ピクシブ百科事典

ジョセフ・カーター・ジョーンズ

じょせふかーたーじょーんず

「HEROMAN」の主人公。
目次[非表示]

CV:小松未可子

アメリカ西海岸のセンターシティに住む、13歳の少年
貧乏でひ弱、学校の成績もよくないが、正義感が強く心優しい性格。
ヒーローマンのパートナーとして、並み居る敵に立ち向かう。

演じた小松未可子はアイドル畑の出身で、今作が声優初挑戦となる。

ニックネームは"ジョーイ"。タグとしては、そちらが圧倒的に多い。
またスタン・リーが手掛けた作品の主人公達と同様、ファーストネームとファミリーネームの同じ(J・J)。

決して"ジョジョ"ではない(後述のスーパーロボット大戦UXでネタにされている)

人物

早くに両親を亡くし、祖母のバージニア・ジョーンズと二人暮らし。家計を支えるべく、日々をアルバイトに追われている。
学業に向ける時間がないため、学校の成績はよろしくない。ただし知識は豊富で、担任のヴェラ・コリンズには一目置かれている。

父に対する想いから、ヒーローに強い憧れを抱いている。
捨てられていたオモチャのロボットを拾い、それをヒーローマンと名づけていたが、ある夜、稲妻を浴びたオモチャは巨大なヒーローに変身した。
そこからジョーイとヒーローマンの戦いの日々が始まった。

HEROMAN



人間関係

"サイ"ことサイモン・カイナとは親友同士。
"リナ"ことリナ・デイヴィスとは幼馴染
この二人とはクラスメイトで、仲良し三人組でもある。

リナのウイリアム・デイヴィスは、のリナがジョーイと仲良くしているのが気に食わず、ジョーイをいじめている。

ホリー・バージニア・ジョーンズニューヨークバンド活動していたが、第11話にジョーンズ家に戻ってくる。
お互いに家族思いのいい姉弟だが、父への想いで食い違いが生じることもある。

ヒーローマン



性別詐称疑惑

れっきとした男子であるが、その容姿のため、一部視聴者からは"男の娘"として見られている。
ヒーローマンに守られては「ヒロイン」、ホリーにいじられては「」、バイト中の姿を指しては「看板娘」呼ばわりされる始末。
第20話では念願(?)の女装を披露したが、違和感がまったく仕事をしなかった

無題


持ち前の女顔は母・キャサリンからの遺伝と推測される。

ジョーイの髪を結んでみた



スーパーロボット大戦での活躍

スーパーロボット大戦UXでヒーローマンのサブパイロットとして参戦。
精神コマンドは加速・集中等といったヒーローマンに足りないものを補うラインナップ。
前述のジョジョネタで結構弄られている。
ストーリー上では、HEROMANがデモンベインとのクロスオーバーが多いため、デモンベインの主人公大十字九郎との絡みが多く、彼の弟分・相棒としてデモンベインの敵組織ブラックロッジと戦うことになる。彼との関係が深くなるにつれて、九郎の呼び方も親しい感じに変わっていく。そのため、「本作の九郎はジョーイルート」と呼ばれることもしばしば。

また、本作におけるヒーローマンの正体が、邪神によって繰り返された幾億回もの輪廻の中であらゆる可能性世界の人間の「英雄を求める人々の意思」が重なり、存在として具現化した(いわばアルなどの魔導書の精霊と同質の存在)、誰一人出現を予測できず、どれだけ力を持つ神々でもヒーローマンの事だけは知る事ができない正真正銘のイレギュラーというものであるため、ブラックロッジ首領である大導師彼の母、本作の黒幕的存在である邪神はヒーローマンのみならず、ヒーローマンを駆るジョーイにも興味を持っている。

関連タグ

HEROMAN ヒーローマン
サイ/サイモン・カイナ リナ/リナ・デイヴィス ウィル/ウイリアム・デイヴィス デントン/マシュー・デントン 
ホリー/ホリー・バージニア・ジョーンズ ヒューズ/アクセル・ヒューズ
ショタ 男の娘 性別:ジョーイ
サイジョイ ジョイサイ ウィルジョイ ヒュージョイ

関連リンク

HEROMAN公式ホームページ
HEROMAN - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「ジョセフ・カーター・ジョーンズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53127

コメント