ピクシブ百科事典

シリアスな笑い

しりあすなわらい

シリアスと笑いとは「シリアスなのに笑えてしまうシーン」の事を指す。
目次[非表示]

概要

元は「バクマン。」で説明された表現方法。ストーリーキャラクターシリアスで真剣なのにもかかわらず、思わず笑えてしまう場面を指してこう呼んだ。
よく、シュールなギャグと混同されがち。
バクマンの作中では「ラッコ11号」のシーンを例に挙げている(これは「DEATHNOTE」の夜神総一郎護送車テレビ局に突っ込むシーンパロディである)。
「思わず笑ってしまうが、本来は真剣にカッコいい場面
「作者は笑いを取りにいってるつもりはないはず」
少なくとも子供は笑わないし感動すらする

作り方

ゴンさんがシリアスにピトーを倒す
シリアスな笑い


シリアスな笑いを成立させるには主に
1.深刻で真剣な展開にする
2.字面で見た場合どう考えても別にギャグとは思えない
3.にもかかわらずなぜか笑いをとる
という条件を満たさなければならない。
しかし仮にこれで笑いをとったとしても苦笑や失笑を招いてしまい、重要な場面を台無しにしてしまう可能性がある。そのため、計算ずくでシリアスな笑いを成立させるのは非常に難しい。
また制作側が笑いを取りにいくかどうかは関係ないため、作者が意図せずしてシリアスな笑いを成立させてしまうことがある(ラッコ11号の作者平丸一也は狙っていないとされている)。むしろ「制作側は真剣にシリアスシーン描いてるんじゃないか?」と読者に思わせて初めて、シリアスな笑いが生まれる。

また逆に言うと、いくら笑えるシリアスシーンであっても上の条件を満たさない場合は「シリアスな笑い」とは言わない。1と3の条件は誤解のしようがないが、2の条件は誤解しがちなので注意が必要。
例えば「ニンジャスレイヤー」は、全編を通して「シリアスな展開だが笑える」ため、シリアスな笑いと誤解される事も多い。しかし、その笑いの根源は「おかしな用語や設定・語り口」にあり、字面で見れば明らかなギャグであるため、シリアスな笑いととはまた別の方向性を持った作品である。
あくまで笑える要素が全くない筈なのに笑えるところに、シリアスな笑いの骨子があるのである。

ちなみにバクマン。でこの話が連載されていた頃、同雑誌で掲載されていた「HUNTER×HUNTER」では丁度シリアスな笑いの極みとも言われるゴンさんが登場していた時期でもあった。

Pixiv内において「シリアスな笑い」タグがついているのは、上にあるような「シリアスな笑いの例」を茶化したようなイラストがほとんどで、明らかに狙って笑いを取りに言っている。
そのため、本当にシリアスな笑いを実現しているイラストは皆無と言っても良い。ただどっちにせよ上述したようにシリアスな笑いそのものがハードルが高い要素のため、純粋なpixiv内の二次創作でもシリアスな笑いを生み出すのは至難の業であるが…

シリアスな笑いの例

ただしこれらの例には、前述した「単に、シリアスなシーンをギャグっぽく演出している」だけの物も含まれる。
そもそも「シリアスシーンでのギャグ」なのか「シリアスな笑い」なのかは、読者の主観にも左右されるため、シリアスな笑いかどうかの判定は難しい。

関連イラスト

ハンターでデュラED
藍染さん



余談

漫画とはそもそも、キャラクターが醸しだす滑稽なアクションやギャグを主体として発展したものであるため、どんなにシリアスなストーリーであろうと、場面場面の緊張を和らげ、次のシチュエーションへと息切らすことなく繋げていくためにもギャグや笑いの要素は根底に必要なものであると言われる。それまでコメディ一辺倒であった漫画に『悲劇』という要素を導入したことで名高い手塚治虫でさえも同様のことを述べ、どんなにシリアスなシーンであろうと、ヒョウタンツギなどのギャグキャラを脈絡無く登場させたりしてバランスを取っている(これはシリアスな笑いとはまた別の手法だが)。

キャラクター創作の理論を説く「キャラクター言論」の提唱者として有名な小池一夫も
「たとえシリアスな劇画でも、一見してギャグの範疇と思われそうな現実離れした荒唐無稽な話を、リアルな画調とシリアスなストーリーで大真面目に描くからこそ、バランスが取れて読めるのだ。シリアスな絵にシリアスな話、シリアス一辺倒の展開だけでは人を惹き付ける事は出来ない」
という趣旨の言葉を自著で述べている。
笑いとは人の感情の原点であり、そして漫画の原点とも言うべき大切な要素であることがわかる。
それと同時に、シリアスとギャグが紙一重にあることを示唆する発言であるとも言えるだろう。

ちなみに、原作クラッシャー藤崎竜が積極的に取り入れている節を見せている。

関連タグ

バクマン。 ギャグ シリアス シュール
ブラックユーモア/ブラックジョーク 失笑 KY
顔芸 不謹慎 棒読み

pixivに投稿された作品 pixivで「シリアスな笑い」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1193058

コメント