ピクシブ百科事典

ジル(ドルアーガの塔)

じる

ジルとは、『ドルアーガの塔』の主人公。

英語スペルは「Jil」。
CV:KENN

概要

辺境ナベサ地方出身の16歳。敵前逃亡の汚名を着せられ非業の死を遂げた父ラルサの名誉回復とウルク国の平和とを願いドルアーガ討伐を目指す。最初は異母兄であるニーバのパーティーに所属していたが、冒険中の失敗を理由に解雇される。その後、メスキア市内にてカーヤ達とパーティーを組み、再び塔の頂上を目指す。カイから「三度大きな裏切りにあう」と予言されている。
冒険者・戦士としてはまだ未熟だが、超人的な打たれ強さと怪力に加え、放たれたにも瞬時に反応する反射神経の持ち主で、更に2期では剣術及び登頂者としての種々の技術に向上が見られる。また、常に誰かのため、何かのために頑張るひた向きさは、パーティーの仲間を初め多くの人物が認めている。
戦闘ではその頑強さを活かし、主に防御役(ガーディアン)を担当。第1期ではカーヤ経由でギルガメス王から託された剣と杭仕込みの盾を使用し、第2期からは黄金騎士団が使用している蛇腹剣と伸縮可能な板状の盾を使用し、ニーバとの決戦では第1期と同じ剣と盾を使用する。戦闘のスタイルは敵に斬り込んだり、持ち前の怪力や反射神経で敵の攻撃を受け止める役の戦士
メルトに「名手」とまで言わしめるほどローパー踊り(モンスターであるローパーの独特の動きを踊りにしたもの)を得意としており、それは父親から一子相伝で伝えられたものらしい。
第1期の最後にドルアーガを倒すもニーバとカーヤに裏切られ、突如起こった洪水によって仲間達と共に塔の下層まで流されてしまう(ゲームドルアーガの塔中で言うところのZAPに見舞われる。イシターの復活においてもWater LineやWater Ductと言った、排水絡みの「逆」ZAP面が存在する)。
第2期ではケルブが経営する宿屋の2Fに居候しており、カーヤの件における傷心から長らく部屋の中に閉じこもっていたが、ふとした出来事からのカイとの出会いによって、再びファティナらとともにギルガメスの塔(旧ドルアーガの塔)の最上階へ赴き、先行して幻の塔を登るカーヤに再会するための旅を始める。
塔を登っていく中で再会や新たな敵を経て、もう一人のギルガメスと対峙、果てには真の目的を果たそうとするニーバと対峙する。
ニーバを倒した後も、カーヤとは塔の残骸で会っている様子。

関連タグ

ドルアーガの塔 カーヤ アーメイ

コメント