ピクシブ百科事典

ジ・O

じお

『機動戦士Zガンダム』に登場する、ティターンズ所属のモビルスーツ(MS)。
目次[非表示]

概要

型式番号PMX-003ティターンズの新たな指導者となったパプテマス・シロッコ大佐が専用機としてジュピトリス内で独自に開発した重モビルスーツ
名前の由来は「theology(神学)」の略語であり、それが意味する所は「神の意志」である。

従来のMSの面影を感じさせない程、非常に大型で鈍重なシルエットが特徴(クワトロ・バジーナ曰く、『ジュピトリスのダルマ』)だが、その外見とは裏腹に各部に装備された姿勢制御用のアポジモーターによって高い機動性を発揮し、サイコミュによる機体管制を用いた高い追随性も相まって高い空間戦闘能力を発揮する。

一方で、Ζガンダムガブスレイのような変形機構やキュベレイのようなサイコミュ兵装は有しておらず、その重鈍な外見に反して機体構成は簡素なものとなっている。
この設計思想はシロッコが今までの経験から「戦闘用MSにとって本質的に必要な要素は複雑な可変機構や過剰な火力ではなく、搭乗者の技量を確実に反映できる優秀なインターフェース、並びにそれに応えられる堅牢な機体である」と導き出した事に起因している。
ただし、本機は宇宙空間での運用に特化している為、重力下における歩行性能は決して高くない。

グリプス戦役終盤において、シロッコの専用機として戦線に投入。エゥーゴのΖガンダム百式、アクシズのキュベレイなどと激戦を繰り広げ、最後はΖガンダムの特攻によって破壊された。
また、シロッコの戦死によって本機の直接的な後継機は開発されていないが、その構成は次世代モビルスーツの先駆けとなった。

武装

前述の設計思想の通り、基本兵装は大型ビーム・ライフルとビーム・ソードとオーソドックスな構成となっている。
武装面での特徴として通常のマニピュレーター同様のエネルギーサプライシステムを内蔵し、ビーム兵装が使用可能な「隠し腕」をフロントスカート内に搭載している点が挙げられ、これを駆使する事でトリッキーな格闘戦が可能となっている。
また、小説版や近藤和久のコミカライズでは内蔵火器として小型メガ粒子砲を機体各所に装備している。

余談

サイコミュ式の機体管制システムは本機で独自に採用されているが、度々バイオセンサーと混同されており、誤解の種となっている(特にゲーム作品ではバイオセンサーで表記される)。パイロットの精神に反応して機能を向上させる点でバイオセンサーと混同されてしまうのが原因であろうか。

関連イラスト

PMX-003
PMX-003 ジ・O


ジ・O
終局



関連タグ

機動戦士Ζガンダム パプテマス・シロッコ カミーユ・ビダン Ζガンダム シャア・アズナブル 百式 
ハマーン・カーン キュベレイ メッサーラ パラス・アテネ ボリノーク・サマーン

pixivに投稿された作品 pixivで「ジ・O」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 429176

コメント