ピクシブ百科事典

シルバーボルト

しるばーぼると

シルバーボルトとは、『トランスフォーマー』シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

海外アニメ『トランスフォーマー』の各シリーズにたびたび登場するキャラクター名。
現在まで、初代(G1)シリーズ、『ビーストウォーズ』シリーズ、『マイクロン伝説』に同名のキャラクターが登場している。

それぞれの作品で容姿や設定は異なるが、サイバトロン正義)の戦士であることは共通している。

初代トランスフォーマー(G1)


CV:西村知道
元祖シルバーボルト。
サイバトロンの航空部隊エアーボットの司令官であり、アエロスパシアル/BAC コンコルドに変形。
※ 詳しくは「エアーボット」の記事を参照。

関連タグ

戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー サイバトロン エアーボット コンコルド 高所恐怖症

ビーストウォーズ

シルバーボルト


CV:岩田光央
初登場は『ビーストウォーズメタルス』第2話から。
オオカミの体との翼と足を持った動物に変身するサイバトロンのフューザー戦士
自称「愛の戦士 シルバーボルト」。
仲間からの通称は「パタパタ犬」、コンボイからも呼ばれてしまっている。
オオカミであってではない。もう一度言うが犬 で は な い

誕生した直後にメガトロンに騙され、彼の率いる悪の軍団デストロンに入るが、メガトロンのやり方に馴染めずコンボイを助けてそのままサイバトロンに入隊した。
また、戦いの中出会ったデストロン側の女戦士・ブラックウィドーに一目惚れし、彼女を説得(求愛)し続けて、最終的にサイバトロンに引き込んだ。
その後の彼女との相思相愛ぶり(悪く言えばバカップルぶり)は作中のギャグの1つとなっている。
(大抵、コンボイが先生風にツッコむのがお約束)

礼儀正しく正義感の強い性格。
彼のみ登場時に台詞と共にファンファーレを鳴り響かせている。
語尾は「〜デス!」。攻撃中も「デス!」を連呼する。
「何故にWHY?」というふうにエセ外国人ふうの口調が特徴。
戦いでは持ち前の飛行能力を活用するが、『メタルス』の時点では他にも飛べるキャラがいるのであまり目立っていない。
戦闘力はあまり高くなく、ブラックウィドーを助けに来たが逆にピンチになって助けられる、ということも何回かあった。

OPのフリートークでは、「愛の戦士」を自称するだけあってかやたらとを叫んでいる。

リミックスでは

バナナ探しをやめてブラックウィドーに「地球で暮らそう」と誘っている。
この際に産まれてくる子どもが蜘蛛が交ざった姿になるのではないかと絶句していた。
ラットルが潜水艇で海に潜る時には気が抜ける応援歌を歌っており、時折、黒さも見せている。
ものまね合戦には何故か参加していない。

リターンズでは

デェ ス☆


仲間と共にセイバートロン星へ帰還するも、メガトロンによってスパーク(魂・心臓のようなもの)を奪われ、彼の率いる「ヴィーコン軍団」のジェネラルドローン・ジェットストームとして登場。

記憶を失ってもあいかわらず騒がしいくらいハイテンションで、正体を知らないかつての仲間たちからは「バカ」呼ばわりされていた。

その後、ブラックウィドーらサイバトロン戦士の尽力でコンドルの遺伝子情報を再スキャンすることでシルバーボルトとしての自我を取り戻した。
ただし、外見もキャラクターも完全に変わっており、ロボットモードでは殿様っぽいチョンマゲがつき、以前よりも人間っぽい顔立ちをしている。また、語尾に「~ギョエ」と付けるようになり、やや古風な喋り方をするようになった。から生えたナイフ手裏剣のように投げて攻撃する。

周囲からは、終いには九官鳥だと勘違いされ、コンドルだと思われていない。

洗脳されていたとはいえ、一時期敵方に身をおいたことに引け目を感じていたが、次第にその蟠りを失くし先陣で活躍するようになる。
ブラックウィドーとの恋は一時期険悪になったが、最終的にはラブラブに戻っている。

ちなみにオラクルがビーストの面々に
「はずばなー(フリートーク対決・恥ずかしい話)」を振った
DVD特典のリミックスでは一部単語に修正が入るほどの過激なネタを披露した。

関連タグ

ビーストウォーズ ビーストウォーズメタルス ビーストウォーズリターンズ
ビーストコンボイ ラットル チータス ライノックス ダイノボット
タイガトロン エアラザー タイガーファルコン デプスチャージ
ブラックウィドー ジェットストーム


マイクロン伝説

マイ伝 シルバーボルト


CV:千葉一伸
プロトタイプレーシングカーに変形するサイバトロンの戦士。
海外版「ARMADA」での彼の名前はブラー(Blurr)となっていた。
ストーリー中盤から加わったメンバーであり、射撃の名手で宇宙船の操縦も出来る。
寡黙かつ他人とは馴れ合わない性格ゆえに当初はホットロッドとウマが合わず、事あるごとに衝突を繰り返し、マイクロン達をただの道具としか見なしていなかったが、戦いを通じてその考えを改めていくようになる。
また、後に合流したステッパーからは兄貴分として付き纏われるが、これを冷たくあしらっている。

関連タグ

マイクロン伝説 ホットロッド ステッパー

pixivに投稿された作品 pixivで「シルバーボルト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19625

コメント