ピクシブ百科事典

スカーフェイス

すかーふぇいす

スカーフェイス(scarface)とは、傷のある顔を指す言葉。または創作物における人物の名前・通称。
目次[非表示]

(pixpediaで分割された項目)

…他、各自誘導もしくは追記を。

スカーフェイス(傷のある顔)

フィクションでは主に悪役の象徴として用いられる事が多いが、アウトローダークヒーロー系の主人公にもよく見られる。
他の典型的な例として『元気少年系のに×字傷』もあるが、ニュアンス的にスカーフェイスに該当するものなのかは不明。

pixivでは『顔に傷』や『頬に傷』等のタグもあるが、普及していない。

関連キャラ

キャラクター作品(アルファベット・50音順)
檜佐木修兵更木剣八山本元柳斎重國BLEACH
ロン・ベルクDORAGON QUEST ダイの大冒険
ライダーFate/EXTRA
スコール・レオンハートサイファー・アルマシーFINAL FANTASY Ⅷ
キャプテン・ファルコンF-ZERO
レイ・クウゴLIVE A LIVE
はたけカカシNARUTO
モンキー・D・ルフィシャンクスサー・クロコダイルONEPIECE
キャプテンハーロック宇宙海賊キャプテンハーロック
木曾改二艦隊これくしょん
空母ヲ級艦隊これくしょん(アニメ)
ジャミル・ニート機動新世紀ガンダムX
ミスター・ブシドー機動戦士ガンダム00
イザーク・ジュール機動戦士ガンダムSEED
ドモン・カッシュ機動武闘伝Gガンダム
梅喧ギルティギア
スカーフェイスキン肉マンⅡ世
愚地独歩グラップラー刃牙
花山薫グラップラー刃牙
伊達臣人魁!!男塾
ディカープリストリートファイターⅣ
レッド・サハランソラトロボ
泉井蘭デュラララ!!
ヤムチャドラゴンボール
バーダックドラゴンボールZ
傷の男(スカー)鋼の錬金術師
津村斗貴子武装錬金
ブラック・ジャックブラック・ジャック
バラライカブラックラグーン
フランケンシュタインの怪物フランケンシュタイン
相良宗介ボン太くんフルメタル・パニック!シリーズ
バレットブレイブルー
シュウ北斗の拳
ザングースハブネークポケモン
ゾンビーナモンスター娘のいる日常
スカーライオンキング
緋村剣心るろうに剣心
スティーブン・A・スターフェイズ血界戦線


その他の関連タグ

 傷跡 悪役 海賊 隻眼 フライフェイス

スカーフェイス(キン肉マンⅡ世)

スカーさん


CV:乃村健次
元はd.M.p(デーモンプラント)に所属する悪行超人
d.M.p壊滅後は組織再興の為に、正義超人養成学校H.F(ヘラクレスファクトリー)に潜入し、内部から新世代超人達を始末しようと目論んでいた。
同じ悪行超人だったケビンマスクは彼の正体を知っていたが、かつて訓練の最中にスカーに命を助けられた恩義からスカーの正体を密告することができずにいた。
もっともスカーはケビンを助けたのは「恩を売っておけばいつか役に立つと思ったから」と語っているが、正義超人入りしてからの描写からケビンとは悪行超人時代からそれなりの絆で結ばれていたことが伺える。
初登場時はマフィアのような巨漢のオーバーボディを着ており、“スカーフェイス”の名前はその顔に大きな傷があることから由来している。
髪の毛のような部分「スワローテイル」は強力な刃であり、蛸足のようにうねり相手を突き刺す。

キン肉万太郎の『マッスルミレニアム』最初の犠牲者。
悪行超人時代は常に圧倒的な強さを読者に見せつけ、人気投票では読者から「初代、Ⅱ世両作品合わせて3本の指に入る強さ」と非常に高く評価されている。
H.F入れ替え戦決勝戦で万太郎に敗れたが、万太郎との試合で今までの血みどろの戦いでは味わえなかった満足感を感じ、悪魔の種子編では、アイドル超人軍を率いて疲労に倒れた万太郎の救援に現れ、悪行超人時代からの仲であるケビンと共にタッグチーム・B(ブラッド)-エボリューションズを結成。
再生アシュラマンボルトマンのザ・デモリッションズと戦った。
結果としては敗北し、ボルトマンに殺されてしまったが、このときの正義超人としてのスカーの姿は非常にかっこいい。

B-エボリューションズ


その後、リボーンダイアモンドにより復活し、時間超人と闘った。

必殺技は『スピニング・ダブル・トーホールド』『バッファローブランディング』『アルティメット・スカー・バスター』等。
なお、本名は『マルス』だが、作中では正体がばれた後も“スカーフェイス”で通している(仲間達からはよく『スカー』と呼ばれる)。

関連タグ

キン肉マンⅡ世 d.M.p アイドル超人軍
ケビンマスクB-エボリューションズ
ジェイドスーパー・トリニティーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「スカーフェイス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 975952

コメント