ピクシブ百科事典

ジェクト

じぇくと

「泣くぞ すぐ泣くぞ 絶対泣くぞ ほら泣くぞ」
目次[非表示]

CV:天田益男

ファイナルファンタジーXに登場する架空の人物。
メインキャラクターティーダの父親。胸の入れ墨と全身の傷が特徴的なブリッツボールのトッププレイヤー。

本編開始の10年前に海でのトレーニング中に『シン』に触れ、スピラへとやってきた。
自分の世界に帰ろうと奔走していたが、ユウナの父ブラスカと出合って意気投合し、究極召喚を得るための旅に若い頃のアーロンとともに同行する。ついには究極召喚の祈り子となって『シン』を倒すことに成功するものの、直後にエボン=ジュに憑依され、歴代の究極召喚と同じく新たな『シン』となる。
また、ジェクト親子が住んでいた夢のザナルカンドは1000年前のザナルカンドを再現した一種の召喚獣であり、ジェクト自身その召喚獣の一部である。
つまり、本作における『シン』の正体であり、最初からこの世に存在さえしていなかった人物。

感情の表現が苦手なのか息子を不器用にしか愛せず、事ある毎にティーダをからかっては泣かせていた。その事でティーダからは嫌われていたが、ジェクト本人は息子を妻と同じように深く愛しており、スピラに飛ばされてからも家族の心配ばかりしていたことがスフィアに残された映像からうかがえる。むしろ超親バカと言っても良いかもしれない。
ブラスカやアーロンとは普通に話せているし、X-2では言葉の通じないサボテンダーにブリッツボールを教えている事からも、コミュニケーション能力に問題があるわけではない。あくまで息子に対する愛情表現が下手だったと思われる。

ゲーム中で実際に会えるのはラストバトル(ジェクトの後にエボン=ジュ戦が控えているが、実質的なラスボスはジェクトである)時のみ。『シン』の体内最深部で薄れゆく理性を必死に保ちながら息子達を待ち続けている。
バトル前後の親子のやり取りは本作屈指の名シーン。

「間に合ってよかった…」と語るジェクトを前に訓練場で遊び呆けたり雷を避ける仕事に従事していた自分を恥じるプレイヤー続出。すまねえオヤジ。

DFFシリーズ

ディシディアファイナルファンタジーではカオス勢力として参戦。相変わらず息子の心配ばかりしているが、同じように弟が心配なゴルベーザとは気が合うようである。
二人とも人物的にはコスモス勢力だと思うのだが……。
熱血漢でもあり、セシルに「誰かさんに心配をかけんな?」、ティナに「泣くなよ? 俺が気まずいからな」、クラウドに「そんな思いつめたツラすんなよ」と気遣うセリフがほとんどである。

続編のDDFFで語られる12回目の戦いでは、本当にコスモスの戦士だった事が判明。
同じ世界から召喚されたユウナと行動している。
また、この時点でカオス側の戦士として召喚されたティーダと戦闘になりかけるも、ユウナの介入によってティーダが元の記憶を取り戻しかけ、荒事には至らなかった。
しかし、直後に現れた皇帝の攻撃からユウナを庇ったティーダが瀕死の重傷を負い、消滅の危機に晒される。
しかし、ジェクトは自身の力を全てティーダに託し、空っぽの器となってしまう。その後、力を失ったジェクトは皇帝によってカオスの元へ連れ去られ、次の戦いでカオス側の戦士として転生し、力を託された息子はコスモスの戦士として転生する事となった。

戦闘におけるコンセプトは、近距離戦闘に特化した『スーパーインファイター』。
スピーディーなバトルを得意とする息子とは対照的に、豪快かつパワフルな戦い方が特徴。
相手に攻撃がヒットした後にタイミングよくコマンド入力をする事でコンボが変化するという性能で、使いこなすには格ゲーさながらのテクニックを必要とされる。
遠距離対応の攻撃を一切持たなかったが、DDFFでは目からビームを放つ「ジェクトビーム」というHP攻撃が追加され、以前よりも使いやすくなった。
EXモードではブラスカの究極召喚に変身し、相手に攻撃がヒットしなくてもコンボが繋げられるようになる(ちなみに究極召喚の姿になっても理性を失ったりはしていない)。
EXバーストは「キング・オブ・ザ・ブリッツ」。相手を剣で斬り付けて地面に叩きつけた後、どこからともなく出現させた巨大な岩を砕いてその破片を敵にぶつける。

関連イラスト

親父と親父(大)【DFF】
【DFF】ジェクト


服を着たオヤジ
泡沫



関連タグ

ファイナルファンタジー10 FF10 ディシディア 
ティーダ ブラスカの究極召喚 
10親子

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェクト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1525038

コメント