ピクシブ百科事典

ストレイト・クーガー

すとれいとくーがー

『情熱思想理念頭脳気品優雅さ勤勉さ!そしてェなによりもォーーー 速さが足りない!!』
目次[非表示]

ストレイト・クーガーとは、『スクライド』のキャラクター。
CV:津久井教生

概要

アルター能力:「ラディカル・グッドスピード」。
ホーリー隊員。元ネイティブアルターで、荒野側にいた頃はカズマとは兄弟のような間柄だった。
カズマの戦いの師匠でもある。荒野側を離れる際に長年組んでいたカズマと一方的に別れており、彼からは再会時に恨み言を言われた。常に「速さ」を求めており、口調や行動、アルターにその信念が見てとれる。21歳。
ネイティブアルター時代は最強と呼ばれたアルター使いだったが、インナーの人々の生活への介入を控えると言うジグマールとの契約の下、ホーリーに入隊。
本土で精製を受けており、その際にほんの少しだが「向こう側」を垣間見ている。
最終話にてカズマと劉鳳の戦いを見届けた。

契約を経て自らの上司となった隊長のジグマールに対し、一定の信用を置いている。ある時は水守の件で命令違反を犯し、ジグマールと対立しつつ、またある時はホーリー内の機密を漁る無常矜侍の部下を捕らえ、ジグマールに差し出すなど、己のルールを優先させながらも最後までジグマールの部下であり続けた。
ジグマールもまたクーガーを高く評価し、抜け目無いがゆえに頼もしい男として、いざという時の切り札として扱っている。
文化に並々ならぬ興味を示し、独自の文化論を胸に秘めている。文化の象徴といえる読書を好み、暇さえあれば何かを読んでいる。
時々に応じ書の内容に寓意が込められている事もある。
桐生水守に惚れ込み、度々、彼女を手助けする。ホーリー所属の役得で彼女へ重要な情報を提供したりもした。
彼女の前ではしばしば早口で自論を捲くし立て、大抵は呆れられ迷惑がられている。水守は劉鳳を好いていたが、本人は片思いだけで満足げでそれを文化の神髄とまで称した。
人の名前をよく間違えると称しているが、実際はカズマや水守と言ったクーガーにとっての大切な人物にのみにしか描写されていない。
速さを極めているだけに、風力・温度・湿度を一度に何の計測器も使わず全て確認できる。
最終回では死亡したような描写が描かれるが生死は不明。
アニメ版ではギャグ要員とも思える言動が目立つが、漫画版では打って変わってシリアスなキャラクターとして描かれている。
作中最強のアルター使いと称され、その能力はカズマ劉鳳を同時に相手取り圧倒するほど。

アルター能力:ラディカル・グッドスピード
通常、アルターは一人につき1種類しか発動させることが出来ないが、具現化系と融合装着型の二つのアルターを完全に使い分けることができる。

車両強化
最も使用頻度が高く通常の移動手段にも使われる。
自らが運転する自動車などの車両を分解再構築し、高速移動が可能なスポーツカー状に変化させる。また、自身が搭乗しなくてもある程度の操作は可能である。
欠点はクーガーの運転が荒く搭乗者がおう吐してしまうこと、使用した車両はアルター解除後にバラバラになってしまうことである。

脚部限定
自らの脚部にブーツ状の装甲をまとった戦闘形態。
クーガー自身の移動スピードやキック力を大幅に強化する。戦闘を方法は足技のみだが、カズマと劉邦を2人同時に相手をし互角以上に戦うことができる。

フォトンブリッツ
全身に装甲をまとった最終戦闘形態。
詳しくはリンク参照フォトンブリッツ

クーガー名言

「愚問ですなァ隊長。俺は俺の味方です!」
「俺が遅い? 俺がスロウリィ!?」
etc...



ネタバレ
本編最終回ではその後の生死は不明だが『アフター』においては、ユウのアルターの師匠として登場。名前は伏せられているが、イラストの後ろ姿や速さにこだわる点からクーガーである事が分かる。

関連タグ

スクライド カズマ 桐生水守
世界三大兄貴 カミナ
ソニック・ザ・ヘッジホッグ エストリル(速さを追求するキャラ繋がり)
この世で一番速いヤツ

また、その速さを追い求め、速さを極めた姿は「最速」の代名詞として以下のようなクロスオーバーパロディネタも見られる
射命丸クーガー(「東方project射命丸文)
島風クーガー(「艦隊これくしょん島風)

pixivに投稿された作品 pixivで「ストレイト・クーガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 565165

コメント