ピクシブ百科事典

シロタマゴテングタケ

しろたまごてんぐたけ

毒キノコの一種。
目次[非表示]

概要

毒キノコの一種。
夏から秋にかけて、針葉樹広葉樹の足元に生える。
発生し始めた頃はカサの形が名前通り卵型の丸みを帯びたものだが、成長するにつれて平らな形状へと変わっていく。
すぐには殺さぬ時間差爆弾(後述)。

毒性

食すとコレラに近い腹痛・嘔吐・下痢を発症。その後、症状が回復し一安心させた数日後に肝臓・腎臓その他内蔵の細胞を破壊し尽くし死に至らしめる。
ちなみにこのキノコの毒に対する解毒剤がまだ存在しない為、非常に厄介な毒キノコである。

関連イラスト

シロタマゴテングタケ擬人化


関連タグ

キノコ 猛毒

pixivに投稿された作品 pixivで「シロタマゴテングタケ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13382

コメント