名乗るようになった。

関連イラスト

イジる ただ イジる



関連タグ

ゼロの使い魔

pixivに投稿された作品 pixivで「シャルロット・エレーヌ・オルレアン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7044

コメント