ピクシブ百科事典

ストライダー飛竜

すとらいだーひりゅう

カプコンより発売されたアーケード用横スクロール型アクションゲーム。
目次[非表示]

概要

アーケード版第一作目は1989年、第二作目は1999年に稼働開始。
更に2000年には『ストライダー飛竜1&2』としてプレイステーションに移植された。
因みに、パッケージイラストは本宮企画が担当しており、本作品はカプコン・本宮企画の共同作品である。
そのためコピーライト表示の際は、カプコンだけでなくモト企画も含まれる。

PCE版ストライダー飛竜におけるナレーションは故・家弓家正

2013年の『COMIC-COMサンディエゴ』でPS3およびPS4向けで開発中であることが明かされている。
PS4にあわせて2月22日に発売された。
のちに、2014年2月26日にXbox360版、2014年9月4日にXboxone版とPC版(『STEAM』でのダウンロード専売)が発売された。
PS3版のみがパッケージ版とダウンロード版、それ以外はダウンロード販売のみ。

登場キャラクター

飛竜

担当声優・PCE版:塩沢兼人マブカプ3うえだゆうじ。ストライダー飛竜2、namco×CAPCOMプロジェクトクロスゾーン2鳥海浩輔

ストライダー飛竜



主人公。戦闘・諜報のプロフェッショナル集団・ストライダーズに所属する最年少特A級ストライダー。
現役エージェントであるため、国籍・本名・年齢・経歴等、飛竜個人に関する情報は一切不明。
故に"飛竜"という名もコードネームと思われる。
また、ゲーム内での描写を見る限り、飛竜はプロ意識の強い"冷血漢"という印象を受ける。
トレードマークは赤いマフラー。(但し1のみ素顔を晒している)

ゲーム内では、全世界を支配する独裁者・グランドマスター(冥王)抹殺の任務を受け、超人的な体術と愛用の光剣サイファー・万能鎌クライムシクル(1ではサポートロボットも活躍)を駆使し、冥王に挑む事となる。

漫画版の設定では19歳であり、ゲーム版の"冷徹なプロ"というイメージとは逆に"熱血漢"の部類として描かれている。口元をも覆う赤いマフラーの初出はこの漫画版である。
ちなみに漫画版と密接に繋がっているファミコン版が存在するが、残念ながら日本未発売となっている。
ファミコン版のOPテーマには漫画版をイメージした歌詞が設定されており、ストライダーのカッコ良さと悲哀を上手く表現していた。

なお、1と2では2000年の時間的開きがあるため、1と2の飛竜はそれぞれ別人で、初代における飛竜はストーリー上、任務失敗により命を落としたことになっている。

飛燕

担当声優・ストライダー飛竜2、namco×CAPCOM:鳥海浩輔

練習飛燕



2で登場。元特A級ストライダーで、冥王側に付きストライダーズを壊滅させた人物。
飛竜の元戦友でもある。

2本のサイファーを操り、MISSON00・05のボスとして飛竜の前に立ちはだかる。(05ではハメ殺し可能)
飛燕のサイファーは、組み合わせてブーメラン状にすることも、分割して使用する事も可能。

2014年版は登場しないが、隠しアイテム『敗れしストライダー達の記憶』(敗れたストライダーの紹介、コスチュームカラー追加)の中では…一応、その世界は裏切り者ではないようだ。

グランドマスター

担当声優・PCE版:戸谷公次。namco×CAPCOM:水鳥鉄雄

中華三姉妹

担当声優・PCE版:冬馬由美、namco×CAPCOM:山田美穂PXZ2:中尾衣里

中華三姉妹


北風・東風・西風三姉妹を指す。賞金稼ぎ。
1では空中戦艦バルログ、2ではMISSON01の中ボスとして登場する。
蹴りによってプラズマ旋風を巻き起こし、相手を攻撃する。

容姿はポニーテール三つ編みお団子
1では喪服バージョンの彼女達も見る事ができる。

2014年版での外見が一新され、戦闘スタイルは武器。三姉妹全員が負けた後、お馴染みの会話が再現されている(英語ボイスで)。

ソロ

担当声優・namco×CAPCOM:渡辺英雄PXZ2帆世雄一
賞金稼ぎ。
2014年版での出番と台詞が多く、高笑いと様々な弾幕攻撃が特徴。
初戦の武器はお馴染みのレーザーガンだが、再戦は火炎放射器でブレイヤーを消毒する。

関連タグ

カプコン namco×CAPCOM MARVELvsCAPCOM 格ゲー レトロゲーム

外部リンク

ストライダー飛竜1&2 公式サイト
ストライダー飛竜 公式サイト
『STEAM』による、PC版紹介ページ

pixivに投稿された作品 pixivで「ストライダー飛竜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2147307

コメント