ピクシブ百科事典

ジーク(進撃の巨人)

じーく

ジークとは、漫画「進撃の巨人」の登場人物である。
目次[非表示]

以下に重大なネタバレあり









概要

壁内人類と敵対する「戦士」の中で戦士長と呼ばれる男性で、ライナーベルトルトアニの上司にあたる。壁外から来た巨人化能力者のひとりで、戦闘の時は獣の巨人に変身する。

戦闘力は巨人化能力者の中でも非常に高い。ライナーとベルトルトとはシガンシナ区で合流しており、今すぐにでもアニの救出に向かおうとしていた2人を力付くで止め、ウォール・マリア奪還のためにいずれやって来るエレンたちを待ち構えている。
エルヴィンに匹敵する程の知略を張り巡らせ、目的のために非情な判断も躊躇わないが、その根底には「自分たちで全てを終わりにしたい」という悲壮にも似た思いがある様子。



正体


主人公エレンの父グリシャ・イェーガーと、グリシャの妻にしてフリッツ王家の子孫であるダイナ・フリッツとの間に生まれた息子。つまりグリシャの後妻カルラの息子であるエレンからみて異母兄にあたる。
容姿は髪の色は母ダイナと同じで、顔立ちは父グリシャに似ている。ちなみにエレンは母カルラに似ており、ジークがエレンを見た感想は「父親に似てない」だった。

父グリシャと母ダイナは、マーレ国から支配され迫害される自分たちエルディア人の復権を望む「エルディア人復権派」の一員であったが、ジーク自身は目的の為に我が子さえも危険に晒す両親を憎んでおり、マーレ政府に両親のことを密告した。グリシャは息子に裏切られた事にショックを受けるが、後に「思想を押し付けらる苦痛がどれほどのものか、自分は知っていた筈なのに」と語っており、ジークにしてきた事を悔いていた。そのため第二子のエレンに対しては自らの願いを一方的に押し付ける事はせず、エレンが自分の口で壁の外に行きたいと言った時に、秘密と巨人の力を託す事を決意した。

ジーク自身は現在でも父グリシャを嫌悪しているが、一方でライナーたちの話からエレンがグリシャの息子、即ち自分の異母弟である事に気付いており、同じ父から洗脳されているとして弟のエレンには殺意を向けず、いつか助け出すと語っている。

始祖ユミルの血を引くフリッツ王家の子孫であるため、自分の脊髄液を注入させたエルディア人を任意で無知性巨人にして操る能力を持ち、その巨人たちは月の光なら夜間での行動も可能である。
この能力と幼い頃に両親を売った事から、エルディア人でありながらマーレ軍部上層部からも一定の信頼を得ているものの、自分が王家の子孫であることを未だに隠しているなど腹の中では色々と抱えている様子。

年齢は現時点では判明していないが、20年前にエルディア復権派がパラディ島に送られ、グリシャが能力を継承した後にキースと出会ったときジークは7歳であったことから、27歳前後と思われる。


関連タグ


進撃の巨人 ライナー ベルトルト アニ エレン グリシャ

pixivに投稿された作品 pixivで「ジーク(進撃の巨人)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4170

コメント