ピクシブ百科事典

シールドライガー

しぃるどらいがあぁっ

初期のゾイドを代表する青い獅子。
目次[非表示]

スペック

機体名シールドライガー
番号RPZ-02(旧) RZ-007(新)
所属ヘリック共和国(バトルストーリー) チーム・ブリッツ(ゾイド新世紀スラッシュゼロ
分類ライオン型
全長 21.6m
全高9.0m
重量92t
最高速度250km/h
乗員人数1~2名
武装
  • (旧)
  • レーザーサーベル×2
  • アタッククロー×4
  • 2連加速ビーム砲
  • 3連衝撃砲
  • 連装ビーム砲
  • ミサイルポッド×2
  • エネルギーシールド発生装置
  • (新)
  • レーザーサーベル×2
  • ストライクククロー×4
  • AMD2連装20mmビーム砲
  • 対ゾイド3連衝撃砲
  • 対ゾイド30mm2連装ビーム砲
  • 展開式ミサイルポッド×2
  • エネルギーシールド発生装置


※上記の他、「Concept Art」シリーズおよびそれをモデルにした「threezero」や「マテリアルハンター」版では、胴体の斜め上に新たな火器が装備されているが、「クアッドライガー」の生みの親がこれをはるか昔に予見していた

概要

シールドライガーは、タカラトミーから販売されているプラモデル玩具アニメシリーズ『ゾイド』に登場する架空の戦闘兵器金属生命体の名称である。

シールドライガー


(キットのシルエットはこんな感じ)
ライオンライガー)をモデルにしている大型ゾイドで、旧ゼネバス帝国の開発した高速戦闘機械獣サーベルタイガーに苦戦したヘリック共和国が対抗機としてコマンドウルフと共に開発。小学館より発売された旧ゾイドシリーズのバトルストーリーでは本機の設計者であり、共和国軍のパイロットでもあるヨハン・エリクソン大佐が量産初号機に搭乗し、サーベルタイガーやヘルキャットで構成された部隊をコマンドウルフと共に急襲し、全身の火器を展開してサーベルタイガーを撃破している。


旧ゾイドシリーズの終了から10数年の時を経て放送されたTVアニメでは、第一期前半のバンの乗機として登場。遺棄されていた機体にオーガノイドのジークが乗り移る事で復活し、バンの愛機として各地でを続けていく。最期はレイヴンの駆るジェノザウラー荷電粒子砲を受けて活動を停止するが、後にブレードライガーへと進化している。尚、劇中ではタンデム仕様の複座となっており、前席にはバン、後席にはフィーネが搭乗していた。

漫画機獣新世紀 ZOIDS』ではバンの乗機となるシーザーが登場。元々はムンベイの、ジャッドが主人であり、死後はシャドーキーと彼のを守っていた。ジャッド以外にを開こうとせず、ジークを介した合体も拒否していたが、レールガンの直撃により大破、自身を救おうとするバンに心を開き、融合を果たすことに成功した。こちらもアニメと同様に後にブレードライガーへと進化を果たす。

小学館刊「機獣新世紀ZOIDS 公式ファンブック」内のバトルストーリーでは共和国軍独立第2高速大隊長エル・ジー・ハルフォード中佐(アニメ第二期の同姓の人物とは苗字と階級が同じだけの別人)が搭乗。ステファン・スコルツェニーのセイバータイガーを紙一重で撃墜してオリンポス山頂の帝国軍基地に突入。暴走を起こしたガイロス帝国軍のデスザウラーに荷電粒子砲を食らい半身が融解するも、渾身の力を振り絞った捨て身の活躍で撃破したが、自らもエネルギーの放出に飲み込まれて蒸発した。

武装

シールドライガー


高速走行時の空気抵抗を少なくする為に射撃武装は最低限のものに留められ、部の2連加速ビーム砲や両脇のミサイルポッドは内部に収納されるようになっている。この他にも、何でも切断可能なレーザーサーベル(とは言うものの、原理としては『機動戦士ガンダム』のザクが使用するヒートホークに近いと思われる)、部にストライククロー、尻尾の先端部に連装ビーム砲を装備している。

そして名前の由来ともなっている最大の特徴は、タテガミに内臓されたエネルギーシールド発生装置。旧シリーズのバトルストーリー内での解説によればエネルギーを大量に消費する為、長時間の使用は不可能との事だが、アニメでは機体の全てを覆うように展開され、シールド自体もかなりの強度を誇る上に物理的な岩の落下をも防ぐという脚色がなされている。だが、さすがに中型ゾイドを瞬時に灰にできる威力を持つ荷電粒子砲を防ぐ力はなかったようだ。

原型であるサーベルタイガーと比較すると火力の面では劣るが、機動性と格闘性能は勝っており、アイアンコングすら叩き伏せた。なお、ライガーという名称は「ライオンとトラのハーフ」から来ているため、現実のライガーと変わりない事になる。また、背部に2門のキャノンビーム砲を備え、白や青のカラーリングに改められたシールドライガーMk-Ⅱ等の様々な改造バリーションも存在する。

高速戦闘ゾイドがもたらしたもの


90年代末期から再始動したゾイドシリーズにおける高速戦闘ゾイドの原型とも言える存在であり、ライガー系のゾイドを筆頭とした高速戦闘ゾイドはアニメや漫画、ホビー誌上でのコミック等の様々な媒体で主役機としてのイメージを確立させていったが、その一方でライオンVS肉食恐竜という構図は末期のシリーズにまで定着し、一種のマンネリ化を生んだ。
また、似たような駆動機構の高速戦闘ゾイドが乱発された事で、多種多様な動物の挙動を再現した駆動機構を楽しむゾイドの醍醐味が失われてしまったのもまた事実である。

歴史にイフはないが、「あの時ジークがゴジュラスを選んでいたら…」という妄想をするファンもけっこう多い。

余談

ファミコンゲームの「中央大陸の戦い」にも登場し、主人公の階級が大尉以上にならないと仲間になってくれない。その際にシールドライガーが発する以下の台詞はあまりにも(ネタ的な意味で)有名。
「なに わしは しーるどらいがーだぞ しかも ちゅういだ。 たいいにもならぬおまえなどに ついてゆけるか」


関連タグ

ゾイド ヘリック共和国 バン フィーネ ジーク ライオン ライガー 哺乳類 
後継機 ブレードライガー 
ライガー系 ライガーゼロ ムラサメライガー
僚機 コマンドウルフ
ライバル機 セイバータイガー ジェノザウラー ジェノブレイカー デスザウラー デススティンガー

pixivに投稿された作品 pixivで「シールドライガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 163489

コメント