ピクシブ百科事典

ジム寒冷地仕様

じむかんれいちしよう

RGM-79D ジム寒冷地仕様(GM COLD DISTRICTS TYPE) OVA『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』に登場する地球連邦軍の量産型モビルスーツ(MS)。
目次[非表示]

概要

RGM-79Dジム寒冷地仕様(GM COLD DISTRICTS TYPE)は、OVA『機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争』に登場する地球連邦軍の量産型モビルスーツMS)。

連邦軍の量産型モビルスーツ・ジムの中でも特に性能の向上した後期生産型に分類される。拠点防衛用として北極基地などの地球上の寒冷地へ配備され、胴体部や腕部、脚部など外観はその発展形であるジム・コマンドシリーズと共通する部分が多い。ただし、頭部は頬部ダクトがある他は前期量産型のものに近い。

開発の経緯

そもそも本機が開発された経緯は、次期ジムシリーズの先駆けとして、既に設計の進んでいたジャブロー仕様のA型及びB型ジム(我々の知るイデオン顔のジム)を待てなかった連邦陸軍省が応急配備された陸戦型ジムの後継として強く配備を望んだ結果による。
本来はジム・コマンドシリーズのバリエーションの一つとして生産される予定だった本機は開発を繰り上げられたため、開発中だったジム・コマンドシリーズのフレームを流用し、ジム・コマンド系のプロトタイプという役割も持つことになった。開発が早められた理由として、ジオン公国がMS-09ドムの投入を行った結果、前線における連邦軍MS部隊の被害が増加の一途をたどり、一刻も早い高性能機の配備が望まれた為である。
オーガスタ工廠はこの前線及び陸軍省の要求に対して、機動力向上のためスラスターを2基から4基に増強、機動性を強化した機体をRGM-79Dとして仕様を定める。なお、寒冷地仕様と銘打たれてはいるが、配備機の一部が寒冷地専用装備のテストベッドとして極寒地域に投入されたことによる。これはホワイトベース隊のガンダムによる寒冷地でのテストが行われなかったことにより、前倒しで実験機を配備する必要が生じたためであった。
そのため、寒冷地以外にも配備された機体も少なからず存在する。場合によってはD型という型番記号から“対ドム用”として認識するパイロットも少なくはなかった。また、上記の経緯からそれなりに広範囲に配備が進められたらしく、陸軍省が本機の性能に満足し、オーガスタ工廠から宇宙軍およびコロニー防衛軍がこれをベースにしたジム・コマンド系の機体開発提案がなされ、時間をおかずゴーサインを出したという記録も残る。

ちなみにA型、B型の後継としてC型の開発を推進していた兵器開発局はオーガスタ工廠に出し抜かれる形でジム・コマンドを含めたG型の生産受注を決められてしまった。

仕様及び武装

極寒地に配備された機体(後述)の各所には氷結対策、防寒処理が施されている。

白色と黒色に彩色されており、イギリスのステンガンに似た円筒形の本体と左へ突き出したマガジンが特徴の専用のマシンガン(性能が十全ではなかったようで少数生産で終了している)と、前期量産型のものと同形の十文字の紋章は省略されている六角形シールドを装備している。

関連イラスト

寒ジム
【C84】ジム寒冷地仕様【ゲスト】



関連タグ

ジム ジム改 ジム・コマンド ズゴックE ハイゴッグ ガンダムNT-1 ジム・スナイパーⅡ

pixivに投稿された作品 pixivで「ジム寒冷地仕様」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30279

コメント