ピクシブ百科事典

ジャッジ・ガブラス

じゃっじがぶらす

スクウェア・エニックスのRPG『ファイナルファンタジー12』に登場する人物。
目次[非表示]

タグは「ガブラス」がほとんどである。

CV:大塚明夫

概要

年齢36歳。
バッシュ双子
本名はノア・フォン・ローゼンバーグといい、ガブラスは母方の姓。
ゲームパッケージを飾っているのが彼。

アルケイディア帝国のジャッジ・マスター。
敵国の撹乱のための諜報活動を主としており、帝国の侵略・支配のために暗躍する帝国の犬。
ヴァンの兄レックスを刺し結果的に死に追いやった張本人であり、アーシェの父・ダルマスカ国王を殺害し、その罪を兄・バッシュになすりつけ投獄させた男である。

憎悪・嫉妬・絶望といった負の感情の塊のような性格。
負の感情こそ彼の力の源である。
帝国の軍人として生きる道しかなかったガブラスは、自分とは違い他国(ダルマスカ王国)の将軍となり新しい道を見出した兄に嫉妬し、最終的には兄に国王殺害の罪を押し付け「ダルマスカの裏切り者」として汚名を着せ、社会的に抹殺した。

ただ、本編の19年前に二人の故郷であるランディス共和国が帝国に占領された際は、バッシュは降伏をよしとせず他国へ渡ったが、ガブラスは病床の母のために国に残ったという過去がある。
(故郷の滅亡後にガブラスが帝都アルケイディアへ渡ったのも、そこが母の故郷であり、母を養うためである。)
その後、母は他界しており、結果的にバッシュが家族や祖国を捨てる形になったことが、ガブラスが兄を憎む主な要因となっている。

劇中では帝国の侵略を阻むヴァン達の前に立ちはだかり、負の感情をぶつけてくる。
そして、この戦いでガブラスも自身の道を見出していくことになる。

DFFシリーズにおける活躍

ディシディア」にも、主人公であるヴァンを差し置いて隠しキャラクターとして参戦。陣営はカオス側。
本編よりも過去のストーリーでは「神に召喚された戦士」という事に誇りを持っていたが、いつまでも終わらない戦いに疑問を抱き始める。そして、コスモスを討って戦いに終止符を打つべく単身コスモス陣営に乗り込むも、その場に居合わせたシャントットと戦闘になる。また、戦闘を終えた瞬間に跡形もなく姿を消していたため負け犬呼ばわりされる。
(実際は決着がつく前にガブラスの方から戦いをやめた。)
その後、神々の戦いが神竜の力を高める為だけの無限に繰り返される戦いと知り、事実を確認すべく再びシャントットと対峙。記憶を神竜の力として奪われていた彼女を見て事実を改めて確認したガブラスは無限に続く争いに絶望する。そして今度は自身を召喚したカオスに戦いを挑もうとするも、ガーランド皇帝に阻まれて力尽きる。
ならばいっその事とばかりに自ら命を絶とうとするも、それは神々の意思に反するものであるが為に次元の狭間の中へ送り飛ばされてしまい、消滅する事もできないまま神々の戦いを永久に傍観する事となってしまう。

そして、彼が登場するストーリーではプレイヤーの操作するキャラが彼のいる次元の狭間に偶然迷い込んだという設定になっており、そこで顔を合わせたプレイヤーに延々と愚痴をこぼす。

戦闘では、EXモードにならなければ相手のHPにダメージを与えられない(追撃戦を除く)という、クセのあるキャラクターに仕上がっている。その代わり、EXゲージを自力でチャージできる。
通常時は素顔のままであるがEXモードではジャッジマスターの兜を被る。
DDFFで追加されたサードフォームは兄・バッシュそっくりになる。

あまりにも憎しみを晴らす事を目的にしているので、オニオンナイトに「憎しみから、何か生まれた?」、ユウナに「憎んでも、何も生まれない」と説得されたり、バッツも「悲しみは終わりにしようぜ(DFF)」、「楽しい事探そうぜ(DDFF)」と諭されている。

なお、勝利時の立ち姿はFF12ゲームパッケージのポーズである。

これが…ジャッジの力…!

関連イラスト

ガブラス
失意の荒野を彷徨うがいいッ


ジャッジ・ガブラス
ガブラスドン



関連タグ

ファイナルファンタジー12 ディシディア DDFF
バッシュ・フォン・ローゼンバーグ ドレイス ラーサー

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャッジ・ガブラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11644

コメント