ピクシブ百科事典

スピノサパー

すぴのさぱー

スピノサパーとは、玩具・アニメシリーズ『ゾイド』に登場する架空の戦闘兵器であり、金属生命体の名称。アメリカのハズブロ社から発売された際には「スピノスナッパー」という呼称が与えられている。
目次[非表示]

スペック

機体名スピノサパー
番号RZ-043(新)
所属ヘリック共和国(バトルストーリー)
分類スピノサウルス型
全長11.5m
全高6.8m
重量23.0t
最高速度105.0km/h
乗員人数1名
武装
  • ストライククローx2
  • 88mmパルスレーザーガン
  • 180mmマルチプルランチャー
  • 115mmマシンガン
  • マルチプルオペレーションアームx2
  • レーザーチェーンソーx2
  • レーザーエクスカベイター(チェーンソーとの互換)
  • 4連装インパクトビームキャノン(同上)


概要

ヘリック共和国軍が開発したスピノサウルスゾイド
サイズは小型ゾイドクラス。
ガイロス帝国軍の本拠地・ニクス大陸の険峻な地形への対応を主眼に置いた、史上初の戦闘工兵ゾイドである。
スピノサウルスは背中に帆のようなものを持つ恐竜だが、本機はその帆がチェーンソーになっている。

背中にマルチオペレーションアームという機能を持ち、専用装備を自在に換装できる事が最大の特徴である。
レーザーチェーンソーやシールドドリルといった工具を状況によって換装する事で様々な任務に対応することが出来る。
戦闘能力も高く、同クラス機との戦闘であれば後れを取ることはない。

カスタム機として、工具の代わりに展開式の4連装インパクトカノンを装備したスピノサパー4連キャノンと呼ばれるバリエーションが存在する。工具も戦闘に応用可能ではあるが。

また、些細なことかもしれないが、咥内にビームガンを備えている点でも珍しく、共和国制ではなおさら珍しい。

  • 金属生命体ゾイドは、その性質上、大抵の場合はモチーフとなった生物よりも巨大になっているが、このスピノサパーに関しては史上最大の肉食恐竜である実在のモチーフよりも小さい。造形も関係してか、「スピノサウルスらしさ」ではどうしてもダークスパイナーに遅れを取ってしまっている。

アニメにて

ワンドロ的なもの。その3


ゾイド新世紀スラッシュゼロ第14話にて登場。
残念ながら、悪党の駆る機体としての登板だった。
キャラクター性のモデルは13日の金曜日エルム街の悪夢のあいつら。

なお、当回はシリーズ屈指の(というか唯一の)オカルト回でもある。

関連タグ

ゾイド ヘリック共和国 スピノサウルス 工兵

pixivに投稿された作品 pixivで「スピノサパー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1247

コメント