ピクシブ百科事典

シンドバッド(マギ)

しんどばっど

漫画『マギ』の登場人物。
目次[非表示]

概要

週刊少年サンデーで連載中の漫画マギ』の登場人物。
モデルアラビアンナイトハールーン・アッ=ラシード王
名前は同じくアラビアンナイトの登場人物・シンドバッドから採られている。

CV:小野大輔

プロフィール

出身地パルテビア帝国
立場シンドリア王国国王→シンドリア商会会長
年齢34歳(初登場時29歳)
身長183cm
体重83kg
家族構成無し
特技魔力操作
趣味冒険
好きな食べ物全般
嫌いな食べ物油っぽい食べ物
好きなタイプ全ての女性
嫌いなタイプジュダル
好きな休日の過ごし方酒盛り
悩みごとまだ若いのに、おじさん呼ばわりされる
弱点


人物

シンドリア国王にして七海連合の長。愛称は「シン」。
出身はパルテビア帝国のティソン村。外伝『シンドバッドの冒険』では彼の過去が語られている。

未開であった絶海の孤島を開拓し、シンドリア王国を興した元冒険家
14歳の時に第1迷宮「バアル」を攻略したのを皮切りに、七つの海と七つの迷宮(ダンジョン)を制覇し、七人の「ジン」の主となった伝説の迷宮攻略者でもあり、その偉業から、「七海の覇王」の異名を持つ。
その身に付けている煌びやか装飾品がそれらの金属器。

ファンによる愛称は「七海の葉王」。
由来はアラジンモルジアナと初めて出会うシーンから。葉っぱ一枚あればいい

ジュダルが出現させた迷宮も勝手に攻略したため、彼とは過去に幾度か衝突している。
また、共に世界を征服しようなどと言う誘いを幾度となく受けているようだが、その度に断っている。
アラジンを「シンドリアのマギ」として何とか勧誘しようとしているが失敗している。

王として自国に私心を砕いており、その才量から国民から慕われている。
が、酒癖と女癖は最悪で、無自覚ジゴロな事から「七海の女ったらし」とも。
練紅玉からは恋心を抱かれていたが、ゼパルによって操られて自国をめちゃめちゃにされた事で、激しく怨まれている。

初登場時に、泥酔して寝こけている間に金属器含めた身ぐるみを全て剥がれたり、酔って手を出した女性からの苦情が日々王宮に届けられたりするなど、幾度も問題を起こすせいでその点だけは家臣およびジャーファルを筆頭とする八人将からも一切信用されていない。
旅先でも現地妻を幾人も作る程の遊び好きだが、とある事情で妻子を持つ気は一切無いとの事。


一方、為政者の義務として戦いに備えて国力を蓄えるべく、アラジン達や対立関係にある煌帝国の皇族である白龍や紅玉も利用しようとするなど、目的のために権謀術数を巡らすことも厭わない冷徹な面もある。
特に紅玉を操っていたことについてはアリババから怒りを買った。
その事やスピンオフ「シンドバッドの冒険」での事もあってか、一部のファンから「都合のいい奴しか助けない」「結局自分の事しか考えてない」「王族の子を人質にとったりする等ろくでもない奴」等と言われて好きになれないと、嫌われていたりする等今までの行為で賛否が分かれている。

アラジンを始めとした若者から「おじさん」と呼ばれていることを、実は密かに気にしているらしい。

イスナーンによると、半分堕転している。
実際ルフが黒くなってるシーンもある。その理由はかつて戦争で死亡した自国民の黒ルフを自分自身に受け入れたとのことだが、その際にアルマトランの魔導士、ダビデ老とつながり、以降彼に囁かれるようになった。

過去編『マギ シンドバッドの冒険

マギ本編中に、かつて冒険家であった頃の物語を書き記した人気冒険記「シンドバッドの冒険」の著者として語られる場面があるが、ついに2013年5月から、週刊少年サンデー(後に裏サンデーへ移行)で、その名を冠したシンドバッドの過去編・・・即ち、彼が主人公の外伝作品『マギ シンドバッドの冒険』が連載開始された
2014年1月頃、3巻のDVD同梱版が発売することが決定。
DVDにはスタッフが全精力をかけて作ったアニメが収録される。
「シンドバッドの冒険」のアニメ版の作画は、漫画担当の大寺義史よりになっている。

『マギ シンドバッドの冒険』は、詳しい出自や現在彼の周りに居る人々の過去も明らかにされ、今や彼は、主人公3人と並ぶ本作の顔の1人と言える。

なお、『シンドバッドの冒険』は、原作を大高忍が、作画を『マギ』アシスタントである大寺義史が担当している。ぱっと見た所では、ほとんど本編との絵の差異は無いが見分けが分かる人には分かる。

出自

パルテビア帝国ティソン村にて、漁師である父・バドルと母・エスラの間に生まれる。凛々しい眼鼻立ちは父譲り、太い眉は母親譲りのようだ。

不思議な事に、彼がこの世に誕生したその瞬間に災害が起こり、両親と共に危機に晒されるが、生まれたばかりのシンドバッドが逃げるべき方向を指し示し、一家は行き延びるという出来事があったという。その他にも、両親は幼い息子の持つ不思議な可能性を目にしていた。

父親は戦争経験者であり、体中におびただしい数の傷跡を抱え、左足を失っていた。一家の父として、一人息子と妻を守り続けた父親の姿と思想は、幼いシンドバッドに強い影響を与えている。その尊敬する父親は、とある事件を皮切りに、シンドバッドが5歳の時に戦争で死亡。また、母親も、後に病に倒れ、亡くなってしまう。

14歳の時にユナンに誘われ、迷宮「バアル」を攻略。一人目のジンを従え、剣の金属器を手に入れた後、彼は旅立ちを決意する。なお、この頃の身長は156cmである。

ただ、こちらでは本編でも語られていた「奴隷までに堕ちた」というエピソードも描かれている。
本編でも登場したキャラや八人将の過去も共に描かれている。

ジン

バアル
第1迷宮に封印されていた、憤怒と英傑の精霊(ジン)。剣に宿る。
最初は父・バドルの形見の剣に宿ったが、冒険の最中に剣が壊れたのか、現在は別の剣に宿っている。
雷を操る力を持ち、ジンの姿は稲妻のように折れ曲がった2本の角と龍のような尻尾に鱗を持つ大男。魔装したシンドバッドもそれに準じた姿になる。
極大魔法は、剣に集めた雷の力を一気に解き放つ「雷光滅剣(バララークインケラードサイカ)」。

バアル



ブァレフォール
第6迷宮に封印されていた、虚偽と信望の精霊(ジン)。赤い宝石の金の首飾りに宿る。
三角耳と尻尾を持つ、狐か狼のような姿をしたジン。魔装後は三角耳と複数の尻尾が生え、長いピンク色の髪を持つ姿に変わる。また両掌に眼が開き、能力発動時はここから力を発する。
戦闘では氷魔法を用いて戦うが、本来の能力は物質の「停滞」。氷魔法も、空気中の水分を停止させ固化することで使用している。この能力を他者にかければ、相手も気づかぬうちに肉体や思考までも鈍化させてしまうことができる。非常に強力である反面、魔装自体は非常に脆い。
魔装はシンドバッドの冒険で初登場。

魔装ブァレフォール



ゼパル
第16迷宮に封印されていた、精神と傀儡の精霊(ジン)。右手中指の指輪に宿る。
半獣の子供のような姿をしたジンで、挑戦者の精神を試す試練を課す。魔装後は、ジンと同様の半獣の子供の姿になる。
能力は「精神干渉」。音を操り、聞く者の精神に語りかけることで一種の催眠が可能。しかし、攻撃範囲が広い反面技が大味になりがちで、シンドバッド自身にもうまく制御できない。
また、他者の頭の中にルフを植えつけ、少しの間なら身体を乗っ取ることができる(一度に植えつけられるのは3人まで)。これによって、シンドリアで練紅玉と手合わせした際に彼女にルフを植え付け、操っていた。

マギ



フルフル
第34迷宮のジン。銀の首飾りに宿る。

フォカロル
第41迷宮に封印されていた、支配と服従の精霊(ジン)。金属器は右手首の銀の腕輪。
風を操る能力を持つ。魔装後は、伸びた髪の毛と両手足が漆黒の羽のようになり、上半身には羽衣を纏う。

[マギ] フォカロル



ヴェパール
第42迷宮のジン。右手人差し指の指輪に宿る。

クローセル
第49迷宮のジン。左手首の金の腕輪に宿る。

関連イラスト

シンドバッドドド
覇王


【マギゲーム発売まであと8日】
シンドバッド



魔装

魔装シンドバッド
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ



葉っぱ一枚あればいい

ちなみに公式

【マギ】I LOVE SHIN



関連タグ

マギ シンドバッド シンドリア 八人将
ジャーファル マスルール
ジュダル
アラジン(マギ) アリババ・サルージャ
シンドバッドの冒険 若シン シンドリア商会

王コンビ

pixivに投稿された作品 pixivで「シンドバッド(マギ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 100073

コメント