ピクシブ百科事典

スティング・オークレー

すてぃんぐおーくれー

スティング・オークレーとは、『機動戦士ガンダムSEEDDESTINY』の登場人物。
目次[非表示]

プロフィール

血液型A型
身長172㎝
体重59㎏
年齢不明(推定17歳)
CV諏訪部順一
搭乗機


人物

地球連合軍・第81独立機動群(通称:ファントムペイン)所属のエクステンデッドの少年。幼少の頃から、ロドニアの研究所(ラボ)でナイフや重火器を扱った実戦訓練シミュレーションでの戦闘訓練定期的な薬物投与及び記憶操作の調整(作中では『最適化』と呼称される)が行われている。
そのため、軍からは「生体CPU」と呼ばれるMSのパーツ扱い(消耗パーツ扱い)であり、パーソナルデータはすべて消去済み。年齢すら、推定扱いで正確には分かっていない。

黄緑の髪黄色の瞳を持つ。
任務外では、アウルとバスケ(1on1)をしたり、自分達とはぐれたステラを探したり、無事だったステラを気遣ったりなど「面倒見の良い2兄のような存在の少年」だが、戦場では冷酷な性格へと一変、高い戦闘能力を発揮する。
またエクステンデッドには聞くと恐慌状態に陥る単語(ブロックワード)が存在し、スティングの場合は「夢」がそれに該当するが、アウルやステラとは違い、本編に登場することがなかった為長らく不明だったが、福田監督twitterの発言にて判明した。
(因みにこの呟きは既に存在していないので、閲覧することは不可能)

作中での活躍

アウル,ステラと共に、プラントの軍事衛星であるアーモリーワンに潜入し、セカンドステージシリーズのMSを強奪する。その際は、3人の中では比較的冷静な判断能力を有していた為、リーダー的役割を果たしている。
以降、強奪時に搭乗したカオスを乗機とし、度重なる戦闘では空中戦でアスランの乗るセイバーと激闘を繰り広げる。
インターフェイスの改良により、前作のように高い空間認識能力がなくとも操作が可能となったとはいえ、やはり扱いにくい武装である機動兵装ポッドを難なく使い熟しているあたりは流石と言えよう。
しかし、自分の技量がアスラン(やイザーク、ディアッカなどの前大戦を知る者)に一歩及ばない事に気付き、苛立ちの感情を抱いたことも・・・。

身分を隠してのディオキアでの休暇中には、崖付近の洞窟にいたステラを救助しに来た際に、彼女と共にいたシンやアスラン(スペシャルエディションではルナマリア)とも出会っている。
他にも、ディオキアでのラクス・クラインの慰問ライブに浮かれるザフト軍や民間人へ皮肉を言ったり、ファントムペインの宿命(「ファントムペインに負けは許されない」)を最も理解した言葉を呟いたりしたこともある。

ステラから齎された「ロドニアの研究所(ラボ)がザフトに発見,接収,調査されている」ことを知り動揺し、恐慌状態に陥ったアウルを宥めていたために、ステラの変調に気付く余裕がなく、ガイアで出奔したことにも気付けなかった。
これが切欠で連合は彼女を「MIA(Missing In Action=戦闘中行方不明=死亡)」と見做し、アウルとスティングから彼女の記憶を『最適化』によって消去してしまう。
しかし、違和感を覚えていたアウルとは違い、面倒を見ていた己の方が完全に忘れてしまったのは何という皮肉であろうか・・・。

マルマラ海・クレタ沖での戦闘でアウルが戦死したことで更にアウルの記憶も『最適化』によって消去されてしまったために、ステラが帰隊しても「死に損ない」と発言、厄介者扱いで嘗ての兄と妹のようだった関係は見る影もなくなってしまう

ベルリンでの戦闘においては、アークエンジェル所属のムラサメ3機にカオスを撃破され、機体が爆散したが、無事に脱出している。『SEED』『SEED DESTINY』において専用機に乗っていながら量産機に撃破された唯一のパイロットになってしまった。

ベルリン脱出後は、他の強化人間と共にヘブンズベースにて再調整されていた。
この再調整により、ヘブンズベース攻防戦においては5機投入されたデストロイの1号機に搭乗出来るまでの適性値になったが、記憶の空白と薬物による強化調整でいつもの冷静さは無く、破壊を愉しむ狂的な性格に変貌という嘗ての面影は見る影もなくなってしまう。
最期はロゴスへの怒りでSEEDを覚醒させたシンデスティニーによるアロンダイトの攻撃でコックピットを貫かれて死亡した。
彼の死の間際の心情や死に様が、後藤リウ氏の書いた公式小説第4巻「示される世界」の258ページから259ページで描かれた。
それは、死の間際にもデストロイへの執着心を抱いていたが、アウルとステラと思われる存在が現れ、「何故か面倒を見てやらないと仕方がない」と感じたスティングが2人の元へ逝くというものだった。

余談

そのファミリーネームから、一部ファンから親しみを込めて「オクレ兄さん」と呼ばれており、この呼称を担当声優の諏訪部順一も気に入ったようで、同番組のラジオ番組「週刊Radio SEED DESTINY(通称:ラジ種で~す)」にてウィークリーパーソナリティとして参加した時に借用した。

尚、担当声優の諏訪部順一が『月刊ニュータイプ』付録のガンプラ用デカールに書を寄稿した際には、「スティング・オークレー」に対し「素天狗大暮」の当て字を用いている(諏訪部曰く「スティングは昭和ヤンキーのイメージがある」との事)。

pixivでは、2人の兄的存在だったためか、ソロでのイラストより、ステラやアウルとの3ショットの方が多い。

関連イラスト

Good-bye Summer
カオスちゃん



関連タグ

機動戦士ガンダムSEED DESTINY
カオスガンダム
ネオ・ロアノーク アウル・ニーダ ステラ・ルーシェ

pixivに投稿された作品 pixivで「スティング・オークレー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22846

コメント