ピクシブ百科事典

ジール

じーる

ジールとは、人名。主に以下の人物のを指す。

ジール(テガミバチ)

CV:櫻井孝宏
リバースの略奪者。精霊になれなかった者の一人。
胴体は人間に近いが四肢はのような姿である。「カベルネ」を探していたザジと遭遇、狼のような素早い攻撃でザジを追い詰めたが、ザジの策によって「カベルネ」に襲われる。

関連項目
テガミバチ テガミバチREVERSE

ジール(クロノトリガー)

女王ジール


古代(B.C.12000)に登場人物で、浮遊大陸で暮らす「魔法王国ジール」の女王

かつては先代国王であった夫のあとを継いだ優しい性格の女王だったが、魔法の力を持つ自国の発展の為にラヴォスの力を利用しようとしている内に(このこと自体が元から古代世界にあった魔力を持つ者と持たざる者との民族格差をと差別感情を増長させる結果にもなっている)、ラヴォスエネルギーに触れた事で次第にその力に魅入られてしまい、ラヴォスを絶対的なと崇めていつの間にか国のためではなく自分の為だけに永遠の命を手にする野望を抱く。
その野望のためなら、例え有能な臣下はおろか実の子である長女・サラと長男・ジャキがどうなろうと一切知らん顔、邪魔となれば自ら何の躊躇いもなく排除・始末しようとする(ちなみにジャキも、野望のために姉の魔力を利用する実母を嫌悪している)。
肝心の王国も、野望の過程でラヴォスの力を受けて完全に崩壊させるという当初の目的を完全に忘れた本末転倒っぷりを見せるも、最早そんな事等知らぬ事であるかのような増長っぷり。

人でなしレベルで言えば、ある意味ラヴォスを完全に上回る本作の影の大悪役である

ジール(変身)


浮遊大陸崩壊後は「黒の夢」に潜み、最終的には巨大な顔と両手の怪物に変貌する。
クロノ達に敗れた後のその最期も、一切の反省も見せずに『ラヴォス神と一つになってお前達を星ごと滅ぼす』と言いながら高笑いと共に消滅するという、プレイヤー側に最後までイヤな感じを残すものであった。

もっとも、この直後に展開されるラヴォスによる所謂『ボスラッシュモード』の中に彼女の攻撃パターンが含まれていない点を見ても、結局ラヴォスにとってもジールはその程度の存在であったと言える。追い討ちをかけるように、攻撃パターンが含まれていたのはラヴォスに憎悪を抱く息子の方だったのも皮肉な話である。

関連項目
クロノトリガー ボスキャラ
サラ ジャキ
サラ・キッド・ジール

pixivに投稿された作品 pixivで「ジール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 73346

コメント