ピクシブ百科事典

ジェリコ941

じぇりこきゅうよんいち

イスラエル・ミリタリー・インダストリーズ社(現イスラエル・ウェポン・インダストリーズ社)によって開発された自動拳銃。1990年より登場。

イタリアのタンフェリオ社がチェコCz75を元に開発したTA90の技術提供を受けたてIMIが開発した銃。
Cz75にデザートイーグルのような正面から見ると台形をしたスライドを載せたようなスタイル。
通称ベビーイーグル

バレルを交換することで、9mm .40S&W、.41AE弾の三種類の口径に対応できる銃である。
Cz75に比べると、比較的耐久力が高い。
 

アニメ・漫画界ではスパイク・スピーゲルの銃として有名で
レーザーサイト搭載のカスタムグリップを装備して登場。

玩具銃としては、ハドソン産業が9mmモデルをガスガン化、大日本技研がレジンキャスト製無可動モデルとして製品化している。
大日本技研版である「ジェリコ941改」はスパイクの所有するジェリコが口径不明な為、口径表記を変更できるほかにダミーレーザーサイトを取り付けないことで実銃に近い外見にする事が出来る。
また、ハドソン版を「スパイクの愛銃」の外見にカスタムするため、大日本技研がグリップ・レーザーサイト単体での販売も行った。
しかし、現在は三品とも絶版。

ハドソン製ジェリコについて

現在、日本国内で、実銃に近いフィーリングのジェリコを手に入れるとなったら、ハドソン製ジェリコ941を入手するしかない。
しかし、中古でも平気で一万以上する価格に加えて、ガス漏れが多く、一度ガス漏れを起こしたまま放置すると、バルブまでおかしくなるので注意。
また、ガスを入れたまま保存しておかないと、これもバルブの故障につながる。
さらに初期ロットは、スライドの動きが鈍い、弾が装填されないなどの弱点がある。
可動状態で長期保存するためには、メーカーも倒産したこともありアフターサービスが受けれず、ハドソンの金型はCAWとタナカに受け継がれたがジェリコの製造はされていないため、補修部品の入手手段が限られるなどの問題があり、故障の際には自分で対処できないと維持は難しい。
ジェリコを買おうとする方も多いと思うので、参考までに。

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェリコ941」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30088

コメント