ピクシブ百科事典

ジョンス・リー

じょんすりー

柴田ヨクサルの漫画『エアマスター』、及び『ハチワンダイバー』に登場するキャラクター。 正統派八極拳の達人であり、コンクリごと敵を粉砕するその姿は圧巻の一言に尽きる。 数々の名台詞もあって、作中でも屈指の人気キャラ。将棋も強い。 昨今は有志によって『MUGEN』という舞台を用意してもらい、大立ち回りを演じている。
目次[非表示]

「言いたいことは… いくつかあるんだよ…
 ま…一言でいえば 本気にさせたな

概要

 初登場は『エアマスター』(アニメ版には未登場)。
 国籍・年齢・職業等々、すべての経歴が謎の八極拳の使い手。
 主人公相川摩季のランキング4位戦に初登場し、はじめはバトルの解説をする謎の青年でしかなかったが、初戦闘で対戦相手となった忍者5ページで瞬殺。その脅威の戦闘力を見せつけることになる。
 また、不完全な状態だったとはいえ、驚異的な戦闘能力を有するラスボス一撃で撃破。物語終盤でも本気を出したラスボスと前人未到の鍔競り合いを展開し、周囲も読者をも度肝を抜く戦いぶりを見せた。

容姿・性格

 187cmという長身に白いYシャツと黒のスーツを着崩したホスト風のラフな格好に白の革靴白髪(銀髪)のやや細面で、体格よりもスリムな印象を与える。
 性格は至って物静か。ただし、戦いのこととなれば内に秘めた闘志を静かに燃やす熱さもある。こと八極拳に対する考えは真摯で、伝統的な八極拳に対する強いこだわりを見せる。

バトルスタイル

八極拳



「勉強させてやる・・・」
「お前が自分のことを八極拳士の一人だと思っているなら・・・ 八極拳士は二の撃ち要らず」
「八極拳士は一撃で相手を倒す」
"八極"とは"大爆発"のことだ

 昨今の対戦格闘ゲームに見られるような「連撃に特化した八極拳」ではなく、『一撃必殺』を旨とした正統派八極拳を用いて戦う八極拳士。
 その爆発力たるや、震脚一発でコンクリの床を踏み抜き、発頸で自分に殴りかかった相手を逆に吹き飛ばし、対戦相手をコンクリの壁ごとぶっ飛ばすなどなど、もはや開いた口がふさがらないほどのぶっ飛んだ破壊力を見せ付けてくれる。
 実力も「深道ランク2位」と、もはやバケモノレベルであるランク1位のラスボス渺茫を省けば、間違いなく『現代最強の男』である。

 ハチワンダイバーでもその爆発力は健在(初登場時は明言されてはいなかったが、のちに本人と判明)。主人公・菅田健太郎との対局後に絡んできたチンピラを前に将棋盤を手刀で叩き割ったり、かかってきたチンピラを殲滅したりと、大暴れ。
 ついでに言うと、将棋の方も相当強い。というのも、この時点での彼の職業と言うのが代打ち集団の暗殺部隊の師範で、普段から将棋と八極拳の両面を鍛えているため。「将棋に暗殺とかどうなの?」と思うかもしれないが、『ハチワン』だからしょうがない。なお、弟子たちからはかなり慕われてるらしく、その弟子も何故か全員女性である。

MUGENでの活躍

 変t…もとい、クセモノだらけの『エアマスター』において、ほぼ唯一の常識人であり、その強さと生き様、数々の名台詞から劇中の人物内ではトップクラスの人気を誇る。

 そして、本項で掲載させていただいているイラストの作者キシオ氏によって、格闘ゲームエミュレータ『MUGEN』のキャラクターとして満を持して参戦。
 端的に言うと、デカイ、強い、トンデモないに尽きる。いや、マジで(汗)。
 詳しくはこちらに譲るが、そのド迫力とインパクトは「圧巻」の一言。
 キシオ氏のジョンスへの愛情が如実に伝わってくる素晴らしい完成度である。

 ライバルとされるのが板垣恵介の格闘技漫画『グラップラー刃牙』の花山薫
 双方ともに、デカイ、強い、トンデモないの体現であるため、両者がMUGEN参戦して以降、二人によるモンスター級対決を多くのMUGENファンが熱望。
 ある大会で遂にそれは実現する。


 その後、二人でタッグを組んでのスコア大会が模様された
 ……が、視聴者の予想を斜め上にぶっ飛ばす飛んでもない結果がはじき出されることとなる
 その様相、まさに大虐殺……!


 人の持つ可能性を存分に見せてくれた最強コンビといえよう…。

関連タグ

エアマスター ハチワンダイバー
八極拳

MUGEN関連

関連
花山薫

八極拳関連
有間都古

pixivに投稿された作品 pixivで「ジョンス・リー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 115175

コメント