ピクシブ百科事典

ストライクフリーダムガンダム

すとらいくふりーだむがんだむ

ストライクフリーダムガンダムとは、TVアニメ「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」に登場するモビルスーツ。フリーダムガンダムの後継機にあたる。
目次[非表示]

概要

形式番号ZGMF-X20A。
フリーダムガンダムの後継機として開発されたモビルスーツであり、そのためフリーダムガンダムの特性を受け継いでいる。
スラスターにはスターゲイザーに搭載された惑星間巡航システム「ヴォワチュールリュミエール」を応用したものを持ち、非常に高い機動性を有する。
武装も強化され、全領域で非常に高い戦闘能力を誇る超高性能機だが、多数の新技術を投入した結果、ビームライフル携行中は腰部レールガンが使用できない事や、ドラグーンを展開しなければ最大機動ができない(よって、大気圏内では機動性能に制限がかかる)など、設計に混乱も見られる。
公式では、全話終了後の時点において事実上SEED世界最強のMSと言う事になっている。

元々はザフトにおいて先代機フリーダムガンダムと同時期に開発が開始されていた量産試作機であった。だが、ドラグーン・システム及び後のヴォワチュール・リュミエールシステムとなる次世代推進機関の開発が予定より遅れたため戦時完成には間に合わず、 さらにユニウス条約が施行された影響で、現存する開発データなどは全て封印されることとなった。
しかし、それら設計データは後にクライン派によって秘密裏に奪われ、デスティニーガンダムらに投入されたセカンドステージのMSの技術を加味した上で、キラ・ヤマト専用の超高性能ワンオフ機として再設計を施され、現在の姿として日の目を見る事となった。

MGの設定では、装甲を細かく分割する事で更に人間に近い動き=その他機体性能と合わさり非常に高い機動性を発揮するが可能な措置がなされているとされ、 副作用として発生する防御力の低下を、フレーム全てをPS装甲材で製作する事でカバーしている。
上記の「装甲を機能に支障が出る寸前まで犠牲にした上での非常に高い機動性を持つガンダム」として近年広く認知されているが、 実際は内部フレームが過去最高強度まで可動可能なフェイズシフト装甲になっている為、 むしろ実弾に対しては旧フリーダムより強くなっている。
無論ビームに対する防御力は低下しているが、ビームシールドの採用によりその弱点も無いに等しい。
なお、フェイズシフト装甲は出力次第でビームの完全防御も可能である(例:ヤキン・ドゥーエ攻防戦に置いてローエングリンを無効化したジェネシスのPS装甲)。
同様の機構はデスティニーガンダムにも採用されている(MGプラモデル設定書その他より)。
こちらがキラ・ヤマトの技量に全幅の信頼を置き、デメリットを黙殺して実装されている点に対し、デスティニーガンダムに採用された機構はパイロットの技量に頼らず、隙を限りなく無くした堅牢な造りをしているという設定がある。
いずれにしても、両機の機動性・運動性はC.E.のMSで1.2を争うものだろう。
また、本機は劇中にて1度も被弾していないMSであり、唯一被弾らしきシーンは初陣にてグフイグナイテッドのスレイヤーウィップに一瞬捕まった程度であり、オーブ攻防戦「オペレーション・フューリー」においてもザフト最新鋭機のデスティニー、レジェンドの2機がかりでようやく撃墜寸前まで追い込めるなどパイロットと合わせて高い戦闘力を発揮している。

武装

MMI-GAU27D 31mm近接防御機関砲

頭部に搭載された近接防御機関砲。
ミサイルの迎撃やPS装甲を持たない小型兵器への攻撃に適している。
劇中では未使用。

MA-M21KF 高エネルギービームライフル

フリーダムの「MA-M20 ルプス」を改良したビームライフル。
両手に二挺装備し、ライフルを連結する事で高出力・長射程のビームを発射する事が出来る。
スペシャルエディションでは、発射後にフリーダム系列機体特有の赤い粒子が収束して銃口から飛んで行き、それが直撃する事で更に大きな威力を発揮する描写があった。
連結状態ではデストロイガンダムの主砲一斉射でもやぶれなかったデスティニーガンダムのビームシールドを何度も打ち破る活躍を見せた。
最も、後述のカリドゥスはレジェンドガンダムのビームシールドを吹き飛ばす活躍を見せていた為、性能面では面攻撃のカリドゥス、貫通力の連結ライフルと言った所だろうか。
未使用時には両腰にマウントされる。

MGX-2235 カリドゥス複相ビーム砲

腹部に内蔵された大出力ビーム砲。
同名の武装はアビスガンダムにも存在するが、こちらは威力・連射性能において大幅に上回る。
固定装備の為射角は限られるが、本機の搭載する武装の中でも特に高い威力を有し、また構えずに撃てるため乱戦などでは使い勝手が良いと思われる。
威力はデスティニーガンダムのM2000GX高エネルギー長射程ビーム砲と互角。
また、コックピット直下にこの兵装が搭載されている為、コックピットとの間を遮蔽する超高精度鏡面壁とエネルギー防壁が完備されている。

MMI-M15E クスィフィアス3レール砲

フリーダムのクスィフィアスレール砲の発展型。格納方式が小型・単純化されているが、威力は向上している。
なお、ビームライフルを両腰にマウントする際は本装備は後腰へ移動する為、その間使用する事が出来ない。
このため劇中では、一旦ライフルを中空に放り投げた上で相手の攻撃を白羽取りで受け止め、可動可能になった本武装ですぐさま反撃に転じるという特殊な運用法を見せた。

MA-M02G シュペールラケルタビームサーベル

2基のデバイスを連結させた「アンビデクストラス・ハルバード」モードとしても使用可能なビームサーベル。
意外にも性能面ではセカンドシリーズ(インパルスのヴァジュラ等)と同程度と控えめ。
キラは格闘において二刀流を得意とする為、基本的に連結する事は無かった。

MX2200 ビームシールド

両腕部に装備されたビームシールド発生装置。
ビームの出力を調整することで防御面を自在に変化させることができる。
また、レジェンドガンダム戦では二枚重ねることで前方全て+αの広範囲をカバーし、ドラグーンのビームを防いでいる。
劇中では大体の攻撃を耐え切っているが、レジェンドガンダムのプラットフォームからのドラグーン一斉射にはさすがに耐え切れず、ダメージこそ受けていないもののビームシールド部分、機体共に吹き飛ばされた。

EQFU-3X スーパードラグーン 機動兵装ウイング

背部に搭載された、スーパードラグーンを搭載した武装プラットフォームとヴォワチュールリュミエールの複合ユニット。
ヴォワチュールリュミエールは武装プラットフォームからスーパードラグーンを外す事で使用可能となり、本機の機動性を飛躍的に向上させる。
しかしながら、ドラグーンを使用出来ない大気圏内(1G環境下)ではドラグーンを取り外す事が出来ない為に当システムを稼働する事が出来ず、最高速度での戦闘を行う事が出来ないと言う欠陥を有しており、本機の設計・製造の混乱が最も大きく現れた兵装ともいえる。

ただし、近年のプラモデルでは新解釈として、ドラグーンをウイングにマウントした状態から少しずらして展開し、ヴォワチュール・リュミエールを展開しうる様な隙間を発生させるギミックが採用される事が多く、それを受けてかHDリマスター版の新規映像では、大気圏内でドラグーンをマウントしたままある程度のヴォワチュール・リュミエール(ないし同部分からのスラスターの噴射)の発動を行っている描写があり、一概に完全に使用不能と言う訳でも無いようである。

また、HGCE、つまりはRevive版のガンプラの説明には、「機動兵装ウィングを展開したハイマットモード(フリーダムと同じ高機動形態)」という1文があり、そもそも以前からドラグーン部分からスラスターを噴射している映像資料は大量に存在する為、ドラグーンをマウントしている状態でも、フリーダムのウィングバインダーと同様にウイングスラスターとして普通に機能する様である。
なおヴォワチュール・リュミエール起動時には、その繊細な操作には優れた判断力と熟練が要求されるため、キラ以外が使いこなすことは困難である(むしろ一般のMSパイロットには不可能)。

MA-80V スーパードラグーン ビーム突撃砲

機動兵装ウイングの武装プラットフォームに搭載されている八基の遠隔操作兵器。
使用者の空間認識能力に依存しない第2世代ドラグーンをベースとしながら、キラ・ヤマトが使用する事を前提に更なる高性能化が施されている。
結果、再び特異な空間認識能力が必要とされる兵装に元通りになってしまった。

フルバースト時のマルチロックオンにおいて必要とされる情報処理との並列処理を含めるとスーパーコーディネイターであるキラでなければ性能を最大限に発揮させることは不可能である。
すなわちドラグーンの制御そのものに空間認識能力が必要というわけではないが、劇中ではキラ・ヤマトは何度かニュータイプ的演出(額に閃く発光現象)を発している。
これは、機動戦士ガンダム00リボンズ・アルマークロックオン・ストラトスらも同様の現象を起こしていた(「第六感」のアニメ的表現か)。
また、ビーム砲からビームサーベルを発生させる事も可能であり、格闘兵装としても使用出来る。

上記のとおり攻撃端末としては非常に強力かつ優秀だが、本機は1G環境下で自重を相殺するだけのスラスターを有していないため大気圏内では使用できず、レジェンドガンダムのようにプラットフォームに搭載したままでの射角の操作等も出来ない。

余談

スーパードラグーンについての補足

宇宙世紀のオールレンジ兵器と違い2機程度までなら高い空間認識能力を持たずとも使える点が特徴。
同システムが搭載されているカオスガンダムや同系統の武装を持つデストロイガンダムのパイロットは特別空間認識能力が高い様子は見せなかったが、どちらも2機までのドラグーン兵器を操作して戦闘を行っている。
これは裏返せば3機以上のドラグーンを使いこなすことは一般人にはできないということでもあり、オールレンジ兵器の真価と言える文字通りの「全方位攻撃」を行うにはやはりキラやムウ、ラウなどの高次の能力者であることが必要不可欠である。

ストライクフリーダムに装備されたドラグーンは、「使用者の空間認識能力に依存しない第2世代ドラグーンをベースとしているが、キラ・ヤマトが使用する事を前提に更なる高性能化がなされた結果、特異な空間認識能力が必要とされる兵装になった」と言う解釈が正しい。

設定の変遷

本機は劇中の設定、ガンプラの設定、ガンプラの設定から更に一歩進んだMGの設定で全く違った設定が開示され、どれが正しいのかは今も議論されている(なお、便宜上、本項では最新版の設定であるMG版の設定を掲載している)。
近年ではMG版の設定を大本に、前情報から生き残った物をいくつか採用した物が安定して認知され始めた。
2010年にカトキハジメ氏のリファインデザインを基にしたパーフェクトグレード版が発売され、続く2013年11月に実機考証を基にしたリアルグレード版が発売された。

名称

当初は「スーパーフリーダムガンダム」という名称であったが、同時期に早稲田大学のサークル「スーパーフリー」が強姦事件を起こした影響からか、現在の名称に変わった。
公式サイトでは「一部媒体に置いて違う名称が使われていましたが」との表記があったが、その媒体とは他ならぬ公式サイトであった。

ゲームにおける本機


媒体にもよるが、基本的にはパイロットともども強機体として描写されることが多い。

ガンダムVSシリーズ

ガンダムVSガンダムNEXT

ゲーム「機動戦士ガンダム ガンダムVSガンダムNEXT」において隠しボスとして登場。
耐久力が減るとミーティアを装備し、さらに耐久力が減るとミーティアが壊れ常時S.E.E.D.発動状態になる。
ボス機体らしく、耐久力・攻撃力が高く、反応がいい。ほぼ原作通りの性能を発揮していてかなり強く、また隠しステージ故にコンティニュー不可である事も相まってその戦闘能力で多くのプレイヤーを苦しめた。

その後、1次解禁に伴いプレイアブル化。
こちらは所謂高機動万能機。射撃・格闘は標準以上でBDも優秀だが、火力と耐久力が低く使いこなすのが難しい。火力が低いため劣勢からの一発逆転は不可。
PSP版では射撃性能が強化されたが、格闘性能がやや下方修正されたためにAC版よりも距離感を意識する必要がある。火力と耐久力はやはり低い。
勝利ポーズは一回転した後に原作のタイトルバックと同じポーズをとり、敗北ポーズは連結したビームライフルに寄りかかるポーズとなる。

機動戦士ガンダム EXTREME VS.シリーズ(EXVS

高い機動力と優秀かつ豊富なビーム兵器を備えた射撃寄り万能機。コストは3000。
赤ロック距離が長く、機動力もトップクラスで、間合いの調整は得意。 ブーストダッシュは速度面もさることながら旋回性能にも優れている。ただし、耐久力は600と同コストワースト1位。これは一つ下のコスト2500の平均値にも劣っており、事故に弱く、覚醒ゲージの総蓄積量が少ないため、半覚醒3回が安定しない。
武装は射角と弾数に優れるビームライフル、弾速と誘導が優秀な単発ダウンのチャージビームライフル、威力以外は改善されたマルチロックオン射撃のビームライフル2挺連射、自機の周囲に停滞・相手を方位と使い分けれるため攻防両面に使える特殊射撃のドラグーンといずれも優秀で実用的。 発生と弾速に優れるサブ射撃のハイマットフルバーストはドラグーン停滞中に使えばドラグーンフルバーストに変化し攻撃範囲が大きくなる。
格闘は前作と比べると、発生・判定は基本的に弱くなった。
とはいえ一部の格闘は万能機とは思えない性能を持ち、迎撃性能は抜群。攻撃の誘導を切る効果を持つ宙返りを持つ。
ただし耐久力の低さから、積極的に格闘を振っていく機体ではない。
この機体の本領は、豊富なビーム兵器を活かした中距離以遠における射撃戦での迎撃性能と軽快で高い運動性能を生かした回避性能ゆえの高い生存能力にある。上記の通り打たれ弱いため使いこなすのには手練がいるが、優れた使い手が使用すれば相手の攻撃を避けつつ撃ち合いを制するといった高度な射撃戦を行える熟練者向けの機体である。
これらの要素から強機体として使用率も高かった。
勝利ポーズは、宙に浮きながら停滞ドラグーンとヴォワチュール・リュミエールを展開。FBでは、OPのタイトルバックを再現したロングライフルを構えたポーズが追加された。 敗北ポーズは、片膝を付いて俯くようになる。

続編であるフルブーストマキシブーストにも継続して参戦。
フルブーストでは行動キャンセルルート追加の他、覚醒技の発生速度及び威力上昇、停滞ドラグーンのビーム発射コマンドが連合VSザフト時のもの(特殊射撃ボタンでビーム発射)に変更され、前作よりある程度強化がなされている。
マキシブーストでは、念願のヴォワチュール・リュミエールの戦闘中発動が可能となった。
ただし、ゲーム上機体性能に変化は無く、あくまでエフェクトのみの実装である。
前作と比べ上方修正が加えられたためか再び強機体入り。
現在ではガンダムレギルスとナイチンゲールの参戦、アップデートにより弱体化が施されたがまだまだ強めの位置からは退いていない。
更に、覚醒時限定で格闘チャージを行うとミーティアとドッキング可能。後述するボスフリと比べて性能は低いが特殊射撃のフルバーストの破壊力は高い。(ただしその巨体ゆえ対人戦では的になりやすいので実際はネタ武装。)
マキシブーストONでは、シングルCSの威力低下、後派生が強制ダウンになる等、前作に比べて大きく弱体化されている(これは後述するEXVS版ボスフリにも適用されている)。勿論S.E.E.D.発動の追加に伴い、前作のミーティア合体が削除されている(これはインフィニットジャスティス、フリーダムも同様。)ただしマキシブーストまであったマルチCSも削除されたが、ロックオン切り替え時に単発ダウンのチャージビームライフルが強制的にマルチロックオンに変更されなくなった。そのため以前より咄嗟のダウン取りがやり易くなったので、これに関しては弱体化とは言いがたい。
そのかわりNEXT以来となるS.E.E.D.発動が追加された。使用時にブーストが回復し、機動力が大幅にアップするが、受けるダメージが倍になり、ダメージを受けると即終了、1出撃に1回等の制約もある。そのため使い所はよく考えたい。
そして、NEXTで登場したボスフリが復活。通常→ミーティアとドッキング→常時覚醒といった点はNEXTと同様。NEXT程の鬼畜性能は無いものの、出現ステージの場所上(現時点で最難関とされる7-DEX)高い耐久力と高跳びの多用で倒しにくくなっている。

ガンダム無双

2より参戦。
集団戦・タイマン共に優れている。
C1は1回で2連射するために連射速度は速く、特定スキルをつけて打ちまくると爽快。
ただし、通常連・チャージ攻撃ともに隙が大きめ。
何故か原作には無い、ドラグーンで相手を直接タコ殴りにする攻撃方法を持つ。
真・ガンダム無双ではチャージ攻撃6がドラグーンタコ殴りからハイマット・フルバーストに変更され、さらに集団戦に特化。そしてパイロットレベルが30になると発動できるSP攻撃2はミーティアとドッキングし、ビーム砲やミサイルからなる広範囲のフルバースト攻撃となる。

A.C.E R

前作の3の旧フリーダムのような強さはないが、それでも強力な機体。ゲージをためてSEEDを発動させれば、連続でオールレンジ攻撃が可能。
プレイヤーが仕様しても使いやすい機体ではあるが、僚機として参戦させるとゲームの進め方が非常に楽になる。プレイヤー機をドラグーンで援護してくれる。

スーパーロボット大戦シリーズ

スーパーロボット大戦Z

原作同様フリーダムを失ったキラの機体として登場するのだが、参戦時期が非常に遅い(終盤に入ったところである)。
さらに武装も癖が強い上にEN消費率が激しく、お世辞にも使い勝手は良いとは言えない。
一応ランド・トラビスを主人公にした場合は、フリーダムがスポット参戦する時期に改造を行っておけばその改造を引き継ぐのだが、セツコ・オハラを主人公にした場合は大抵初期から参戦しているシン・アスカが主力として活躍しているであろう上、ルートによってはシンとデスティニーが離脱せずに最後まで活躍し、武装面でもデスティニーの方が使い勝手が良い為、若干冷遇されているといえる。
余談だが、没データとして敵使用のデータが存在する。
第2次Z破界篇では合体攻撃が追加されるなど、やや優遇されている。またシリーズを重ねると燃費も改善されていった。
MAP兵器も完備しているため、スタメンで採用しても十分活躍は出来るだろう。
第3次Z天獄篇ではZシリーズ初の序盤から参戦となった。

スーパーロボット大戦K

今作ではZと打って変わって非常に強力な機体になっている。
比較的早期(といっても全36話中の19話からだが)加入し、パイロット共々高水準な性能を持つ。

スーパーロボット大戦L

41話中27話と参戦は遅め。
パイロットの方がやや弱体化したが、相変わらず強力。ガンダム系唯一の宇宙適応Sが光る。

スーパーロボット大戦UX

参戦は相変わらず中盤。
宇宙マップが少ないためか、地上でもドラグーンを使用可能になった。
また、通常兵器版のフルバーストでマルチロックオンのカットインが無くなった。

Gジェネレーションシリーズ

「PORTABLE」で初参戦。他ゲーム同様C.E.ガンダムどころか全ガンダム系最強クラスを誇る。
近距離から遠距離まであらゆる射程に対応できる。
ハイパーデュートリオンシステムによってVPSなどのアビリティによるEN消費はないが、強力な武器はENを多く消費するので、EN強化やEN回復オプションパーツを装備しておけば継戦能力は高くなるだろう。
もちろんミーティアとのドッキングもあるが、宇宙でしか使うことができない(特定のOP装備で地上でも運用可能)上、サイズの関係で配置を間違えるとミッションの進行を妨げる要因ともなるため、使用頻度は少ないだろう。しかし大型機であるため、高い火力による対MS・対艦戦に優れている。

関連項目

機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
インフィニットジャスティスガンダム デスティニーガンダム レジェンドガンダム アカツキガンダム
キラ・ヤマト

pixivに投稿された作品 pixivで「ストライクフリーダムガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 326461

コメント