ピクシブ百科事典

ショタコン

しょたこん

二次元の少年キャラクターを愛好する趣味や、少年に興奮する性的嗜好を持った人のこと。
目次[非表示]

概要

二次元少年キャラクターを愛好する趣味を持った人のこと。正太郎コンプレックスの略(後述)。
もとは二次元の少年キャラを愛好する人のことを指して「ショタコン」と言っていたが、近年では現実の少年を性愛の対象とする人のことも「ショタコン」と言うようになった。
少年および少年キャラクターそのもののことはショタと言う。ショタコンを略して「ショタ」と呼ぶ人もいるが、ショタとは別の言葉なので注意。

二次元ショタキャラクターを対象としたショタコンは男性が多く、ショタ系の同人誌即売会の一般参加者はほとんどが男性である。サークル参加者は男女半々くらいの割合で、男性のサークル参加者は一次創作、女性サークル参加者は二次創作が多いという特徴がある。

関連画像

少年と桜吹雪
ショタコンにこそ知ってほしいショタコンとホモの違い


由来

1981年、アニメ雑誌『ふぁんろーど』(現『ファンロード』)の編集長・イニシャルビスケットのKが読者からの質問に答えるコーナーで、「少女を好きな男性はロリコンと呼ばれるが、では少年を好きな女性は何と呼ぶべきか?」という内容の問いに対し、半ズボンの似合う少年の代表として横山光輝のロボット漫画『鉄人28号』の主人公・金田正太郎の名を挙げ、そこから名を取って「ショウタロー・コンプレックス」と回答したのが始まりである。
イニシャルビスケットのKは、『アニメック』編集長の小牧雅伸との会話中、小牧が少年の代表例として「金田正太郎」を挙げたことからこの用語を思いついた。このことは小牧雅伸が証言している。

発言当時『太陽の使者 鉄人28号』(日本テレビ系 1980-1981年放映)が放映されていたこともあって同番組の主人公・金田正太郎から取ったと考える人が多いが、イニシャルビスケットのKの発言意図は別であった。
イニシャルビスケットのKと小牧雅伸が「半ズボンの似合う少年」としてイメージしたのは、漫画原作やアニメ第1作、あるいは実写TVドラマの金田正太郎であり、『太陽の使者 ~』の金田正太郎ではない。ただし、発言当時イニシャルビスケットのKがこの点を明確にしなかったことや、読者に正太郎(旧)を知る者が世代的に少なかったこと、正太郎(旧)がいわゆる美少年のイメージにそぐわなかった、等の理由で読者の多くが正太郎(新)という認識でいた。

このコーナーは真面目に回答する場合もあれば適当に返すこともあった。イニシャルビスケットのKは懐疑的な表現でコメントを寄せていたが、他に適当な呼び方が無かったこともあり、いつのまにか「ショタコン」は少年愛者を指す言葉として広く定着していった。
「ショタコン」という言葉を使う者の中には、鉄人28号の金田正太郎の事を直接は知らない可能性も大きいが、それについてイニシャルビスケットのKは「ロリコンという言葉を使う者の多くが、語源となったウラジーミル・ナボコフ小説の『ロリータ』を知らないのと同様であり、問題はない」と述べている。

いずれにせよ、そのような性的嗜好を持つ女性男性の存在が顕著になったなどの理由ではなく、一種の言葉遊びから生まれた言葉である。

関連タグ

性的嗜好 特殊嗜好 少年愛 ペドフィリア ロリコン
ショタ ロリ
陰間 / 陰間茶屋 若衆歌舞伎 ミジャグジ様

関連人物・キャラクター
橘由羅
新谷ナフミ
蒼崎青子:半公式とは言え、「ショタコン気味」と明言されている。
六ツ花御前:招くものに合わせて形を変える館で、彼女が足を踏み入れた瞬間、柱が氷の美童に変わった。
レオナール(DOD)セエレ…君はとてもいい匂いがする…(CV:山ちゃん)
天狗(繰繰れ!コックリさん):7歳未満の美少年に目がない衆道を貫く変態。
山崎九郎右衛門チュパえもん
偽ダーエロ
ジル・ド・レ

関連イベント

ショタケット ショタスクラッチ

pixivに投稿された作品 pixivで「ショタコン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4679090

コメント