ピクシブ百科事典

ジム・スナイパーカスタム

じむすないぱーかすたむ

ジム・スナイパーカスタムは『MSV』及び『機動戦士Zガンダム』に登場する地球連邦軍のMS。
目次[非表示]

機体説明

型式番号RGM-79SC。地球連邦軍の量産改修型MS。

ホワイトベースから回収したガンダムの運用データをベースとし、連邦軍は制式量産機としてジムを開発したが、徹底的なコストダウンと早期の大量配備を優先した結果、『粗製濫用』と評されるほどにまで性能が低下してしまい、熟練のパイロット達から不満が上がる事ようになった。そこで連邦軍は『ジムをベースとした熟練向けカスタム機』の開発に着手し、本機を含めた4つタイプを完成させた。

本機はその中でもっとも汎用的な設計がされており、名称こそ「スナイパー」の名を冠しているが、狙撃性能に特化した機体では無く、狙撃性能を有した汎用機として運用することを目的としている(この設計思想は、当機とは異なるD型系列ながら同コンセプトの機体であるジム・スナイパーⅡや後発の狙撃機にも受け継がれている)。それ故、一年戦争当時に撃墜数トップを記録したテネス・A・ユング少佐は本機とジム・コマンドを愛機としていた。

これらのカスタム機はコストの関係上、総生産数は50数機程度だが、その多くがア・バオア・クー攻防戦に参戦、勝利に貢献している。また、残存した機体の一部は各部を更新の上、グリプス戦役でも運用されたとされる。

バリエーション

シモダ小隊機

MSV-R』に登場。地球連邦宇宙軍第3艦隊所属、シモダ小隊がア・バオア・クー攻防戦にて使用した現地改修機。原型機以上に推進系統を強化した他、陸戦型ガンダムの6連装ミサイルランチャーを4連装に改造し背面に装備している。

宇宙海賊シュテンドウジ所属機

ブレイジングシャドウ』に登場。武器商人のニーゼ・ゲルバンから購入したもので、乗りこなせるものがおらず格納庫で埃をかぶっていたが、ジオン軍残党の襲撃の際にカイン・ラグナートが搭乗した。武装はオリジナルのR-7ビームライフルの他に、ベース機と同様の物を装備している。

関連イラスト

RGM-79SC


関連タグ

ジム MSV 機動戦士Zガンダム

pixivに投稿された作品 pixivで「ジム・スナイパーカスタム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10279

コメント