ピクシブ百科事典

ジェネシックガオガイガー

じぇねしっくがおがいがー

ジェネシックガオガイガーはメディアミックス作品『勇者王ガオガイガーFINAL』に登場する究極勇者王である。
目次[非表示]

それは、最強の破壊神
それは、勇気の究極なる姿
我々が辿り着いた、大いなる遺産
その名は、勇者王ジェネシックガオガイガー!

概要

 ジェネシックガイガーと、5体のジェネシックマシンがファイナルフュージョンして誕生する「ジェネシックメカノイド」。尻尾、爪、鬣など、猛獣を思わせる生物的な特徴を備える。ガオガイガーは、ギャレオンのブラックボックスに遺されていたジェネシックガオガイガーの断片的なデータを解析して地球で建造された、いわばジェネシックガオガイガーの地球製コピーであり、ジェネシックガオガイガーこそがガオガイガーの本来の姿である。
全ての面でガオガイガー、ガオファイガーを遙かに上回る性能を有する。

 今から150億年前、やギャレオンの故郷である三重連太陽系と呼称する恒星系が高度な科学技術を誇っていたが、その宇宙は、当時から宇宙の衰退を迎えようとしており、彼らは滅亡の危機に瀕していた。
 これを回避するための打開策として、「緑の星」の指導者カインは、三重連が存在する旧宇宙が消滅した後に新しく生まれる宇宙へ向け次元ゲートを展開し、それを通じて三重連を丸ごと新宇宙に移動させる方法を提案した。これに対し「赤の星」の指導者アベルは、エネルギーコストの面から困難を極めるであろうカインの提案に対し、宇宙の存続に重要な役割を果たす「暗黒物質」を新宇宙から取り込むことで、延命させようと主張し対立。

 存続と再生の為にアベルに手によって生まれたのが、ソール11遊星主である。ジェネシックは、その抑止力として、カインの主導のもと建造されたものである。
 だが、これに前後して「紫の星」で生み出されたゾンダーメタルの制御中枢プログラムであるZマスターが、突如暴走を開始する。ゾンダーは紫の星を瞬く間に機界昇華し、残る惑星にも侵攻を開始。この事態を受け、急遽ジェネシックは対ゾンダー用プログラムの改変を施されたが、Zマスターの侵攻速度が予想より速く、プログラムの改変が完了したのはジェネシックギャレオンのみに留まり、直後にカインは機界昇華に巻き込まれて命を落とす。
 他のジェネシックマシンはGクリスタル内に残されたまま、ギャレオンとカインの息子ラティオ(=護)のみが次元ゲート「ギャレオリア彗星」を通じて旧宇宙から脱出。
 マスタープログラムの浄解により滅亡寸前の三重連太陽系を再生させるべく、遊星主が活動を開始。ギャレオンと共に宇宙へ旅立った護は彼らと邂逅、Gクリスタルからこれらの真相を聞き一年以上の膠着状態を迎えながらギャレオンを本来の対遊星主用に改変し直した。

 戦いが終結した後、護と戒道だけをESミサイルに乗せ地球圏に帰還させたGGGと共に、全てを光に還る意思『終焉を超えた誓い』により覇界王として取り込まれる。

 本機最大の特徴は、ガジェットガオーの頭部~頸部に相当する尾部を分割、変形させて腕部に装着するガジェットツールと呼称する道具である。これらは重機動スーパーメカノイドの原型になったものであるが、地球技術では小型化に限界があり内蔵は実現せず、オプション装備(=ハイパーツール)として開発運用されるに至った。

基本装備

プロテクトシェード

 左手で発動するのはこれまでと同じだが、左手首の発生装置を放射状に展開する。ガオガイガーに装備されたのと同様、光学兵器を反射し、偏向する機能も備えている他、実体弾兵器の爆発、衝突に伴う衝撃を自身の動力エネルギーであるジェネシックオーラに変換する機能も併せ持つ。

ブロウクンマグナム

 重機動スーパーメカノイドが右前腕部を丸ごと射出するのに対し、右手首のみを射出する。威力、速度、追尾性能など、全てに於いてブロウクンファントムをも上回る性能を持つ。

スパイラルドリル、ストレイトドリル

 ドリルニーの原型となった膝ドリル。右膝のスパイラルドリルは粉砕力に優れ、広域破壊に適しているのに対し、左膝のストレイトドリルは貫通力に優れ、局所破壊に適している反面、ドリル側面からの攻撃に対してやや脆弱である。

ゴルディオンネイル

 両腕のマニュピレーター先端部に装備される爪状の装備。局所的にグラビティショックウェーブを発震させ、対象を光子分解する能力を備える。ゴルディオンハンマー及びゴルディオンクラッシャーの原型となった機能。

ガジェットフェザー

 背部のガジェットガオーの翼を羽根状に展開、機動性を上昇させる。単機で大気圏離脱を可能とする強大な推力のみならず、各バインダーを有機的に連動、高度な旋回性能をも実現している。バインダーの展開時には、翼の背面に巨大な眼を思わせる赤いスリットが姿を現す。

ジェネシックアーマー

 ジェネシックの装甲表面に存在する、ジェネシックオーラの対流。肉眼では黙視することは出来ない。
遊星主の動力源「ラウドGストーン」が発するエネルギーに対し絶対的な優位を与えられており、本来防御システムに過ぎないこの装備に晒されただけで遊星主はその構造を維持出来ず組織崩壊に至り、機動兵器に対して電子的な妨害網として作用する機能も備えていると云う鎧袖一触を体現する装備である
 それ以外の敵に対しても、プロテクトシェードと同等の能力を持つ高度なバリアシステムとして作用する。

 だが、必殺技であるヘル・アンド・へヴンを使用する際には、エネルギー効率の関係からか一時的に消失する弱点も存在する。

ウィルナイフ

 凱のガオーブレスに内蔵される同名の装備の原型。Gストーンと同じ緑の結晶状の刀身を持ち、使用者の意志に感応し切れ味を変化させ、対象を空間ごと切断する。

ボルティングドライバー

 ディバイディングドライバーガトリングドライバーの原型となったガジェットツール。後述の3種類のボルトのいずれかを先端にセットして使用する。ジェネシックボルト以外の2種は、本編に於いて使用が確認されていない。

ジェネシックボルト

 ジェネシックギャレオンの口から射出されるアタッチメント。ジェネシックオーラの無限波動を湾曲空間を通して直接目標にぶつけることにより、対象物を広範囲に、かつ半永久的に内部分解させる。遊星主やパスキューマシンに対して使用すれば、再生するそばから消滅させるイタチごっこに追い込める。

ブロウクンボルト

 右肩から射出されるアタッチメント。ジェネシックオーラの無限波動を湾曲空間を通して直接目標に衝突させ、対象物を内部爆発させる。

プロテクトボルト

 左肩から射出されるアタッチメント。地球製ドライバー系ツール同様、空間湾曲によって戦闘フィールドを形成する。

ギャレオリアロード

 『覇界王~ガオガイガー対ベターマン~』にて初お披露目となった巨大なシリンダー状のガジェットツール。時空間に干渉し、次元の壁を超えるゲートを生み出すことができる。その中でも、特に複雑な技術と、莫大なエネルギーを要する代物であり、地球人には再現出来なかった。これを元にしたディメンジョンプライヤーも、技術の一部を継承するに留まっている。

ジェネシック・ヘル・アンド・ヘブン

 該当記事参照。重機動スーパーメカノイドが使用する技の原型。ノベライズでは「ヘル・アンド・ヘブン・アンリミテッド」と呼称されている。

ゴルディオンクラッシャー

 本来はガオファイガーの装備。コネクターの規格が合わない腕を強引に捩じ込み、凱のエヴォリュダー能力でプログラムを書き換え発動させた。

余談

 戦闘力では今までのメカノイドを大きく凌駕するが、機界昇華以前に設計されたものであり、ゾンダーに対応する機能は皆無である。当然対応能力では、専用の処理が行われている分、地球製ガオガイガーよりも劣っているものと思われる。
 …というファンの予想から、ゾンダーと戦った際には機界昇華してしまうのではと言われ、さも公式設定のように語られていたが、スタッフからは「そんな話は聞いたことも無い」と言われており、ジェネシックの状態でもある程度なんとかなる模様。
 
 そもそもジェネシックが動力源とするGクリスタルは対機界昇華への耐性は皆無である。しかし、Gストーンの能力であるGパワーを持った凱が搭乗することでGストーンとGクリスタルの能力を搭載したものへ進化する。
 これによりゾンダーメタルとは反物質の関係となり、互いの発するエネルギーは接触すると対消滅を起こす。エネルギーの量が多い方は他方のエネルギーの影響を受けないので、その出力がメタルのそれを上回る限り、ジェネシックがゾンダー化することは考えにくい、という仮説は現実身をを増す。

関連タグ

ガオガイガー
スターガオガイガー
ガオファイガー 

ガオガイゴー

黙示録の獣:モチーフと思しきもの。ジェネシックが初めて戦闘を行う回のサブタイトルは「超勇者黙示録」となっており、ジェネシックもまた黙示録の獣同様、全身に7つの頭を持ち、六又に分かれた兜飾り・首元の牙・両足のドリルと、合計10本の角を持っている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェネシックガオガイガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 189291

コメント