ピクシブ百科事典

スウェーデン

すうぇーでん

北欧に位置する王国。
目次[非表示]

北欧のスカンディナヴィア半島にある立憲君主制国家(王国)。

PixivではヘタリアAPH)の国家擬人化キャラのベールヴァルド・オキセンスシェルナも有名。

概要

正式名称はスヴェーア族の国を意味からスウェーデン語でKonungariket Sverige。通称Sverige。日本語で発音すると「スヴェーリエ」。
英語表記はKingdom of Sweden。日本語表記はスウェーデン王国。漢字表記で瑞典。

地理

西にノルウェー、北東にフィンランド、南西にカテガット海峡を挟んでデンマーク、東から南にバルト海が面している。首都はストックホルム日本と比べて国土は広いが、寒冷地と山脈が多いため、人口は少なく人口密度も低い。

歴史

ゲルマン系諸部族の小国が乱立し、瑞・丁・諾の3国にまとまった。「ヴァイキング」の一つとして恐れられた一方、イスラム圏まで手広く交易をしていた。主に自然崇拝中心だったが、10世紀にはキリスト教も受容されていった。

12世紀にフィンランドを統一。国内の弱体化が進み、1397年にはデンマーク・ノルウェーと同君連合を組み、デンマークに支配された。

1523年に同盟から離脱し、バルト海へ進出。中欧にも影響力を及ぼし、「北方獅子」と呼ばれたグスタフ2世アドルフのもと、アメリカにも植民地を持つ一大バルト帝国が築かれた。
18世紀にロシア帝国に敗れ国土が縮小し、ナポレオンとの戦いでフィンランドを失い、覇権の時代から没落する。

19世紀から北欧統一の機運が高まるも国力は低下し、20世紀には民主化・小国化へ向かう。福祉政策と武装中立を掲げ、第一次第二次の両大戦にも加わらず、友好国のフィンランドがソ連に侵略される事態(冬戦争)にも関与を避けた。冷戦期も中立を保ったが、米国寄りであったと見られている。1995年EUに加盟し中立を放棄した。

国柄

世界屈指の福祉立国として有名で、世界各国がお手本としている。武装中立をしていたため軍事面は強力で、戦闘機JAS-39を独自開発。一時は核武装も考えていたほど。中立を放棄した現在も、NATOには加盟していない。

長らく中立国だったため、外交面では対立する国を仲介する役を担っており、大戦末期の大日本帝国とアメリカや、開戦前のイラクとアメリカの交渉もしていた。

自動車ボルボは指折りの有名メーカー。ダイナマイトを発明したアルフレッド・ノーベルの出身国であり、ストックホルムでノーベル賞の授賞式が開催される。音楽では民族系やクラシック系、さらにポップ系も有名。

旧暦の冬至の12月13日に「一番大切な冬の行事」と言われる聖ルチア祭が行われる。
イタリアの女性聖者・聖ルチアに因んだ行事で、長く暗く寒い北欧の冬に光を呼ぶ、光の聖人や農耕の守護神として親しまれた。クリスマスの様式が取り込まれた祭りで、子供達が聖ルシアに扮して行列となり、お菓子を運んだり、「サンタ・ルチア」を唄ったりする。

社会

リベラルな国柄で、自由主義とフェミニズム思想の影響が強い。難民を積極的に受け入れ、生活保証も与えていたため、ストックホルムなど都市部の一部地区は働かずに福祉に頼って生活している移民が住み着き、一部はストリートギャングと化してしまった。

また、ポルノ規制が緩い国として知られ、昔の日本ではポルノといえばスウェーデンというイメージもあったが、今ではフェミニズム的な思想からポルノ規制も行われており、アイルランドアメリカ合衆国に次いで性犯罪が多い国になっている(フェミニズム的思想から性犯罪の基準が厳しいせいもある)。なお、同じくリベラルな国柄として知られるオランダと違って薬物規制は厳しく、マリファナは厳禁である。

関連イラスト

聖ルチア祭


関連タグ

ヨーロッパ 北欧
北欧神話 シュールストレミング 高らかにオナニー イングヴェイ・マルムスティーン ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)
ニルスのふしぎな旅せんぱいクラブ 

関連キャラクター

ペトラ・ヨハンナ・ラーゲルクヴィスト(アルカナハート)
ステラ・ブレーメル(トータルイクリプス)
ナツヤ (ポケモンレンジャー光の軌跡)
ミナミ (ポケモンレンジャー光の軌跡)

pixivに投稿された作品 pixivで「スウェーデン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 441683

コメント