ピクシブ百科事典

ジェームズ・ポッター

じぇーむずぽったー

『ハリー・ポッター』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

J・K・ローリングによるファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズに登場するキャラクターの名前。
同名のキャラクターが二名存在する。

  1. 主人公ハリー・ポッターの父親。本稿で追記。
  2. 主人公ハリー・ポッターの息子、フルネームはジェームズ・シリウス・ポッター。該当項目で記述。

概要

演:エイドリアン・ローリンズロビー・ジャーヴィス(学生時代)/吹き替え:後藤敦
主人公ハリー・ポッターの父親。享年21歳。
外見はハリーそっくりで、くしゃくしゃの黒髪で眼鏡を掛けており、目の色だけがハリーと違うハシバミ色。
学生時代、格好を付ける時は髪の毛をもっとくしゃくしゃにする癖があった。
非合法のアニメーガス(動物もどき)で牡鹿に変身する。

経歴

生い立ち

1960年3月27日生まれ。
純血魔法族のポッター家に生まれる。純血家系だが純血主義者ではなかった様子。
高齢出産児のため両親に深く愛されて育った(とハリーは幼いジェームズを見て確信していた)。
ハリーの持つ「透明マント」はポッター家に受け継がれてきた「死の秘宝」のひとつであり、それを学生時代で両親から受け継ぎ、悪戯に使用していたらしい。

学生時代

ホグワーツ魔法魔術学校在学中はグリフィンドール寮所属。
クィディッチチームでも優秀なチェイサーとして活躍。(映画版ではシーカー)
シリウス・ブラックリーマス・ルーピンピーター・ペティグリューと親しく、悪戯仕掛け人と名乗っていた。
特にシリウスとは入学前に乗ったホグワーツ特急の中で既に意気投合しており、
以降、無二の親友として兄弟同然の付き合いをしていた。

成績は首席をとるほど優れていたが、素行が芳しくなく監督生にはなれなかった。
その素行の悪さはシリウスと並んで教師陣に「あんなに手を焼かされた二人組はいない」と言わしめ、よく一緒に罰則を受けており、7年生に進級する以前はハリーの母リリーから思いっきり白眼視されていた。
ちなみにホグワーツ在学時かどうかは不明だが、シリウスとマグル製のバイク(シリウスの私物)に二人乗りしてマグルの警察官2名+死喰い人3名相手に壮絶なチェイスをやらかしている。

スネイプに対して、彼が傾倒する闇の魔術をジェームズが嫌っていた事や、リリーが幼馴染みのスネイプを気に掛けることへの嫉妬から、執拗に悪質な「悪戯」を仕掛け、激しく対立していた。その「悪戯」はもはや「虐め」レベルであり、リリーも傲慢なジェームズを心底嫌い、偶然スネイプの記憶を見た息子ハリーも今までの「父親像」が崩れ失望した程。
一方でルーピンが狼人間であると知ると、アニメーガスになる方法を調べ能力を会得し、ルーピンが狼状態のときでも一緒にいられるようにするなど、友情には篤かった。
また嫌っていたスネイプが、シリウスに「狼男に変身したルーピンの居場所」を教えられそこに向かい、命の危機に晒された時は危険を顧みず連れ戻しに行くなど、彼なりに一線は弁えていたようだ。

7年生になる頃には高慢さを改め、またスネイプがジェームズの「悪戯」の我慢の限界によりその場にいたリリーについ八つ当たりしてしまった結果両者が疎遠になっていた事もありリリーと交際が始まった。

卒業後

死喰い人に勧誘を受けるも、それを断って不死鳥の騎士団の創設メンバーに加わる。不死鳥の騎士団の活動に専念するため妻のリリーと共に職についておらず、両親からの莫大な遺産で生活していた。
リリーとは卒業後に結婚し、ハリーが誕生した。

ヴォルデモートが息子の命を狙っていると判明すると、ゴドリックの谷で事実上の軟禁生活を送る事になる。
シリウスが「秘密の守り人」をピーターとするように薦め、それを承諾するも、彼の裏切りに遭い、ヴォルデモートにポッター家の所在がバレてしまう。
1981年10月31日、リリーとハリーを逃そうとヴォルデモートに一人対峙し、殺害された。

4巻にてハリーがヴォルデモートと決闘した際、逆転呪文により霊体となってハリーを支援した。
7巻では蘇りの石によって、ヴォルデモートとの最後の闘いに向かうハリーの前に姿を現した。

関連イラスト

魔法使い2
僕の影にキスしておくれ



関連タグ

ハリポタ 親世代 悪戯仕掛け人 ポッター家 ジェリリ

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェームズ・ポッター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 987598

コメント