ピクシブ百科事典

ステイル=マグヌス

すているまぐぬす

ステイル=マグヌスとは、鎌池和馬原作のライトノベル「とある魔術の禁書目録」の登場人物である。
目次[非表示]

「灰は灰に 塵は塵に 吸血殺しの紅十字!」


pixivにおいての検索では、フルネームよりも、「ステイル」とファーストネームのみの入力を推奨する。

人物

CV:谷山紀章

魔法名(殺し名)はFortis931(我が名が「最強」である理由をここに証明する)。
イギリス清教の「必要悪の教会(ネセサリウス)」所属の魔術師
年齢は14歳で、2mを超えるほどの長身上条詩菜曰く「随分とイケメン」。
漆黒の修道服、赤く染め上げられた金髪、10本の指にはまった銀の指輪、毒々しいピアス、右まぶたの下のバーコードのようなタトゥー、といった、かなり特徴的な容姿をしている。
神父の格好をしてはいるものの、とてもそうは見えない(通称、不良神父)。
14歳という年齢からは想像もつかないほど大人びており、「ニコチンとタールがない世界は地獄」と言い切るほどの愛煙家。初期のイラストでは割と童顔であり、記憶喪失前の上条からは年頃を当てられていた。神裂は適齢期すぎていると思ってたくせに。

能力

必要悪の教会(ネセサリウス)内でもトップクラスの実力者であり、24文字全てのルーンをマスターすると同時に新たに6つのルーンを開発するという魔術師でもある。しかしこの世に生を受けてからまだ14年。あの御坂美琴と同い年である。うーむ、天才児だ…。
その中でも得意とするのは炎属性のルーンであり、強力なの魔術で敵を圧倒する。
元々インデックスを守ることを目的として魔術を習得した為、その戦闘スタイルは圧倒的な攻撃力と拠点防御に傾向する。特に魔術の使用には大量のルーンカードを使用する地域に設置しなければならないので、戦場を移動しての戦闘を大の苦手とする。逆に動かない目標には圧倒的に強く、魔術結社の拠点制圧などで大きな戦果を残していた。

吸血殺しの紅十字

2本の巨大な炎の剣を生みだし、大ハサミのように相手に叩きつける技。
1本でも強力な炎の剣を2本も使うため、とてつもない威力になる。それは一瞬で周囲を灼熱地獄に変えるほど。

魔女狩りの王(イノケンティウス)

魔女狩りの王


その意味は「必ず殺す」。
摂氏3000度の炎の巨神を作り出す、ステイルの切り札とも言える魔術。巨大な炎の十字架で相手を容赦なく焼き尽くす。また、前述の吸血殺しの紅十字を叩きつけると、大爆発を引き起こす。
たとえ巨神を攻撃しても、結界の中のルーンを破壊しない限り何度でも再生する。また、自動追尾の性質を持ち、壁も何もかも溶かしながら相手を執拗に追い詰める。逃げのびるには、ルーンの効果範囲から脱出するしかない。
元ネタはイノケンティウス3世と思われるが、よくインなんとかさんネタにも使われる。

人間関係

上条当麻

物語序盤でインデックスを巡って激突したが、「耐水性が低い」というルーンの弱点を突かれ敗北(その後、ルーンカードをラミネート加工することで克服)。
その後、インデックスの「首輪」を破壊してくれた彼には感謝する一方、嫉妬もしている。
彼とはその後も共闘することが多くなったが、その際には彼を囮や盾にすることが多いため、上条本人からも文句を言われたりすることも多いなど、お世辞にも関係が良好とは言い難い。しかしお互いに不信感がある訳でも無く、信頼はある様子。

インデックス

上条の前はステイルと神裂火織が彼女のパートナーであった。
かつては上条と同じように、記憶消去を回避しようと奔走したが、それは叶わなかった。
だが、彼女が記憶を失っても尚、彼女を守るために生きて死ぬことが行動原理であり、彼女こそが生きる理由そのものである。
絵面だけ見れば完全なロリコンだが、前述のとおり、ステイルの実年齢は14歳であり(そもそも彼女の実年齢に至っては完全に不明である。)
よって彼がロリコンとは言い難い。彼がロリコンとは言い難い。
大切なことなので2回言いました。
それどころか1巻にてインデックスは15歳くらいと推測されており、もしそれが正しければむしろインデックスの方が年上ということになる。

神裂火織

ネセサリウスの同僚であり、かつては共にインデックスを懸命に救おうとした。
建宮登場後は天草勢で固まっていることが多いからか最近ではあまり一緒にいない。
アニメのOPでは同時、または連続して映ることが多い。

月詠小萌

外見年齢と実年齢が逆にしか見えないコンビ
大覇星祭編で喫煙を注意されて以降、2次創作などでは絡みが多くなった。
小萌「神父さーん」
ステイル「ゲッ」
のような関係である。

余談

前述の通り14歳というありえない年齢なのだがタバコを吸っているためか、原作以外の媒体では年齢については語られていない。
また上条(や土御門)とは何かと共闘の機会が多いため、登場頻度自体は安定して高いが、神裂以上に敵のかませ犬にされてしまうこともしばしば(アウレオルスに人肉プラネタリウムにされたり、建宮にボコボコにされたり、オリアナの蹴り一発で吹っ飛ぶなど)。しかし裏を返せば、単なる魔術バカではなく、上条についていけるだけの身体能力があるということも言える。

アニメ2期における前期EDではなぜか神裂共々ハブられている。前期ED映像は1クール目で登場した主要キャラはほぼ全員(第1話しか出番がない闇咲逢魔や殆ど台詞がない五和ですら)出ているのにも関わらず不遇である。

因みにとある科学の超電磁砲にも登場しており、2巻の第8話七月二十日で佐天涙子を待っている初春飾利の後ろに彼らしき人物が描かれている。インデックスを保護しに探しているのだろう。

関連項目

とある魔術の禁書目録
上条当麻
インデックス
神裂火織
ローラ=スチュアート
沙悟浄最遊記) - 外の人繋がり
獄寺隼人 - 同い年のヘビースモーカー。炎の色繋がりでもある。顔も結構似ている。
クー・フーリン(Fate) - 炎の大巨人召喚が決め技のルーン魔術師つながり。

pixivに投稿された作品 pixivで「ステイル=マグヌス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 488260

コメント