ピクシブ百科事典

シュドナイ

しゅどない

シュドナイはライトノベル「灼眼のシャナ」のキャラクター

声・三宅健太

徒の組織『仮面舞踏会』に所属する強大な”紅世の王”。炎の色は濁った紫。かつての通名は「蚩尤」。現在の通名の由来は悪魔アスモデウスの別名である。
真名は”千変(せんぺん)”。その名が示す通り、己の姿形を自由自在に変化させ相手を翻弄するという戦法を得意とする。槍型の宝具『神鉄如意』を武器とした直接戦闘は負け知らずで、部下の徒からは「将軍」と称えられている。
変身能力に限らず、彼の存在の力は別格で、体を真っ二つに裂かれても瞬時に回復出来、シャナ達腕利きのフレイムヘイズが束になっても歯が立たない程。

ストーリー終盤、他の徒・フレイムヘイズが先々に新世界「無何有鏡(ザナドゥ)」へ旅立つ中、「坂井悠二」と共に2人だけでその場に残り、「シャナ」「マージョリー・ドー」との最終決戦に臨む。
悠二と共に全力を振り絞るも、マージョリーの決死の自在法『屠殺の即興詩』により討滅されてしまう・・・

ベルペオルのことは公然と「ババア」呼ばわりしてこき下ろし、ベルペオルの方もいちいち皮肉たっぷりに接しているが、両者とも特に嫌い合っているわけではなく、単に両者の性格の反りが合わないだけであり、互いにその実力を認め合っている

灼眼のシャナたんにおけるシュドナイ

本編でのキャラクターや威厳は何処へ行ったのやら、重度の変態親父化している。悠二に怪しい口調で話しかけたり、アッー!に行きそうな行為をやらかしている(その際、ヘカテーたん変態呼ばわりされている)。また、ヘカテーたんに頭に乗られていることに気持ちいいと言ってる。が、そのヘカテーたんに親父臭いといわれてショックを受けた。意外と打たれ弱いのね、仕方ないね
一部で主にこっちのシュドナイはやらないかに引っ掛けて「シュドナイカ」と呼ばれていたりする。

なお、こちらでもベルぺオルの事を「ババァ」と呼ばわりしているが(1回だけだが)、本編と違い自分へのツッコミに対し泣きながら「うっせぇ、ババァ」と情けなく言っている。

pixivに投稿された作品 pixivで「シュドナイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16555

コメント